R団結束

DTナンバ 「ウエロクはん!」
ウエロク 「おう、KTナンバ。ひさしぶりだな。」
DTナンバ 「からだの具合は、どないでっか?」
ウエロク ヒソヒソ「ああ、実はもうとっくに治ってるんだが、あい♪がうるさいから治ってないふりをしてるんだ。」
DTナンバ 「そんで、まだ車椅子に乗ってはるんでっか?」
ウエロク ヒソヒソ「言うこと聞かないと、今度はほんとうに再起不能にされかねないからな。」
あい♪ 「何か言いましたか?」
ウエロク 「いや、気のせいだ。」
あい♪ 「そうですか。」

ウエロク 「で、なんの用だ?ん~?お前名前変えたのか?」
DTナンバ 「それでんがな。聞いてくださいウエロクはん!」

【R団の居城】
ロンシャン 「お~い。KTナンバ!」
KTナンバ 「なんでっか?ロンシャンさま?」
ロンシャン 「R団員で童貞は何人いるだい?」
KTナンバ ギクッ「そんなん、わて知りまへんがな!」
ロンシャン 「情報通のお前でも知らないことあるんだ。」
KTナンバ 「あたりまえでんがな。」
ロンシャン 「お前は、童貞かい?」
KTナンバ 「ちゃ、ちゃいまっせ~♪」(汗)
ロンシャン 「の写真がある。どれがアソコの写真だ?」
KTナンバ 「ビ、。」
ロンシャン 「ブッブー!お前童貞だな。」(・・・・全部アワビの写真だよ・・・・)
KTナンバ 「ばれてもた・・・・。」orz
ロンシャン 「情けない。だからR団は、女王にコケにされるんだよ・・・・。」
KTナンバ 「面目あらへん・・・・。」
ロンシャン 「よし、決めた!今からR団童貞撲滅作戦を実施する。」
KTナンバ 「へっ?」
ロンシャン 「まずは、手始めにKTポケモンは改名する。卒業するまでDTポケモンだ!」
DTナンバ 「ひえ~!何の脈絡もあらへん!」

DTナンバ 「・・・・というわけなんや。」
ウエロク 「あいかわらず無茶苦茶だな。ロンシャンさまも懲りないお人だ・・・・。」
DTナンバ 「で、お願いや!ウエロクはん!わてを男にしておくんなはれ!」
ウエロク 「う、う~ん。男の俺に言われてもなあ・・・・。」
DTナンバ 「そない言わんと、そこをなんとか!」
ウエロク 「う、う~ん・・・・。なあ、あい♪よ・・・・。」
あい♪ 「お断りします。私は貞淑な女です。」
ウエロク 「う、う~ん・・・・。あ!そうだ!女王に頼んでもらえないか?」
あい♪ 「女王様にですか?」
ウエロク 「ああ。あの人は、こういうことに結構首を突っ込んでくるからな。」
あい♪ 「わかりました。相談してみます。」
ウエロク 「頼む。」
DTナンバ 「頼んまっせえ!」

【ここは福原ソープ街】
DTトバ 「ズラ。」
DTナラ 「ピィィィィィィーーーーーーーー。」
DTナンバ 「みんな集まったんかいな。」
DTトバ 「もちろんズラ。」
DTナラ 「ピィィィィィィーーーーーーーー。」
DTナンバ 「よし、これが女王にもろた「Haruka♪'s Club」の回数券や。」
DTトバ 「ついに卒業ズラ。」
DTナラ 「ピィィィィィィーーーーーーーー。」
DTナンバ 「つ、ついにこの日が来たでえ!」
HSウメダ 「ふぉふぉふぉふぉふぉふぉふぉ。」
DTナンバ 「あ!HSウメダはん!あんたKTポケモンちゃうし、童貞ちゃうやろ!」
HSウメダ 「ふぉふぉふぉふぉふぉ。まあ、そう堅いことを言わずに。喜びはR団員同士分かち合うものです。」
サイダイジ 「そのとおりだぜ。」
キョウバシ 「ふむ。」
DTナンバ 「あ!サイダイジキョウバシはんまで!・・・あれ、急に寒なってきたで。」
テンマバシ 「ふとんがふっとんだあー!」
DTナンバ 「お、御大まで。御大も童貞やったんですか?」
DTトバ 「ここまで来たら、誰が童貞か、童貞でねェかなんてどうでもエエズラ。」
DTナンバ 「ほんまやな。でも肝心のコーシエンが来てへんがな。」
DTトバ 「あいつは、童貞にこだわりがあるズラ。童貞とは切っても切れねェ仲ズラ。」
DTナンバ 「あと、マンムー兄弟は、来とらへんのか?」
キョウバシ 「おけいはんの目が怖わーて、来られへんらしいわ。」
DTトバ 「来ねェやつは、それでエエズラ。早よ卒業式に行くズラ。」
DTナンバ 「そうやな。よっしゃ!ほな行くでぇ!」
DTナラ 「ピィィィィィィーーーーーーーー。」

【約1時間後】
KTトバ 「気持ちエがったズラぁ♪」
KTナラ 「ピィィィィィィ~~~~~~~♪」
KTナンバ 「天国やあ~~~~♪」

KTナンバ 「ところで、HSウメダはんがまだみたいや。」
KTトバ 「あん人は、一番売れっ子を指名してたズラ。きっとヒーヒー言わせてそのままお持ち帰りしたズラ。」
KTナンバ 「さすがスケこましのHSウメダはんや。」
KTトバ 「でも、これでみんな同じ 穴をつついた兄弟 釜の飯を食った仲間ズラ。R団員は結束できたズラ。」
DTサイダイジ 「うぅぅぅ・・・・・。」(涙
KTナンバ 「サイダイジ、どないしたんや?」
KTトバ 「ひょっとして、ダメだったんズラか?」
DTサイダイジ 「うううううううぅぅっ!」
KTトバ 「仕方ないズラ。しっかりするズラ。」
KTナンバ 「同じR団員同士や!R団員の結束が童貞か、童貞やないかで変わるもんやあらへん!」
DTサイダイジ 「うううううううぅぅっ・・・・。ありがとう・・・・。」

KTナンバ (・・・・しかし、このなんとも言えん童貞くんに対する優越感がたまらんわ~♪・・・・)

タンバジ 「貴様らは間違っている。童貞か童貞でないかなどどうでもいいことだ。愛おしい守るべき人がいるかどうかが重要なのだ。性交はその結果にすぎん。」

KTトバ 「しかし(すかす)病みつきになりそうズラ。天国にのぼったような気持ちだったズラあ。」
KTナラ 「ピィィィィィィーーーーーーーーー。」
KTナンバ 「でも、毎日通う金あらへんで。」
ウオッカ♪ 「ふん。」
KTトバ 「あ、ウオッカ♪。おめェがこれから相手してくれるズラか?」
ウオッカ♪ 「あほか!あたしはあいつに言われて、これ持ってきたんだよ。」
KTトバ 「何ズラか?」
ウオッカ♪ 「はるか♪っかカード!とってもお得な魔法のカード♪」
KTトバ 「はるか♪っかカード?」
ウオッカ♪ 「はるか♪っかカードは、「Haruka♪'s Club」とも提携していますので、10日通えば、次の1回分がサービスになります!」
KTトバ 「ほんとズラか?!」
ウオッカ♪ 「さらに素敵な特典付き!「はるか♪っかカード」をお持ちのお客さまには、ご指名の子に特別スペシャルサービスが3割引きで受けられます!とってもお得でしょ?」
KTトバ 「オラにそのカードくれズラ!」
KTナラ 「ピィィィィィィーーーーーーーーー。」
KTナンバ 「わてもカード作るで!」
ウオッカ♪ 「はい、ご成約ありがとうございます!今持ち合わせのない方も30万円からご融資いたしますよ!これで、あなたも明日からマネーレスライフをたっぷりご堪能ください。」

ウオッカ♪ 「くっくっくっくっくっくっくっく。」

<<R団結束>>
(2010.9.13up byはるか♪)