ある相談事例5

エミリ♪ 「こんにちわ♪」
HSウメダ 「こんにちわ♪ふぉふぉ?匿名希望ではないのですか?」
エミリ♪ 「別にやましいことはしてませんから。」
HSウメダ 「ご相談ごとは何ですか?」
エミリ♪ 「お薬を作ってほしいんです。」
HSウメダ 「どのような?」
エミリ♪ 「自分の過去を思い出すことができる薬です。」
HSウメダ 「ふぉふぉお。これはいきなり難しいご注文を・・・・。」
エミリ♪ 「私たちっておばけじゃないですか。少し事情があって、生前の記憶がよみがえる薬がほしいんです。」
HSウメダ 「う~む。難問だ・・・・。」
エミリ♪ 「ダメですか?」
HSウメダ 「 チオペンタール を基にいろいろと調合してみましょう。」
エミリ♪ 「チオペンタール?」
HSウメダ 「総合麻酔薬です。麻酔効果があるのですが、ナチス・ドイツがこれで自白剤を作ったと言われています。ただ・・・・。」
エミリ♪ 「ただ?」
HSウメダ 「お値がはりますよ。製造中止されていてなかなか手に入らないのです。」
エミリ♪ 「もちろんお代はお支払いします。」
HSウメダ 「ふぉふぉお。」
エミリ♪ 「私お金はもってないんですが・・・・。これを。」
HSウメダ 「ふぉお。ラピスラズリですな。」
エミリ♪ 「ご存じですか?」
HSウメダ 「宝石には興味はありませんが、名前くらいは。」
エミリ♪ 「このラピスラズリは、私たちヤミラミの一族に伝わる秘宝なのです。」
HSウメダ 「ほう。宝石を守るヤミラミ一族のお宝ですと・・・。」
エミリ♪ 「このラピスラズリは、持ち主に幸運を呼ぶと言われています。きっと相応の価値があるはずです。」
HSウメダ 「そのような貴重なものをいいのですか?」
エミリ♪ 「私どうしてもお薬がほしいの・・・・。」
HSウメダ 「ふ。わかりました。なんとかしましょう。」
エミリ♪ 「お願いします。」
HSウメダ 「しかし・・・・。」
エミリ♪ 「?」
HSウメダ 「その石を私が持っていてもしようがないですね。」
エミリ♪ 「どうしてですか?」
HSウメダ 「宗教や伝説の類は信じんのですよ。ふぉふぉふぉふぉ。」
エミリ♪ 「確かに科学的根拠はまったくありませんね。実は私も迷信だと思います。」
HSウメダ 「ふぉふぉふぉふぉふぉ。お互い罰あたりですな。」
エミリ♪ 「くすくす。本当ですね。」
HSウメダ 「ふぉふぉふぉふぉふぉ。」(それに俺に幸せなど必要はない。)
エミリ♪ 「それでは、お願いします。」
HSウメダ 「あなたは、きれいな目をしてますね。」
エミリ♪ 「え?」
HSウメダ 「ふぉふぉふぉふぉふぉ。約束しましょう。必ずなんとかします。」
エミリ♪ 「ありがとうございます♪」

(2010.8.26up byはるか♪)


添付ファイル