1回戦第2試合・「ロンシャン」vs「むてきまる(ロンシャン)」

選手控え室
ロンシャン 「さあ、ハチなんて、瞬殺してやるぜ。」
セコンド 「ロンシャン様、Far♪選手が陣中見舞いに来てますが。」
ロンシャン 「ん。そうかい。試合前だけど挨拶だけしとくか。」
Far♪ 「やあロンシャン氏、こっちの世界では初めまして。」
ロンシャン 「ああ、初めまして。で、あんた誰なんだい?」
Far♪ 「あたしは誰でもいいんだよ。」
ロンシャン 「名乗りたくないなら、別に聞かないさ。」
Far♪ 「次、ハチと対戦だろ?あたしのストレラ2(携行用地対空ミサイル)貸してやろうか?」
ロンシャン 「いらないよ。あんた自分が何で負けたか理解してないんじゃないか?」
Far♪ 「武器の選択間違ったことだね。あんだけ固いんだったらATM(対戦車ミサイル)ぶち込んでやるべきだった。」
ロンシャン 「学習能力ないんだな。お前。」
Far♪ 「ふん。あんたに言われたくないね。」(#`皿´)イーダ!
ロンシャン 「半角や顔文字は使うなよな。」
Far♪ 「あたしの趣味だよ。あんたにとやかく言われたくないね。」
ロンシャン 「じゃあ好きにしろよ。で、僕になんの用だい?」
Far♪ 「何でこんな混乱してるときに武闘大会なんか開催したんだよ?」
ロンシャン 「意味なんてないさ。僕が大会をしたかっただけさ。」
Far♪ 「嘘言え!あんた自分が刺されそうなって、代わりに側近が刺されて、それで信用してた幹部に裏切られて、今大変なときじゃないのか?」
ロンシャン 「あんた、男言葉一生懸命使ってるけど、全然様になってないな。」
Far♪ 「ちゃかすな!あんた今やることあるだろ?しっかり足下固めるとか。反乱軍を制圧するとか。」
ロンシャン 「僕は武闘大会がしたいんだよ。」
Far♪ 「今ならまだ女王と和解だってできるかもしれないんだよ。」
ロンシャン 「もう遅い。遅いんだよ。僕は女王の策略に嵌められた。すべてが回り出したんだよ。」
Far♪ 「そんなことない。女王は本当は泣き虫で臆病なんだよ。あんたが怖いだけかもしれない。」
ロンシャン 「僕は次の試合に集中したいんだ。もう帰ってくれ。」
Far♪ 「・・・・・・・・・・・・・・。わかった。もう言わない。」
ロンシャン 「悪いな。・・・・・・・。でも、本当にあんた誰なんだい?」
Far♪ 「あたしは、地獄からきた渡し守だよ。」

パーコ♪ 「さあ、1回戦第2試合が始まろうとしています。」
あゆみ 「いよいよロンシャンさまの登場ですね。」
パーコ♪ 「既にカシコジマ選手が決勝戦に駒を進めていますが、この試合の勝敗はどうでしょうか?」
あゆみ 「93パーセントロンシャンさまの勝利ですね。」
パーコ♪ 「100パーセントではないのですか?」
あゆみ 「だって100パーセントだって言ったら誰も試合見てくれないですから。」
パーコ♪ 「そりゃそうですね。オッズも不成立だったみたいですね。あれ?誰か1人だけむてきまる(ロンシャン)選手を買ったみたいです。」
あゆみ 「自分で自分を買ったんじゃないですか?」
パーコ♪ 「あ、ロンシャンさまの入場です。」

観客 「ロンシャンロンシャンロンシャン!」
観客 「ウルフ!ウルフ!ウルフ!ウルフ!」

あゆみ 「きゃ~~~~!ロンシャンさま~♪がんばれ~!」
パーコ♪ 「黄色い声援が飛び交っています。相変わらずすごい人気です。ロンシャン選手。」
あゆみ 「あれ?」
パーコ♪ 「どうしましたか?あゆみさん?」
あゆみ 「ロンシャンさま・・・・。気持ちが集中していない。」

イスズガワ 「さあ、両者いいですか。試合開始!」

カーーーーーーーン!

パーコ♪ 「さあ、ゴングです。むてきまる(ロンシャン)選手颯爽と突っ込んでいきます。」
あゆみ 「長い名前ですねえ。」
パーコ♪ 「むてきまる(ロンシャン)選手ダブルニードルで攻撃だ!」
あゆみ 「毒の追加効果がありますから気をつけないといけませんね。」
パーコ♪ 「ロンシャン選手、スウェイでダブルニードルをかわします。」
あゆみ 「でもロンシャン選手キレがないです。」
パーコ♪ 「一方むてきまる(ロンシャン)選手攻撃の手を緩めません。猛攻です!」
あゆみ 「あ!」
パーコ♪ 「あああっと!ダブルニードルがロンシャン選手に掠めてしまいました。」
あゆみ 「追加効果も発動してしまいましたね。」
パーコ♪ 「これはついてないロンシャン選手。毒状態になってしまいました。」
あゆみ 「長引くとロンシャン選手不利です。」
パーコ♪ 「しかし、ロンシャン選手精彩を欠いていますね。」
あゆみ 「何やっとんねーーーーーん!!!気合い入れんかーーーーーい!!!」
パーコ♪ 「おおっと!あゆみさん、あゆみさん。中立な解説をお願いします。」
あゆみ 「すみません。」

ロンシャン (・・・・あゆみの声だ。確かに僕は今集中力を欠いている・・・・。)
ロンシャン (・・・・でもあゆみの言うとおりだ。今は目の前の敵を倒すことだけを考える・・・・。)

パーコ♪ 「むてきまる(ロンシャン)選手続けてダブルニードルで攻撃だ!」
あゆみ 「でもロンシャン選手に集中力が戻ってきたみたいです。ふふふ。」
パーコ♪ 「ロンシャン選手、むてきまる(ロンシャン)選手のダブルニードルを紙一重のところですべてかわしています。」
あゆみ 「まさに神業ディフェンスですね。」
パーコ♪ 「むてきまる(ロンシャン)選手、少し疲れてきたか?技が当たりません。」
あゆみ 「むてきまる(ロンシャン)選手、大振りが目立ってきました。ロンシャン選手、ここはチャンスです。」
パーコ♪ 「あああっと!ロンシャン選手、むてきまる(ロンシャン)選手の腕をとったぞ!」
あゆみ 「両腕をとりました。そして、リバースフルネルソン(逆さ羽交い締め)に固めてしまいました。」
パーコ♪ 「ああああっと!ロンシャン選手!そのままダブルアーム・スープレックスだあ!!!」
あゆみ 「虹のような綺麗な弧を描きましたね。ロンシャン選手、綺麗なブリッジを決めています。」
パーコ♪ 「むてきまる(ロンシャン)選手!両腕を極められたままマットでしこたま後頭部を打ち付けました。」
あゆみ 「これは立ち上がれません。KOですね。」

観客 「うおおおおぉぉぉぉぉぉーーーーーーーーーーーー!!!!!!!」

パーコ♪ 「ロンシャン選手、勝利です!決勝戦進出を決めました。」

観客 「ロンシャンロンシャンロンシャン!」
観客 「ウルフ!ウルフ!ウルフ!ウルフ!」

パーコ♪ 「場内は割れんばかりのロンシャンコールです!」
あゆみ 「ロンシャンさま感動をありがとう!」

Far♪ 「ち!外れやがった!」

<<1回戦第2試合・「ロンシャン」vs「むてきまる(ロンシャン)」・決勝戦に続く>>

(2009.11.29)