※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


イコマ山においてクーデター部隊と守備隊が激突し、そしてはるか♪R団根絶のために動き出した頃、ヘカテーが異動となった別働隊には、隊長負傷による本部待機命令が継続されていた。

ヘカテー「・・・・。我らの出番はいつですか」
ギリンマ「待機と言われて何日経つんだ、その間にイコマ山の中腹(ホウザン寺)が燃えちまってるぞ!!」
スコルプ「仕方があるまい、隊長の負傷による長期戦線離脱、そして隊長代行である団長の出撃と待機命令の継続。」
ヘカテー「我々の独断で動くわけにも参りません」
ギリンマ「くそっ、このまま待機のまま敗北なんて気に食わねぇぜ!!」
スコルプ「落ち着け。まだ我々の敗北と決まったわけではない」
ヘカテー「・・・しかし、幹部のほとんどが戦線離脱している今、我らの劣勢は明らか」
スコルプ「誰か1匹でも戻ってこなければ・・・戦局は悪化するばかりということか」

その時、満身創痍のH.イコマがテレポートで到着した。

H.イコマ「ようやく着いた・・・。・・・ろ、ロンシャン様は・・・?」
ヘカテー「・・・下位神官H.イコマ
スコルプ団長ならば、先程出撃したぞ」
H.イコマ「何ですと!?くっ、入れ違いか!何ということだ!」
ギリンマ「何だ、何か伝えたいことでもあるのか」
H.イコマ「・・・、実は、R団の大幹部であったウオッカ♪様が、スパイだったと発覚しまして・・・」
スコルプ「何ィ!?あの側近がスパイだっただと!?」
ギリンマ「通りで様子がおかしいと思ったぜ・・・。奴が就任してからというもの、規律も幹部達も、何もかもが滅茶苦茶になっちまったからな」
H.イコマ「さらに・・・ホウザン寺にて女王の部下の神滅隊と名乗る者達が・・・トリイマエ様に・・・!」
ヘカテー「・・・神に抗う愚か者がいたとは・・・」
ギリンマ「全くだな」
スコルプ「・・・待て。・・・あのイコマ山中腹の火災・・・信じたくはないが、もしやホウザン寺ではないのか」

他の3匹は驚愕のあまり凍りついた。

ヘカテー「即ち・・・それは神が敗れてしまったという事に他ならない」
H.イコマ「何ということだ!あのトリイマエ様が敗れるなど・・・!」
ギリンマ「本格的に不味くなってきたな、クーデター部隊と女王の軍勢のダブルパンチで、このままじゃ本当にR団は破滅だ!」

?????「私がそうはさせんよ・・・」

どこからともなく、謎の声が4匹の耳に飛び込んできた。

スコルプ「誰が・・・一体どこから話しているのだ!?」
ヘカテー「・・・・・」
H.イコマ「これは、もしや・・・?」
ギリンマ「どこにいやがる、出てきやがれ!」
?????「おいおい、私にその言い方はないだろう?ふふふ・・・」

その瞬間、何かがテレポートで姿を現した。それは1匹のレジスチルと、その配下と思しきフーディンであった。

H.イコマ「あなたは・・・イスズガワ様!!!」
スコルプ「上位神官か!?」
ヘカテー「復帰したのですか」
イスズガワ「無論・・・・。確かに私は何者かに仕組まれたテロ事件(R団大混乱)にて負傷した。しかし私の体には、あの程度の爆発で致命傷を与えることなど、不可能だ」
H.イコマイスズガワ様、実は・・・」
イスズガワ「大幹部ウオッカ♪がスパイだった・・・トリイマエ神が女王の部下の猛攻で敗れ去った、そしてお前はトリイマエ神及びホウザン寺を防衛するために戦ったものの、敵の奇襲で敗れた・・・」
H.イコマ「な、何故それを!?」
イスズガワ「・・・私は何でもお見通しだ・・・」
ヘカテー「何故わかるのですか・・・レジスチルである貴方が」
イスズガワ「なぁに、私の力ではない。このイセシの力だよ」
イセシ「そうです」
ヘカテー「成程・・・所詮はレジスチル、神官といえどもそれ以上のことはできないということですか」
イスズガワ「それもひどい言い様だな・・・。・・・ロンシャン様は、留守の様だな」
スコルプ「入れ違いに・・・イコマ山方面に出撃致しました」
イスズガワ「そうか・・・。ならば・・・私だけでウジヤマダのバカを止めるか」
H.イコマ「な、何を考えていらっしゃるのですか!ウジヤマダ様のクーデター部隊は今やR団の諸部隊を吸収し、大軍勢となっているのですよ!?」
イスズガワ「だからどうした。このままクーデター部隊と守備隊が衝突しあっても、決着が付けば残るのは女王の高笑いだ」
H.イコマ「そ、それはそうですけども・・・」
イスズガワ「オイ・・・今すぐイコマ山の山頂付近へテレポートだ。ウジヤマダのバカの目を覚まさせるぞ」
イセシ「はい」
イスズガワ「別働隊は万が一に備え、待機継続!!行くぞ」
H.イコマ「お待ちください!私も・・・」
イスズガワ「バカを言うな。満身創痍のお前で何ができる」
H.イコマ「ならばせめて、ロンシャン様の所へ報告に・・・」
イスズガワ「んー、仕方ない。ハッピー!!」
ハッピー「あい。」
イスズガワ「このネイティオロンシャン様の所へ」
ハッピー「あい。」

イスズガワはそう言い残し、クーデター部隊と守備隊が衝突しているイコマ山山頂付近へテレポートした。

H.イコマイスズガワ様・・・何て無茶を・・・!」
ハッピー「もたもたしてないで行くよ。」
H.イコマ「ちょっ、足で掴むのですか!?せめて背中に乗せて下さい!!!」
ハッピー「無理。オイラそういうのしない主義だから」
H.イコマ「何故にー!!!」

H.イコマイスズガワの部下ハッピーと共にロンシャンの元へ報告に出撃した。

ギリンマ「・・・で、俺達は何のために出てきたんだ?」
スコルプ「ただの繋ぎ・・・といったところか」
ヘカテー「別働隊は所詮別働隊。本隊とは別ということですね」

<<作者は超神星アポロヌス・ドラゲリオンに蒸発させられました>>

またしても反省作となってしまうのは有名な話である。