人間失格

はるか♪ 「ろんたんおにいたん。」
ロンシャン 「お前誰だよ?」
はるか♪ 「はる♪ちゃんだよ。ろんたんおにいたん。あしょぼ。」
ロンシャン 「うう。やめろ。」

あゆみ 「ロンシャンさまー。どうしたんです?突然?」
サムソン 「まただ。また急にロンシャンさんが眠ってしまった。今度も苦しそうですね。」
ロンシャン 「グガーグガー。うぅ。やめろ・・・・。ムニャムニャ・・・・」(-_-;)zzzz
あゆみ 「ロンシャンさまー。しっかりしてください。」
こいし♪ 「くくくく。」

はるか♪ 「ろんたんおにいたん。あしょぼ。」
ロンシャン 「うう。やめろ!僕にははるか♪なんて、妹なんかいないんだよ!」
はるか♪ 「ろんたんおにいたん。どうしたの?はる♪たんとあしょぼ。」
ロンシャン 「やめろ!僕の精神を弄ぶな!僕に近づくな!」
はるか♪ 「え?・・・・・・・・・・。」(-_-。)ポロ
ロンシャン 「・・・・・・・・・・・。」
はるか♪ 「びえっ!」(>_<)
ロンシャン 「え?」
はるか♪ 「ふぇぇぇぇーーーーん!ろんたんおにいたんがいじめたよー。」
ロンシャン 「え?え?泣くなよ。な。な。」
はるか♪ 「ふぇぇぇぇーーーーん!ろんたんおにいたんなんかだいきらいー。」
ロンシャン 「ごめんよ。はる♪ちゃん。ろんたんお兄たんが悪かったよ。」
はるか♪ 「ふぇぇぇぇーーーーん!もういじわるちない?」(-_・)チラッ
ロンシャン 「うん。もういじわるちないよ。いっしょに遊ぼ。はる♪ちゃん。」
はるか♪ 「わ~い。わ~い。ろんたんおにいたん。だいしゅき。」
ロンシャン 「ごめんよ。ごめん。はる♪ちゃん。ろんたんお兄たんもはる♪ちゃんのこと大しゅきだよ。」

サムソン 「あ!ダメです。ロンシャンさんの顔がにやけてきました。また精神支配されてしまったみたいです。」
あゆみ 「わかった。また私の鉄拳パンチが必要みたいね。」
サムソン 「お願いします。顔面に思いっきり振り下ろしてください。」
あゆみ 「いくよ。はあ~~~。あゆみのおーーー、鉄拳パーーーンチ!!!」

ボクッ!

ロンシャン 「ムニャムニャ・・・。はる♪たんいっちょに遊しょぼ・・・。ムニャムニャ・・・。」
あゆみ 「あたしの鉄拳パンチが効かない?!!!」
サムソン 「今のは、拳が顔面にめり込んでいましたから、相当効いているはずなんですが・・・。」
ロンシャン 「ムニャムニャ・・・。痛てててて。はる♪たんいっちょに遊しょぼ・・・。ムニャムニャ・・・。」

はるか♪ 「どうちたの?ろんたんおにいたん?」
ロンシャン 「いや。顔面がとてつもなく痛いけど、大したことないよ。多分。」

サムソン 「あゆみさん、続けて!早くロンシャンさんを目覚めさせて助けてあげてください。」
あゆみ 「わかった。あゆみのおー、鉄拳パーーーンチ!!!鉄拳パーーーンチ!!!鉄拳パーーーンチ!!!鉄拳パーーーンチ!!!」

ボクッ!ボクッ!ボクッ!ボクッ!

ロンシャン 「痛て!痛てててて!痛ててててて!!!」
はるか♪ 「どうちたの?ろんたんおにいたん?」
ロンシャン 「いや。何ともないはずだ。多分。でも痛いんです。お願い夢から覚めても何ともないでね・・・。」
はるか♪ 「へんなろんたんおにいたん。」

サムソン 「あゆみさん、続けて!早く!」

ボクッ!ボクッ!ボクッ!ボクッ!

バラバラバラバラバラバラ!
女王 「くぅ・・・・。どSのあたしが見てても痛々しいね。」
さとり♪ 「ロンシャンさん、哀れですぅ。」
女王 「でも、ちょっと面白そうだから、ロケット弾の直接攻撃は少しの間だけ控えようかね。」
さとり♪ 「R団、少しだけ延命できたですぅ。」
女王 「いいこと思いついたよ。ねえ、あんたとこいし♪を通じて、あいつの精神の中にあたし入れないかな?」
さとり♪ 「やってみますですぅ。」
女王 「くくくくくく。あいつの精神の中から人格崩壊させてやるよ。くくくくくく。」

<<人間失格・つづく>>

(2009.11.11)