※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1回戦第1試合・「カシコジマ」vs「Far♪」

パーコ♪ 「みなさんお待たせしまいた。いよいよ1回戦第1試合の始まりです。」
あゆみ 「あら?パーコ♪さん復活したんですか?」
パーコ♪ 「はい。私がいないとお話が進行しませんから。」
あゆみ 「それは、よかったですね。」
パーコ♪ 「そのかわり前回の実況を少し訂正させていただきます。Far♪選手とってもエレガントです。スタイル抜群、とってもキュートです。」
あゆみ 「何か見えざる圧力がかかったみたいですね。」
パーコ♪ 「いいえ。そのようなことはありません。でも、Far♪選手、リングコスチュームでしょうか?背中にリュックサックを背負ってますね。」
あゆみ 「海腹川背さんのみたいなピンクのかわいいリュックサックですね。」
パーコ♪ 「Far♪選手とカシコジマ選手、リング中央で対峙し、レフリーからルールの説明を受けています。」
あゆみ 「すごい睨み合いです。まさに一触即発状態。」
パーコ♪ 「緊張した空気がリングサイドまで伝わってきますね。」
あゆみ 「でもカシコジマ選手はどこが目なんでしょうかね?」

イスズガワ 「殴打、蹴りの打撃技のほか、投げ、関節技、寝技、身体を使った攻撃技はすべて許されるぞ。」
カシコジマFar♪ (+-_-)(-_-メ)ギロ!
イスズガワ 「肘撃ち、膝蹴り、頭突きもOKじゃ。ポケモンは持ち技を使ってもよいぞ。」
カシコジマFar♪ (+-_-)(-_-メ)ギロ!
イスズガワ 「よし!両選手、自コーナーに戻るのじゃ。すぐにゴングじゃぞ。」

オシリア 「カシコジマさん、大丈夫ですか?」
カシコジマ 「あの者。相当の手練れじゃの。しかも血に飢えた狂気の目をしておる。強敵じゃ。」
オシリア 「ええ~。ほんとに大丈夫ですか?相手は人間凶器ですか。無理しない方がいいんじゃ・・・。」
カシコジマ 「ふぉふぉふぉふぉ。ワシを侮るでない。大丈夫じゃよ。心配いらん。」
オシリア (・・・・すぐタオル投げられるよう用意しとこ・・・・。)

イスズガワ 「セコンド・アーウト!」

パーコ♪ 「さあ、いよいよ第1試合スタートです!!!」

カーーーーーーン!

パーコ♪ 「ああっと!ゴングと同時にFar♪選手、いきなりカシコジマ選手めがけて飛び込んで行くう!!!」
あゆみ 「こ、これは!」
パーコ♪ 「フライング・ニーーーーーーーー!!!!!いきなり決まったあーーーー!!!」
あゆみ 「え?瞬殺?」
パーコ♪ 「Far♪選手の膝がカシコジマ選手の顔面にめり込んでいるう!!!!」

オシリア 「お、おじいちゃん!」

あゆみ 「でも・・・・。」
パーコ♪ 「し、しかし・・・。カシコジマ選手、倒れません!!!!」

Far♪ 「うおぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!」

観客 「わあぁぁぁぁぁぁぁーーーーーーー!!!」

パーコ♪ 「た、倒れたのはFar♪選手です。膝を抱えて苦しんでいます。」
あゆみ 「やはりポケモン界随一の堅固さを誇るカシコジマ選手に物理技は効きませんね。」

カシコジマ 「ふぉふぉふぉふぉ。お嬢ちゃん。もうギブアップかな?」

オシリア 「お、おじいちゃーーーーん!鼻血!鼻血!!」

カシコジマ 「ふぉふぉ?あれま?レロレロ」クラクラ

パーコ♪ 「カシコジマ選手少しふらついている。これは効いているのか?」
あゆみ 「レジロックカシコジマ選手だからこそ受けられたのでしょう。普通のポケモンなら1発で昇天でしたね。」
パーコ♪ 「カシコジマ選手、軽い脳しんとうを起こした模様です。この隙にFar♪選手も起きあがって距離をとります。」

Far♪ 「ち!思ったより固いねえ。あたしも膝を痛めちゃったみたいだし。こうなったら最初から全開で行くしかないみたいだね。」

パーコ♪ 「おおっと!Far♪選手、序盤から全開宣言だ!この試合は早期決着か?」
あゆみ 「一気にFar♪選手が攻めきれるかどうかです。受けきることができるとカシコジマ選手が有利ですね。」
パーコ♪ 「さあ、Far♪選手どんな手で攻撃するのでしょう?」(・・・・でも、この声なんか聞いたことあるような・・・・。)

Far♪ 「じいさま。冥土の土産にパイナップル持っていきな。」

パーコ♪ 「ああっと!Far♪選手背中のリュックから何かを出したぞ!あ、あれは?」
あゆみ 「う゛ぇ?」
パーコ♪ 「グレネード・ランチャーーだあ??!」

オシリア 「うそお!!!」

Far♪ 「きゃはははははは。これで昇天してしまいな!ファイヤーーーー!!!」

シュポン!!!
チュドーーーーーーーーン!!!!!

カシコジマ 「ふぉふぉ、ふおおおぉぉぉぉぉーーーーー!!!!!」

パーコ♪ 「擲弾がカシコジマ選手を直撃!!!でも倒れないぞ!!!」

Far♪ 「あーはははははは!!!!くらえ!くらえーー!!そーれ、それ、それーーーー!!!」

シュポン!シュポン!シュポン!
チュドーーーーーーーーン!!!!!
チュドーーーーーーーーン!!!!!
チュドーーーーーーーーン!!!!!

Far♪ 「あーーはははははははは!!!!」

パーコ♪ 「リング上はグレネードの爆風の嵐だあ!!!!」
あゆみ 絶句
パーコ♪ 「ああああっと!!!!レッドカードだあ!!!レフリーがレッドカードを上げているぅ!!!」

イスズガワ 「やめーーーーーい!!!!あんた退場ーーーーーーー!!!!」
Far♪ 「へっ?これ使ったらあかんのん?」

あゆみ 「普通あかんでしょう。」
パーコ♪ 「Far♪選手失格です。Far♪選手の反則負けです!!!」
あゆみ 「第1試合はカシコジマ選手の勝利です。」

カシコジマ 「ふぉふぉーい。」クラクラ
オシリア 「おじいちゃーーーーん!!!大丈夫?」
カシコジマ 「ふぉふぉふぉ。さすがにグレネードの直撃は効いたぞい。ふぉふぉふぉふぉ。」
オシリア 「このおしぼりで痛いとこ冷やして!」
カシコジマ 「ふぉふぉふぉ。ありがとうよ。って、あんたこれは雑巾じゃ!!!」
オシリア 「あれ?」

ロンシャン 「第1試合は、とんでもないことになったみたいだな。」
セコンド 「そうみたいですね。」
ロンシャン 「Far♪って、一体誰なんだい?」
セコンド 「さあ。急遽飛び入り参加した選手みたいですけど、誰なのかまではちょっと・・・。」
ロンシャン 「あんな基地外とだけは喧嘩したくないな。あんなやつに喧嘩を売るやつの気がしれないよ。」
セコンド 「それはそうと、次はロンシャン様の試合ですよ。」
ロンシャン 「ああ。相手は、むてきまる(ロンシャン)だったな。瞬殺してくるよ。」

<<1回戦第1試合・「カシコジマ」vs「Far♪」・第2試合に続く>>
1回戦第2試合・「ロンシャン」vs「むてきまる(ロンシャン)」

(2009.11.29)