ここはどこだべ?

アベノバシ 「こ、ここはどこだべ?」
イセシ 「う、う~ん。」
アベノバシ 「おい!起きろイセシ!ここはどこだべ?」
イセシ 「し、知らん。」
アベノバシ 「ん?これは?す、すわこ♪の匂いがするだ。近くにすわこ♪がいるだ!」
イセシ (・・・・あ、あの鳥居は・・・?しまった!あまり遠くまでテレポートできてないぞ・・・・)
アベノバシ 「すわこ♪ーーーーー!!!」
イセシ 「待てアベノバシ!」
アベノバシ 「うるせいだ!オラすわこ♪のとこに行くだ!すわこ♪ーーーーー!!!」
イセシ 「行ってしまった。どうしよう・・・・。あっ?あれは・・・・。」
 「トリイマエ様!」

【ここは遷都1300年平城京跡メイン会場】
ハロア♪ 「とったん。」
ロンシャン♪ 「ははは。ハロア♪はかわいいなあ。」
あゆみ♪ 「ふふふ。」
ロンシャン♪ 「親子3人水入らずで、僕は幸せだよ♪」
あゆみ♪ 「ふふふ。」
ロンシャン♪ 「あゆみ♪好きだ!好きだよ。」ぎゅっ!
あゆみ♪ 「あ、ロンシャンさま。抱いてくれるのはうれしいんだけど、こんなところで・・・。」
ロンシャン♪ 「あゆみ♪好きだ!あゆみ♪!」ぎゅううううううぅぅぅぅぅぅっ!
あゆみ♪ 「ちょっ、ちょっと!ロンシャンさま、こ、こんなところで、や、やめてよ。」
ロンシャン♪ 「あゆみ♪好きだ!あゆみ♪好きだよ!!!」ぎゅううううううぅぅぅぅぅぅっ!
あゆみ♪ 「目を覚さんかい!このボケ茄子が!」パンパンパンパンパン!
ロンシャン♪ 「痛ててててて。いきなり目覚ましビンタはないだろ・・・・・。」
あゆみ♪ 「ロンシャンさま、おかしいです。」
ロンシャン♪ 「うん。僕もそう思う。あゆみ♪を見ているだけで愛おしくて愛おしくてそそられるんだ。」
あゆみ♪ 「もう!変態なんだから!」
ロンシャン♪ 「いや・・・・。ほんとうに熱いんだ。体が燃えるように熱い・・・・。どうなってるんだ?」
ハロア♪ 「とったん。」

【イコマ山ホーザン寺付近】
3大神官 「うわあああああーーーーーーーーーーーー!!!」
カシコジマ 「く、来るぞ!!!」
オシリア 「(りん)(ぴょう)(とう)(しゃ)(かい)(じん)(れつ)(ざい)(ぜん)!!!」

すわこ♪ うおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉーーーーーーーん!!!

カシコジマ 「攻撃を弾いた!オシリアの早九字がなんとか間に合った。」
リプレ 「つぎ!第2撃が来るよ!」
カシコジマ 「ワシが止める!!!オシリアは、また九字を切って己の身を守れ!!!」

オシリア 「(りん)(ぴょう)(とう)(しゃ)(かい)(じん)(れつ)(ぜん)ぎょう!!!」

リプレ 「オシリア!それちがっ!!!って・・・・えっ?」
カシコジマ 「な、なんと!!!」

すわこ♪ うおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉーーーーーーーん!!!

リプレ 「なに?光の玉が飛んでいってあいつに当った。」
オシリア 「いま何が起こったの?」
カシコジマ 「オシリアよ。呪文を間違ったな。」
オシリア 「う、うん。」
カシコジマ 「実は間違いではなく、今のは攻九字という攻撃の呪文だったのじゃ。」
リプレ 「まったくの偶然なのか。ケガの功名ってやつね!」
オシリア 「あは。あはははは・・・・。」
イスズガワ (・・・・こやつ底知れぬ娘よ・・・・)

イスズガワ 「いや、喜んでばかりもおれん。」
カシコジマ 「あやつ・・・・・。」
イスズガワ 「ボッk、いや、巨大化し始めよった。」
リプレ 「///////」
オシリア 「???」

カシコジマ 「巨大化しながら山を登って行きよる・・・・。」
イスズガワ 「追うぞ。」
ウジヤマダ 「ククピポ♪」

<<ここはどこだべ?>>
(2010.8.30up byはるか♪)