暑苦しい漢たち

キンコーン♪
おくう♪ (・・・・・さあて、うまく騙せるかしら?・・・・・)
??? 「誰だい?」
おくう♪ 「ちゃーす♪やきとりのデリバリでーす。」
??? 「おお。待ってたぜ。今出るから待っててくれ。」
おくう♪ (・・・・でも、表札に「快速軍アジト」なんて書いてあるし、これってひょっとして罠かしら?・・・)

ガチャガチャ
おくう♪ 「ちゃーす♪」
ヤマトジリザードン) 「おお。遅いじゃないか。」
おくう♪ 「ごめんなさい。バイトが辞めちゃって大変なんですぅ。」
ヤマトジ 「そういえば、いつものデリバードの姉ちゃんじゃねえな。」
おくう♪ 「あの娘、辞めちゃったす。あたしおくう♪っす♪よろしくお願いしまーす♪」
ヤマトジ 「まあ、奥まで運んでくれ。」
おくう♪ 「はーーい。」

【壁のポスター】
きみの おもい かんじる!
あつい おもい つたわってくる!
この じょうきょう もえる! もえてきた!
快速軍・燃える仲間募集中

おくう♪ 「あのぅ。表に「快速軍アジト」って書いてあったんですが快速軍ってなんですか?」
ヤマトジ 「なんだ姉ちゃん。俺たちを知らねえのかよ。この燃える快速軍様をよ。ファイヤーーー!!!!」
おくう♪ 「わあん。いきなり火を吹かないでくださいよ~。」
(・・・・・何、この暑苦しいやつ・・・・)
ヤマトジ 「快速軍は、真のポケモンバトルをあいつらに教えてやるため、熱いバトル繰り広げる熱き軍団だぜ!!!ファイヤーーーーーー!!!!」
おくう♪ (だから、いちいち火を噴くなよ!)「わーすごい!!!」
ヤマトジ 「おお。ねえちゃんも快速軍に入らないかい!!!!ファイヤーーーーーー!!!!」
おくう♪ (よし、掴んだ。いい感じ)「ええ~。いいんですかあ?あたし快速軍入りたーい♪」
ヤマトジ 「大歓迎だぜ!やっしゃ。燃える仲間を紹介するぜ!!!ついてきな!!!ファイヤーーーーーー!!!!」
おくう♪ (・・・・・うう。暑苦しい・・・・かき氷食べたい・・・・・)

ヤマトジ 「ファイヤーーーーーー!!!!さあ仲間を紹介するぜ!!!!」
ヒヒン 「ひひーーーーーーーん!!!」
おくう♪ 「あっ!あんた、ORIGINのスパイのヒヒン!!!って、クロフネサムソンも!!!!」
クロフネ 「おっ!!!お前は女王とこのスパイのおくう♪じゃないか!!!」
ヤマトジ 「なにーーーーー!!!!女王のスパイだとーーーーー!!!!!ファイヤーーーーーー!!!!」
おくう♪ 「きゃー!熱いじゃない!!!!」
ヤマトジ 「飛んで火にいる夏のカラスとはこのことよ!!!!ファイヤーーーーーー!!!!」
おくう♪ 「だから!熱いって!!!」
ヤマトジ 「お前ら、こいつ、ひっつかまえて毛むしっちまいな!!!ファイヤーーーーーー!!!!」
おくう♪ 「きゃあーーーーーーー!!!!!やめてーーーーーーーー!!!!!」

【女王の居城】
キンコーン♪
デリこ♪デリバード) 「ちゃーす♪やきとりのデリバリでーす。」
チコ♪ 「はーーい♪今いきま~す。」

チコ♪ 「はるか♪さん、はるか♪さん。やきとりのデリバリだって。」
はるか♪ 「あら、頼んでないわ?」
チコ♪ 「おかしいですね?・・・あれ、「快速軍ヤマトジより愛を込めて」って書いてあります。」
はるか♪ 「ずいぶん暑苦しいやつね・・・。でも誰かしら?」
チコ♪ 「あ!快速軍ってR団を襲った謎の軍団じゃないですか?」
はるか♪ 「あら、そういえば、そんなことあったような?すっかり忘れてたわ。」
チコ♪ ずこっ!
はるか♪ 「その快速軍さんがどうしてあたしに焼き鳥を?」
チコ♪ 「まあ、とりあえず開けてみましょうよ。」
はるか♪ 「そうね。」ガサゴソ
チコ♪ 「あれ?焼き鳥といっしょに黒い羽根が・・・・」
はるか♪ 「って、この黒い羽根って・・・・・。」
チコ♪ 「ひょっとして、おくう♪ちゃん・・・・・。」
はるか♪ 「いやああああああああああああああぁぁぁぁぁぁっーーーーー!!!!!!」

<<暑苦しい漢たち・続く>>
(2010.8.23up byはるか♪)


添付ファイル