奇策士登場


アベノバシ 「カッ!カッ!カッ!カ!ケロッ!ケロッ!ケロッ!ふうぅ・・・。」

はるか♪ 「あ~ん?何だい?あのカエルは?」
チコ♪ 「さあ?」

アベノバシ 「ケロッ!ケロッ!ケロッ!ケロッ!オラぁ奇策士アベノバシだべぇ!」

チコ♪ 「あ!思い出した!はるか♪さん、あいつはR団随一の策略家アベノバシですよ!」
はるか♪ 「策略家ぁ?あの顔で?」

アベノバシ 「ケロッ!ケロッ!ケロッ!ケロッ!オラR団内でも5本指に入る策略家から随一の策略家に格上げだべ!」
すわこ♪ 「あ~うぅ。アベノぉぅ。かっこええべ。惚れ直したべ。」
アベノバシ 「すわこ♪ぉ~。オラも好きだぁ~。ちゅっちゅ♥」

はるか♪ 「・・・・・・・・・・・・・・・」
チコ♪ 「・・・・・・・・・・・・・・・」

パーコ♪ 「おおっと!R団随一の策略家でもあり愛妻家でもあるアベノバシ氏の登場です!」
あゆみ♪ 「R団随一の愛妻家は、ロンシャンさまです。」キリッ

ロンシャン (・・・あのなあ・・・)

ロンシャン 「で、だ。アベノ。お前ずいぶんタメ張って登場してるけど何か策はあるのかい?」
アベノバシ 「フフフ、女王の奴も、我々が総力を挙げればどうということはないはずだべ。」

はるか♪ 「いけ好かない奴ね。作者にお願いして出番を撤去してもらおうかしら?」
チコ♪ 「はるか♪さん!メタ表現は禁止ですよ・・・。」

アベノバシ 「ケロッ!ケロッ!ケロッ!ケロッ!望むところだべ!奇策士アベノバシに怖ぇものはねぇべ!」
ロンシャン 「アベノ。この状況を打破する秘策があるのかい?」
アベノバシ 「ケロッ!ケロッ!ケロッ!」
ロンシャン 「向こうは回復技があって、こっちはない。コーシエンじゃ相手を突破できないんだよ・・・。」

エミリ♪ 「自己再生♪」

パーコ♪ 「エミリ♪選手、体力を回復しています。一方・・・・。」

コーシエン 「じしーーーーん!」

エミリ♪ 「きゃん!」

はるか♪ 「地震なんかに負けないわ。」

ボウッ!

コーシエン 「あちちちちちっ!」

パーコ♪ 「コーシエン選手、火傷でじわじわ体力を削られていきます。」

はるか♪ 「こっちは体力回復してるだけ。これで勝ちですわ。おお~ほっほっほっほっほっほっほ!」

ロンシャン 「なんとかならないか?アベノ・・・。」
アベノバシ 「ケロッ!ケロッ!ケロッ!これを見るべ~!ほれ!ほれ!」

はるか♪ 「きゃっ!」

ロンシャン 「そ、それは!」

チコ♪ 「はるか♪さん・・・何ぶりっ子してるんですか?」
はるか♪ 「ファンサービスよ。」

ロンシャン 「ア、アベノ。それは・・・・?」
アベノバシ 「ポケットモンスターBWだべ。」
ロンシャン 「見たらわかるよ。それが何なんだよ?」

パーコ♪ 「おおっと!奇策士アベノバシ。高らかにポケットモンスターBWを掲げています。」
あゆみ♪ 「あれはブラックバージョンですね。」
パーコ♪ 「ブラックバージョンに、この状況を打破できる秘密があるのでしょうか?」
あゆみ♪ 「さあ?見当もつきませんね。」

アベノバシ 「オラ、こいつを買うために発売日の朝早くから地元の近鉄百貨店に並んだだ・・・。」
ロンシャン 「おお!苦労して手に入れたんだな。」
アベノバシ 「うんにゃ。3人しか並んでなかったべ。」
ロンシャン ズコ!「あ、あのなぁ・・・・・。」

ボウッ!

コーシエン 「あちちちちちっ!」

パーコ♪ 「ああっと!そうこうしているうちにも火傷がじわじわコーシエン選手の体力を奪っていくぅ~!」

ロンシャン 「おい!アベノ。じらさないで早くその秘策ってのを聞かせろよ!」
アベノバシ 「ケロッ!ケロッ!ロンシャンさま。(あせ)ることはねぇべ。」
すわこ♪ 「オラも早く知りてぇだぁ~。アベノぉ~。」
アベノバシ 「ん~(いと)しいすわこ♪に言われたら教えちゃうべぇ~。」
すわこ♪ 「うれしいべぇ~。ちゅっちゅ♥」
アベノバシ 「ちゅっちゅ♥」
ロンシャン (#^ω^)ピキピキ

アベノバシ 「では、オラの秘策を披露するべ。」
ロンシャン wktk
アベノバシ 「ルールが変わったべ。」
ロンシャン 「え?」
アベノバシ 「BWから対戦でもトレーナーが持ち物を使用してもよくなったべ。」
ロンシャン 「なんだそりゃ?」

はるか♪ 「ちょっと!待ってよ!」
チコ♪ 「はるか♪さん・・・。」
はるか♪ 「それって ミラクルシューター でしょ?聞いてないわよ!」

アベノバシ 「ちっちっち!女王さんよぉ!ゲームのメタ表現は禁止だべ。」

はるか♪ 「ち!」
チコ♪ (・・・ゲームのメタ表現って、そもそもそっちから言い出したことじゃん・・・)

ロンシャン 「じゃあ、この状況を打破する秘策ってのは・・・?」
アベノバシ 「うんだ!ロンシャンさまがコーシエンに持ち物を使うだ!」
ロンシャン 「う、うん。わかったよ。」
アベノバシ 「ケロッ!ケロッ!レフリーさんよ。公式ルールでいいだべか?」

イスズガワ 「え?あ・・・う~ん・・・・。」
 (・・・・う~む。ここで許可しないとKYじじいとか言われそうじゃな・・・・)
 「うむ。ミラクルシューターを認めるぞい!」

はるか♪ 「ふん!」

アベノバシ 「カッ!カッ!カッ!カ!ケロッ!ケロッ!ケロッ!ふうぅ・・・。」

<<奇策士登場>>
(2011.3.19up byはるか♪)

メタ的表現を多用するはるか♪氏にQBが意見するようです
(◕‿‿◕)<メタ的表現を多用しすぎると、ストーリーの矛盾の言い訳が何でも許されるようになるじゃないか。創作のキャラクターは作者の人形じゃないし、世界観は作者の脳内の箱庭じゃないんだよ。わかっているのかい?