時渡り

???セレビィ) 「泣いているの?」
IKOMA 「泣いてはおらぬ。」
アリマ♪ 「悲しんでいるの?」
IKOMA 「この感情は悲しみというものなのであろうか?」
アリマ♪ 「久しぶりね。イコマの。」
IKOMA 「ロッコーの。しばらく見なかったな。」
アリマ♪ 「そなたの頂の木々は凍り、焼け落ち、坊主でござる。ぬしはまるで河童でござる。」
IKOMA 「河童とはいかにも。」
アリマ♪ 「Vamos! Vamos! ALCINDO Sartori! Ole!Ole!Ole!」
IKOMA 「汝の言葉。私にはわからぬ。」
アリマ♪ 「ボクもよくわからないよ。」、「あたいもよくわかんない。」
IKOMA 「汝は山。私と同じく様々なものの集まり。」
アリマ♪ 「余とそちは同じじゃ。」、「うちと同じや。」、「ボクと同じだね。」
IKOMA 「だから言葉を選んでもらえぬか?汝らが一度にしゃべると混乱する。」
アリマ♪ 「わかったよ。みんなの代わりにボクが一人でしゃべるよ。」
IKOMA 「この地の民は私を山神として信仰し、敬い、IKOMA神と呼ぶ。」
アリマ♪ 「ロッコー山でボクが神さまって呼ばれたことはなかったね。いやボクたちが正解かな?」
IKOMA 「信仰のない地なのであろう。」
アリマ♪ 「よくわからないよ。でもロッコー山の民は、ボクを大事にしてくれる。」
IKOMA 「本来、山と民は共存するものなのだ。」
アリマ♪ 「だけど、ここ燃えちゃったね。山頂は凍ってる。」
IKOMA 「ふむ。」
アリマ♪ 「どうするの?」
IKOMA 「何もせぬ。」
アリマ♪ 「何もしないの?」
IKOMA 「これから冬を迎える。そして春が訪れる。さすればまた木々は芽吹き、新たな生命が生まれる。」
アリマ♪ 「また繰り返すの?」
IKOMA 「命は繰り返す。山がある限り、また命を産み。山もまた新たな命を育む。」
アリマ♪ 「愚かなあの連中を止めないの?」
IKOMA 「そのようなことはできぬ。」
アリマ♪ 「イコマの。あなたには火を操る力があるのに。」
IKOMA 「私の力?」
アリマ♪ 「この山の眼下に広がる地。民らがジョウトと呼ぶこの地を7日と7晩の間、焼き尽くすだけの力があるのに。」
IKOMA 「私をあがめる民をたたるなど私が望むことではない。」
アリマ♪ 「ボクには人をたたる力はないけどね。」
IKOMA 「ロッコーの。汝の力とは?」
アリマ♪ 「ボクにあるのは時を渡る力。」
IKOMA 「ふむ。」
アリマ♪ 「やつらを止めないの?」
IKOMA 「終わってしまったことだ。」
アリマ♪ 「でも、また繰り返すかもしれないよ。」
IKOMA 「汝は止められるのか?」
アリマ♪ 「ボクにはそんな力はない。ボクは時を渡る力を持つだけ。」
IKOMA 「あの者たちを過去に戻し、過ちを起こさぬよう諫めることはできぬのか?」
アリマ♪ 「ボクにはそんな力はない。今を生きる者を過去に戻すなんて力はない。」
IKOMA 「人を過去に戻すことはできぬのか?」
アリマ♪ 「生命の力が強すぎる。生きとし生けるものを操ることはできないよ。」
IKOMA 「死人(しびと)であれば?」
アリマ♪ 「瞑府の民?」
IKOMA 「死人(しびと)であれば、時を遡らせることができるのか?」
アリマ♪ 「できるかもしれないよ。」
IKOMA 「ところでロッコーの。」
アリマ♪ 「何?」
IKOMA 「汝、何故アリマ♪と名乗る?」
アリマ♪ 「それは、また今度教えてあげるよ。機会があればね。くすくす。」

<<時渡り・完>>
決勝前に続く。

(2009.12.3)