山神IKOMAに一瞬で吹き飛ばされてしまったバーン♪ガゼル♪及びプロミネンス・ダイヤモンドダスト。

ガゼル♪「こんな・・・バカな話が・・・あり得るはずがない・・・。我々に敵わぬ相手がいるなど・・・あってはならない・・・!」
バーン♪「畜生・・・何であんなアグノム1匹に、俺達が全滅させられなけりゃならねーんだ・・・!!」

?????「無様なものだね、バーン♪ガゼル♪

バーン♪「その声は・・・!」
ガゼル♪「・・・、グラン♪か・・・!」
グラン♪「プロミネンスとダイヤモンドダストの連合軍が、こうもあっさりと敗れるとはね・・・」
バーン♪ガゼル♪「・・・・」
グラン♪「モニターで見ていたよ。まさか、あんな奴が出るとは思わなかった・・・。」
ガゼル♪「油断しただけだ・・・、次こそは絶対に打ち破ってみせる」
グラン♪「残念だけど、もうキミ達に次はないよ。」
バーン♪「何!?」
ガゼル♪「それはどういうことだ、我々はもう用済みということか、グラン♪!!!」
グラン♪「そうじゃない。キミ達の任務は全て終わったんだ。本部に帰ってゆっくりしていればいい」
バーン♪「そうはいくか、俺たちはまだ戦える!!帰るのはあのアグノムを倒してからだ!」
ガゼル♪「その通りだ、あんなアグノム、我々の手で・・・」
グラン♪「ムリだよ、キミ達じゃ・・・。」
バーン♪「何だと!?」
グラン♪「あれは、この霊峰イコマ山の山神IKOMAだ。キミ達とはレベルが違いすぎる」
バーン♪「山神だと!?」
ガゼル♪「奴が・・・この山の!?」
グラン♪「そうだよ・・・わかっただろう?傷ついたキミ達で敵う相手じゃないんだよ。だからキミ達は、本部でゆっくりその傷を治していればいい。」
バーン♪「オイ待てよ、じゃあアンタは・・・」
ガゼル♪グラン♪!!1人で一体何をするつも・・・」

バーン♪ガゼル♪及びプロミネンス、ダイヤモンドダストは、
グラン♪が作り出した光に吸い込まれて消えていった。

グラン♪「・・・、はるか♪様の暴走を止めなくては・・・薬品によるR団のポケモンの一斉去勢で勝ち取った勝利なんて、他人のポケモンの未来や子孫を奪っておきながら、得るのが自己満足だけの勝利なんて、認めるわけにはいかない・・・!ポケモンがしたことならポケモンで決着をつけるのが、トレーナーのはず。それを早く教えなくては・・・」

グラン♪がそう誓った途端、突如季節外れの雪が降り始めた。

グラン♪「何だ・・・・雪?・・・変だな、今イコマ山の防衛線を引いているR団テンマバシの部隊、だがテンマバシはテロで負傷し戦闘には出られないはずだ・・・。・・・!?」

グラン♪がふと上を見上げると、1匹のフリーザーが雪を振りまきながら飛んでいた。

Free♪「Freeeeeeeーーーーーーー!!!」

グラン♪「あれは・・・フリーザー!?確か、はるか♪様のポケモンにはFree♪とかいうフリーザーがいた気が・・・まさか・・・!」

同時にグラン♪の携帯のバイブレーションが響いた。

グラン♪「ボクだ。一体どうした」
工兵として働いていた神滅隊メンバー「グラン♪様、はるか♪様がヒューイでキキョウシティ方面に飛び立っていったっポ」
グラン♪「何だって!?なぜはるか♪様を止めなかったんだ!!」
神滅隊メンバー「止めたっポ。だけど『R団に我らの怒りを思い知らせるため』と言って聞かなかったっポ。」
グラン♪「(怒りを思い知らせるため・・・?はるか♪様はボクの言葉に全く耳を傾けてくれなかったのか)」
神滅隊メンバー「どういたしますっポ?」
グラン♪「・・・、少しでもいい、はるか♪様を足止めしてくれ!キキョウさえ陥落すれば、そのようなバカげたことはしなくなるはずだ!」
神滅隊メンバー「了解っポ」
グラン♪はるか♪様はR団と戦争でもしているつもりか・・・!」

<<作者は超神星ブラックホール・サナトスに吸い込まれました。嘆きのグラン♪、女王の暴走を止めよへ続く。>>