大宝楼閣陀羅尼

【少しだけ時間が遡ります。】
女王 「ぐすん。ぐすん。うち悪ないねん。みんなロンシャンが悪いねん。」

Free♪ 「Freeeeeeeeeーーーーーーー!!!!」

女王 「ぐすん。あれ?Free♪?助けに来てくれたん?みんながうちのこといじめるねん・・・。」
さとり♪ 「女王様!あれは?Free♪さんが運んでるのは誰ですぅ?」
女王 「ん?あれは?あの子。グラン♪!!!うちを助けて!!!」

グラン♪ 「僕の女王様を泣かした。お前ら許さない。」

グラン♪ 「でも、今回はあなたの負けです。女王様。」
ナギ 「お前!何するつもりだよ!」
グラン♪ 「君の技を一つ借りるよ・・・・。僕の理想の女王様。僕はこんな無様な女王様の存在を認めない。」
ナギ 「だから!お前何をするつもりなんだよ!」
グラン♪ 「女王様。ジエンドだ。僕が引導を渡してあげるよ。」
 「のうまく、さらばたたーぎやたーなん。おん、びぼらきやらべい、まにはらべい、たたーぎやたに。たらしやに。」
Free♪ 「雨雲が旋回しだした!」
グラン♪ 「くらえ!!!カミナリーーー!!!!!!!」

ピカッ!ドーーーーーーーーーーーン!!!!!!!!

女王 「きゃあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!」
さとり♪ 「しびれるぅのですぅ!!!ビリビリなのですぅ!!!」
女王 「ちくしょう!!!操舵不能!!!堕ちるよ!!!またあたしは地に落とされる!!!」
さとり♪ 「女王様ーーーーー!!!!」

イ♪ 「あれは!!!女王様のコブラにカミナリが直撃した!!!」
チョキン♪ 「ちくしょう!一足遅れた!間に合わなかった!」
イ♪ 「コブラが暴れながらどこかに飛んでいくぞ!」
チョキン♪ 「制御不能の状態だな。このままではどこかに墜落する。追うぞ。」

Free♪ 「貴様!女王様に何をするんだあ!!!」
グラン♪ 「僕は、みじめな女王様をお救いしたんだよ。」
Free♪ 「くそっ!しかし、今はお前と争っている暇はない!私はコブラを追う!」

ロンシャン 「何だ?何が起こったんだ?」
????? 「ロンシャン様・・・・・。」バサバサ!
ロンシャン 「とりあえず地面に下ろしてくれ。」
????? 「はい。」バサバサ!

あゆみ 「ロンシャンさま~!」
ロンシャン 「あゆみ~!」

ハグッ!

サムソン 「ロンシャンさま~!」
ロンシャン 「サムソンはいい!」
サムソン 「そんな~。僕もロンシャン様に抱かれたかったのに・・・・。」

あゆみ 「ロンシャン様。私たち勝ったんですか?」
ロンシャン 「いや。勝ち負けの問題じゃない・・・。ところでこいし♪。」
こいし♪ ギクッ!
ロンシャン 「そんなに怖がらなくてもいいよ。君は本当は女王のポケモンだろ?」
こいし♪ 「はい・・・・。」
ロンシャン 「君の能力で女王がいる場所がわからないかな?」
こいし♪ 「あ!はい。探してみますですぅ。」
ロンシャン 「ん?あの虫ポケたちは?あれは、女王のポケモンだな。あいつらにも手伝ってもらおう。お~い!」

<<大宝楼閣陀羅尼・完>>

(2009.11.14)