武者スズメバチVS凶暴ウサギ(むてきまる先生VSキレネンコ)



R団女王の戦いが終結してから、数日が経った。やじゅうZは再結成されたR団に再び加入し、その後好きだったあゆみへと自分の気持ちを正直に手紙で伝えたものの、まだ返事は貰っていない。今日もやじゅうZは、空の郵便受けを見つめていた。

やじゅうZあゆみちゃんからの手紙・・・まだ来ねぇな・・・」

やじゅうZは見かけによらず、デリケートな心の持ち主だった。獰猛な外見に似合わず、その心はどんな草食系男子よりも純粋だった。やじゅうZは気晴らしにイコマ山へ散歩に出かけることにした。

女王との最終決戦の場となったイコマ山には、女王との戦いの傷がまだ残っていた。神滅隊エイリアの襲撃によって焼け落ちたホウザン寺。山頂付近の方は激しい攻撃によって完全に丸裸になってしまっていた。

やじゅうZ「ひでぇな・・・。山に罪はねぇのに・・・。奴は・・・女王は俺達への私怨を晴らすためだけに、こんなむごいことをしやがったのか・・・」

やじゅうZは自分達が行った挑発行動、そしてこの度の女王の復讐を重ね合わせた。どちらも「悪」だったのかもしれない。しかし、そのどちらが「善」で「正当」であったかなど、誰も知るはずはなかった。この争いがポケモンバトルとしての「闘い」ではなく戦争としての「戦い」であり、戦いに駆り立てたのも女王の「怒り」と、ロンシャンの「トレーナーとしてのプライド」であり、明確な目的などどこにもなかったからである。

やじゅうZはしばらく散歩を続け、山道へと出た。するとそこには2匹のマリルリがいるではないか。1匹はコサックダンスをしていて、もう1匹は本を読んでいる。

やじゅうZ「アレはプーチンとキレネンコ・・・。R団の工兵と、戦闘員のコンビだな」

その2匹のマリルリは工兵「プーチン」と戦闘員「キレネンコ」。R団では有名なマリルリコンビだった。やじゅうZは彼ら2匹へと近づいた。プーチンはやじゅうZが近づいてくる様子に気付いていたが、キレネンコは全く気にも止めず本を読んでいた。キレネンコはキゲン良さそうに本を読んでいる。やじゅうZは彼を邪魔するのは何となく危険な気がした。

やじゅうZ「奴をキレさせたらマズそうだな・・・」

もう1匹のプーチンはガクガクと震えている。何に怯えているのかはよく分からなかった。その時、1匹のスピアーが飛んできて、本を読むキレネンコにケチをつけてきた。

むてきまる「貴様、働きもせずに本を読んでいるとは何事でござる! 貴様もR団の一員ならば働けぃ!」

スピアーの名はむてきまる。有名なスピアーの名を持つ、武者スピアーである。むてきまるのケチを聞いた途端、キレネンコは急に本を閉じ、本をその場に置いた。キレネンコの表情は眉間にシワを寄せ、目つきは非常に鋭くにらみつけるような、非常に恐ろしくおぞましいものであった。それを見て、プーチンは顔を青ざめてさらに怯え始めた。

やじゅうZ「何だ、何が始まるって言うんだ!?」
むてきまる「ム、貴様拙者と一太刀交えるつもりか!
よかろう、後悔するでないぞ!!」

むてきまるは連続でダブルニードルを放ち、見事キレネンコに直撃した。なかなかの威力だ。

むてきまる「どうだ、拙者の必殺ダブルニードル連射、クアドラプルニードルの味は!!」

しかし、キレネンコは倒れるどころか、その場に動きもせず立っていた。何と、キレネンコは4発の針を全て受け止め、掴んでいたのである。キレネンコは怒りの形相でむてきまるを見つめている。

むてきまる「何!? 拙者の針が・・・!!」

キレネンコは受け止めた針を槍投げのごとく、むてきまるに投げつけた。むてきまるは針の直撃を受け、地面に落下してしまった。追い討ちをかけるかのごとく、キレネンコはむてきまるの両腕(?)の針を掴み、何度も何度も地面に叩き付けた。

やじゅうZ「ひでぇ・・・」

この様子を見たやじゅうZはあ然とする他なかった。プーチンは最早見ていられないようで、目を背けてしゃがみ込んでいる。

むてきまる「じ・・・実は拙者も・・・はたらきたくないでござる・・・」

威勢よく登場したむてきまるだったが、キレネンコの逆鱗に触れ、ボコボコにされてしまった。キレネンコは何事もなかったかのようにまた本を読み始めた。プーチンはまだ青ざめ怯えている。やじゅうZもキレネンコの戦い方に驚きを隠せなかった。

やじゅうZ「な・・・何て戦い方だ・・・」

むてきまるが弱かったのか、キレネンコが強かったのかなどはどうでもよかった。やじゅうZはただ、キレネンコがキレたらいかに恐ろしいかを思い知ったのであった。息はしているようだがピクリとも動かないむてきまるを尻目に、やじゅうZはその場を去った。

<<作者はバイオレンス・ヘヴンで亡くなりました>>