オラ一生すわこ♪を手放さねぇだ

すわこ♪ 「ア・ベ・ノ・・・・・・。」

イスズガワ 「アベノが、生態砲を一身に受けよった。」
カシコジマ 「皮肉なことじゃ。それでキキョウ、いや全世界が救われた。」
イスズガワ 「しかし、アベノは助からんじゃろう・・・・・。」

すわこ♪ 「アベノアベノーーーーー!!!!!」

カシコジマ 「不憫じゃ・・・・・。」

らん♪らんらら、らんらんら~ん♪らん♪らんららら~ん♪
らんらん♪らんらら、らんらんら~ん♪
ららら、らんらんら~ん♪

??? 「アベノ~♪アベノ~♪」
アベノバシ 「・・・・・・・・・・・・・。」
??? 「アベノ~♪アベノ~♪」
アベノバシ 「?」
??? 「アベノ。おいで。」
??? 「アベノ。おいで。」
アベノバシ 「父ちゃん。母ちゃんもいるべ・・・。」
??? 「アベノ。おいで。」
アベノバシ 「いやだべ!」
??? 「アベノ。おいで。」
アベノバシ 「いやだべ!オラそっちに逝きたくないだべ!!!」

らん♪らんらら、らんらんら~ん♪らん♪らんららら~ん♪
らんらん♪らんらら、らんらんら~ん♪
ららら、らんらんら~ん♪
らんらんらんらんららららら~ん♪らんらんらんらんららららら~ん♪
らんらんらんらら、らんらんら~ん♪らんららら~ん♪らんら~ん♪

アベノバシ 「き、来ちゃダメだべ!!!!」

アベノバシ 「何にもないだべ!!!何にもないって言ってるだべ!!!あ!出てきちゃダメだべ!」
??? 「王、みしゃくじさまの幼生です。」
??? 「やはり、みしゃくじさまにとりつかれていたか。渡しなさい。アベノ。」
アベノバシ 「いやだべ!何も悪いことしてないだべ!!!」
??? 「みしゃくじさまとポケモンとは、同じ世界には住めないのだよ。」
アベノバシ 「ああっ!お願いだべ!殺さないでケロ!お願いだべぇぇぇぇぇ!」

(泣き声)

(水が流れる音)

アベノバシ 「・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

アベノバシ 「・・・・・。不思議なところだべぇ・・・・。」
??? 「やあ。気分はどうだい?」
アベノバシ 「ここはどこだべ?」
はるか♪ 「まずお礼くらいいったらどうなの?あたしは、三途の川の渡し守のはるか♪。」
アベノバシ 「あんたが助けてくれただべか?ありがとうだべ。礼をいうべ。」
はるか♪ 「実は、何もしてないんだけどね。あんたがここに転がってただけ。ところであんた誰なの?」
アベノバシ 「オラ、R団きっての策略家アベノバシだべ。」
はるか♪ 「ふ~ん。なるほどR団ね。」
アベノバシ 「ここはどこだべか?」
はるか♪ 「あんた察しが悪いね。あたし三途の川の渡し守って言っただろ?つまり、ここは三途の川の此岸側だよ。」
アベノバシ 「オラ死んだんだべか。ところであんた、ひょっとして女王じゃねえだべか?」
はるか♪ 「いいや、別人だよ。あたしはあいつとは違う。」
アベノバシ 「そうだべか。」
はるか♪ 「で、さっさと渡し賃払いな。あんたのこと、まんざら知らないわけでもないから、9文にまけといてやるよ。」
アベノバシ 「阿漕な商売するだな・・・。しかし(すかす)、あいにくオラ持ち合わせがねえだ。」
はるか♪ 「あんたもロクな死に方しなかったんだね。じゃあ、一生あたしの下で働きな。」
アベノバシ 「ここで一生働いたら、一生あの世に逝けねえべ。」
はるか♪ 「あれ?ん~?あんた・・・・。」
アベノバシ 「なんだべ?」
はるか♪ 「ふふん!」
アベノバシ 「だから、なんだべ?」
はるか♪ 「帰りな。」
アベノバシ 「え?」
はるか♪ 「だから、帰れって言ってんだよ!」
アベノバシ 「え?でもどうやって帰るだべ?」
はるか♪ 「あたしが蹴り返してやるよ。それーーーーー!!!」
アベノバシ 「ひえぇぇぇぇーーーーーーー!!!」

はるか♪ 「ふん。この世から、神さまが必死で呼び戻そうとしてんじゃん。迷ってんじゃねえよ。」

はるか♪ 「あと、まだこっちに来なくてもいい(れんちゅう)が迷ってるみたいだから、そいつらも蹴り返しますかね・・・・・。」

【イコマ山山頂】
すわこ♪ 「アベノアベノ・・・・。」

カシコジマ 「なんという神々しい力じゃ。」
イスズガワ 「神々しい力がアベノバシにそそがれていきよる・・・・。」
オシリア 「おじいちゃん。私・・・・。」
カシコジマ 「オシリア。もう黙っておれ。」
オシリア 「うん。」

すわこ♪ 「アベノアベノ。」
アベノバシ 「・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
すわこ♪ 「アベノアベノ。」
アベノバシ 「・・・・・・・・・・・・・・・・・。うう。」
すわこ♪ 「アベノ!!!アベノーーー!!!!!」
アベノバシ 「うう。うう~ん。」
すわこ♪ 「アベノ!!!アベノーーー!!!!!」
アベノバシ 「うう~ん。・・・・・・やあ、すわこ♪じゃねえべか。」
すわこ♪ 「アベノーーーーーーーーー!!!!!!!!!」

イスズガワ 「ア、アベノが生還しよったわ!!!!」
オシリア 「きゃーーーーーーー!!!」o(≧▽≦)o
カシコジマ 「うむ。」
リプレ 「よかったね。」
ウジヤマダ 「ククピポ♪」(涙)

すわこ♪ 「アベノ!!!アベノ!!!」
アベノバシ 「すわこ♪、涙を拭くだ。せっかくのめんこい顔が台無しだべ。」
すわこ♪ 「アベノ!!!アベノ!!!」
アベノバシ 「オラすわこ♪が好きだ!」
すわこ♪ 「アベノ。」
アベノバシ 「オラ一生すわこ♪を手放さねぇだ!」
すわこ♪ 「アベノ!!!」

【ロッコー山リゾート地】
ガラガラガラッ!!!

チコ♪ 「ふえ~ひどい目にあった。で、はるか♪さん大丈夫ですか?」
はるか♪ 「ふえ~。あたし生きてるよ!」
チコ♪ 「よかった!!!」
はるか♪ 「ふえ~。命があっただけでも奇跡かね。」
チコ♪ 「すぐに助け出しますから!」
はるか♪ 「しかし、思いっきり誰かに蹴り飛ばされた夢みたよ。まさに踏んだり蹴ったりだね。」

【イコマ山山頂】
イスズガワ 「やつも神通力を失ってしまったようじゃの。」
カシコジマ 「ふむ。これで、またキキョウに平和な日々が戻ってくるの。」
オシリア (・・・・なんか、私たちが単に引っかき回しただけって気がするんだけど・・・・)f(^_^;)
ウジヤマダ 「ククピポ♪」

ケロケロケロケロケロケロケロ♪
ぐわっぐわっぐわっぐわっ♪
げろげろげろげろげろげろ♪
げこげこげこげこげこげこげこげこ♪

このころ3大神官は、あやめ池に大量生息する半神半獣たちの存在をすっかり失念していたのであった。

ハロア♪ 「(。╹ω╹。)ㄘんㄘん」

<<オラ一生すわこ♪を手放さねぇだ>>
(2010.9.11up byはるか♪)

<<阿部野橋物語・完>>