ある相談事例3

??? 「こんにちわ♪ここで相談を聞いてもらえるって聞いて来たんですけど・・・。」
HSウメダ 「ふぉふぉふぉふぉ。あなたは?」
??? 「匿名でお願いします。」
HSウメダ 「別に構いませんよ。で、相談ごとというのは何ですか?」
??? 「僕、みんなに女っぽい女っぽいって言われるんですけど・・・。」
HSウメダ 「こんなかわいい子が男の子の訳がない。」
??? 「あ~ん、また言われちゃった。僕を見るとみんなそう言うんですよ。」
HSウメダ 「ふぉふぉふぉふぉふぉ。申し訳ない。つい口に出てしまいますね。」
??? 「でも、今日は用件は違うんです。実は、あなたにお願いがあるんです。」
HSウメダ 「占いではないのですか?」
??? 「ある場所に一緒に行ってもらいたいんです。」
HSウメダ 「ふぉ?どうして私と?」
??? 「ちょっと遠い場所なんですけど、二人で行かないとダメな場所なんです。」
HSウメダ 「他に一緒に行ってもらえる人はいないのですか?」
??? 「少し危ない場所みたいだから、コダマちゃんは無理だし・・・。」
HSウメダ 「ほう。危ない場所なんですか。」
??? 「ツルハシキシュージは忙しそうだし・・・。」
HSウメダ 「ふぉふぉふぉふぉ。わかりました。私でよろしければご一緒しましょう。」
??? 「え?いいんですか?まだ場所も言ってないのに。」
HSウメダ 「贖罪です。」
??? 「え?」
HSウメダ 「ふぉふぉふぉふぉ。私も少し人には言えない過去がありましてね。罪滅ぼしですよ。」
??? 「?」
HSウメダ 「細かいことはどうでもよいことです。私は困っている人を助けることにしたんですよ。」
??? 「そうなんですか。よくわからないけど。でもありがとうございます。」
HSウメダ 「で、どこに行けばいいのですか?」
??? 「ちょっと遠いんですけど、シンオウの224番道路ってところです。」
HSウメダ 「これは、またずいぶんと遠いところですね。」
??? 「すみません。遠いだけじゃなくて、途中でダブルバトルを仕掛けてくるポケモンがいるらしいんです。」
HSウメダ 「それで、パートナーを探していたって訳ですね。」
??? 「そうなんです。」
HSウメダ 「では、さっそく行きましょう。関空から飛行機に乗ればそんなに時間はかかりませんよ。」

【時間は一気に飛んで、224番道路の洞窟の出口付近】
HSウメダ 「もうすぐ洞窟の出口のようですね。」
??? 「すごい!あなたすごすぎです!野生のポケモンなんか全然目じゃないじゃないですか!」
HSウメダ 「ふぉふぉふぉふぉ。買いかぶりすぎですよ。さあ、そろそろ目的地ですよ。」
??? 「あ、はい。」

??? 「えっと、この辺にあるはずなんだけど・・・・。あ!あれだ。」
HSウメダ 「ふぉふぉふぉ?何ですか?この鏡のような石は?」
??? 「この石に感謝の言葉を書き込むと、伝えたい人に感謝の気持ちが伝わると言われてるんです。」
HSウメダ 「ほほう。誰に感謝の気持ちを伝えようと?」
??? 「お母さん。」
HSウメダ 「え?」
??? 「直接言えないから。」
HSウメダ 「・・・・・・。これはいらぬことを聞いてしまいましたな。申し訳ない。」
??? 「いいえ。いいんですよ。僕、お母さんの顔知らないし。」
HSウメダ 「え?」
??? 「僕、捨て猫だったんです。それで、いつの間にか猫又になって、コダマちゃんに飼われるようになった。」
HSウメダ 「・・・・・・・・・・・・。」
??? 「お母さん、生きてるかどうかも知らないんだ。」
HSウメダ 「ふぉふぉふぉふぉ。きっと、伝わりましたよ。あなたの感謝の気持ち。」
??? 「ありがとうございます。僕もそんな気がします。」
HSウメダ 「ほほう。ここは岬の先に海を割るように道があるのですな。」
??? 「ほんとだ。お花いっぱいの海割れの道。綺麗だな・・・・。」
HSウメダ 「ふお?あれは?」
??? 「あれは?ポケモンだ!見たこともないポケモン。」
HSウメダ 「ふぉふぉお。感謝ポケモンですな。」
??? 「感謝ポケモン・・・・。」
HSウメダ 「きっと、あの子があなたの気持ちを伝えてくれるんですよ。」
??? 「そうなんだ・・・・。」
HSウメダ 「・・・・・・・・・・・・・・・・。」
??? 「HSウメダさん、今日は本当にありがとうございました。」
HSウメダ 「ふぉふぉふぉふぉふぉ。お礼を言わなければいけないのは私の方ですよ。ありがとうございました。」
??? 「え?そんな。僕、お礼を言ってもらうようなことしてないし・・・・。」
HSウメダ 「ふぉふぉふぉふぉ。さあ、日が暮れないうちに帰りましょうか。」
??? 「はい。」

(2010.2.28up)