命を尊ぶ暗殺者(アサシン)


【はるか♪病院キシュージ病室】
キシュージ 「げしげし。」
????? 「キシュージよ。」
キシュージ 「だ、誰だ!」
タンバジ 「私だ。」
キシュージ 「タンバジか?!いつの間に部屋に入ってきた。」
タンバジ 「そんなことはどうでもよい。」
キシュージ 「俺に何か用かよ?」
タンバジ 「カンクー様の命により貴様を糾問する。」
キシュージ 「なんだと!ちっ!グラン♪(あいつ)に負けたことをまだとやかく言うつもりだな。」
タンバジ 「快速軍の面汚しめ。だがその試合のことではない。」
キシュージ 「だったら何なんだよ?」
タンバジ 「貴様R団の婦女子を闇討ちにしたであろう!」
キシュージ 「へ?」
タンバジ 「貴様の愚行のせいで我が快速軍は極悪非道の悪党集団になり下がってしもうたわ。」
キシュージ 「げしげし。」
タンバジ 「貴様を成敗する。覚悟せよ。」
キシュージ 「それは違うぜ。」
タンバジ 「何!」
キシュージ 「俺は()められたんだよ。」
タンバジ 「どういうことだ?」
キシュージ 「あれは俺の名を語った偽物(にせもの)がしたことさ。」
タンバジ 「(いつわ)りを申すな!」
キシュージ 「ウソじゃねぇぜ。実はアレは俺の部下の仕業なんだよ。」
タンバジ 「部下だと?心当たりがあるのか?」
キシュージ 「ヒネノだ。」
タンバジ 「ヒネノ?知らん名だな。」
キシュージ 「俺の部下のヒネノだ。あいつが俺の名を語ってやったことだ。」
タンバジ 「嘘偽(うそいつわ)りはないな。」
キシュージ 「ああ。俺は(うそ)をついたことはねぇぜ。けけけ。」
タンバジ 「ではそのヒネノとやらを締め上げてもよいのだな?」
キシュージ 「ああ。勝手にしやがれ。」
タンバジ 「ふん。そうか。さらばだ。」
キシュージ 「あばよ。もう2度と来るな!げしげし」
タンバジ 「ゲスめ。」

【はるか♪病院に向かう道】
ヒネノ 「キシュージ(あいつ)大分よくなったかな?」
 「今日はアイスを持ってきてやったぜ。キシュージ(あいつ)喜ぶだろうな。」

????? 「おい!そこのトサカ頭!」
ヒネノ 「あ!ナギ!」
ナギ 「どこに行く?」
ヒネノ 「見舞いだよ。って、それより俺はトサカ頭じゃないって!」
ナギ 「お前の名はトサカ頭ではなかったか?」
ヒネノ 「ヒネノだよ!ヒネノ!」
ナギ 「そうか。ヒネノだったか。ヒネノ待ちわびたぞ。」
ヒネノ 「何か調子狂うなこの()・・・。」
ナギ 「また見舞いに来てくれたのか。礼を言うぞ。」
ヒネノ 「あ、ああ。どういたしまして。」(・・・・違うんだけどな・・・・)
ナギ 「それは何だ?」
ヒネノ 「これか?これはヒウンアイスだよ。知ってるかい?」
ナギ 「私それ嫌いじゃないぞ。」
ヒネノ 「え?・・・いっしょに、食べるかい?」(・・・・キシュージ許せ・・・・)
ナギ 「うん。ちょうどいい所がある。」
ヒネノ 「いい所?」
ナギ 「病院の裏手に見晴らしのよい誰も来ない静かな所がある。」
ヒネノ 「じゃあ、そこでいっしょに食べよう。」
ナギ 「うむ。」

【見晴らしのよい静かな場所】
ナギ 「美味であった。」
ヒネノ 「ナギは、アイス好きなのかい?」
ナギ 「嫌いではない。」
ヒネノ 「こんなときは「好きだ」って言ってくれた方がうれしいけどな。」
ナギ 「そ、そうか。わ、私はアイスが好きだ・・・。」
ヒネノ 「ふふ。」(・・・・案外かわいいとこあるな・・・・)
ナギ 「私はアイスが好きだ。ありがとうヒネノ。」
ヒネノ 「どういたしまして。」
ナギ 「お前も好きだ。」
ヒネノ 「ふふ。今日は病院から出られたのかい?」
ナギ 「ああ。週に1度位は外出許可が出る。」
ヒネノ 「ふ~ん。ということは回復に向かってるんだな。」
ナギ 「あ、ああ・・・・・。」
ヒネノ (・・・・あれ?何だこの暗い表情・・・・)

ヒネノ 「・・・・ナギは、何で入院しているんだい?」
ナギ 「襲われた。」
ヒネノ 「ええ?」
ナギ 「暴漢に襲われたのだ。」
ヒネノ 「誰に襲われたんだよ?!!!」
ナギ 「わからない。」
ヒネノ 「え?」
ナギ 「闇討ちにされたらしい。」
ヒネノ 「それでケガをしたのか・・・。でも卑怯な奴だな!そいつ!」
ナギ 「というより覚えていないのだ。」
ヒネノ 「ショックが大きかったんだな・・・・。」
ナギ 「思い出せないのだ・・・・。」
ヒネノ 「暴漢め!許せない。」
ナギ 「怖いのだ・・・・。」
ヒネノ 「ど、どうしたんだよ?ナギ!」
ナギ 「怖い。」
ヒネノ 「ナギ。」
ナギ 「私が誰なのか。それすら忘れてしまいそうなのだ。」
ヒネノ 「ナギ。しっかりしろよ!」
ナギ 「愛する者よ。」
ヒネノ 「え?」
ナギ 「私を強く抱きしめてくれ。」
ヒネノ 「え?ナ、ナギ。」
ナギ 「怖い。愛するお前のことすら忘れてしまいそうで怖いのだ。」
ヒネノ 「ナギ・・・・。」
ナギ 「強く抱いてくれ!」
ヒネノ (・・・・ええい!なるようになれ!・・・・)
ナギ 「お前のこと、私の体に強く刻み込んでくれ!」
ヒネノ 「ナギ!俺もお前のこと好きだ!」

:・・・・・・・・・・・・・・・・
:・・・・・・・・・・・・・
:・・・・・・・・・・
:・・・・・・・
:・・・・

ナギ 「・・・・・・・・・・・・・・・。」
ヒネノ 「・・・・・ナギ。」
ナギ 「・・・・そろそろ病室に戻らねば。検診の時間だ。」
ヒネノ 「あ、ああ。」
ナギ 「ヒネノ。」
ヒネノ 「・・・・・・・・・・・。」
ナギ 「お前のこと忘れない。」
ヒネノ 「・・・・俺もだよ。」
ナギ 「また見舞いに来てくれ。」
ヒネノ 「もちろんさ。」
ナギ 「ではまたな。」

ヒネノ 「・・・・・・ナギ。」

ヒネノ (・・・・俺初めてだったけどうまくできたよな・・・・)

ヒネノ (・・・・ナギはどっちだったんだろ?・・・・)

びゅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅっ!!!

ヒネノ 「何だ?この突風は!!!かまいたちか?」

????? 「貴様、ヒネノと申す者か?」
ヒネノ 「誰だ?!!!」
タンバジ 「我が名はタンバジ。再び問う。貴様、ヒネノと申す者か?」
ヒネノ 「そうだよ!確かに俺はヒネノだよ!でも、何でタンバジ様が?」
タンバジ 「貴様、我を知っておるのか?」
ヒネノ 「命を尊ぶ暗殺者(アサシン)を知らない奴なんていないぜ。」
タンバジ 「ふむ。」
ヒネノ 「で、その暗殺者(アサシン)様が俺に何の用だい?」
タンバジ 「かかって来い。」
ヒネノ 「何で俺がタンバジ様と戦わないといけないんだよ?!!!」
タンバジ 「(こぶし)で語るが早かろう。来い!!!」
ヒネノ 「ち!問答無用かよ!わかった!フルボッコにしてやる!」

<<命を尊ぶ暗殺者(アサシン)>>
(2011.4.24up byはるか♪)


添付ファイル