ホウザン寺にて、神滅隊エイリアのバーン♪ガゼル♪が合同でトリイマエに襲い掛かる。

バーン♪「これより、我々プロミネンス及びダイヤモンドダストは、神トリイマエを撃滅する!!
ガゼル♪「作戦名、ザ・カオス!!総員、掛かれッ!!!」

神滅隊全員「オオオオー!!!!!」

ダイヤモンドダスト・プロミネンスの面々が次々トリイマエに襲い掛かってきた。

ダイヤモンドダスト「食らいなさい、れいとうビーム!!」
トリイマエ「当たるものか・・・!!?」
プロミネンス「かえんほうしゃ!!」
トリイマエ「くっ・・・」
ダイヤモンドダスト「こっちにもいるよ!!」
トリイマエ「何っ!?」

ダイヤモンドダスト・プロミネンスのメンバーの攻撃が次々トリイマエに命中していく。流石の神トリイマエもここまで猛攻を受けてはひとたまりも無かった。

プロミネンス「ハハハ、いくら神といえども!!」
ダイヤモンドダスト「我々が総力を結せば、決して倒せない相手ではない!!」
トリイマエ「くっ、ここまでとは・・・だが、悪しき者をこのホウザン寺の鳥居をくぐらせるわけには行かぬ!!例えこの私が、消えようともだ!」

トリイマエは持ち前の神通力によりダイヤモンドダスト、プロミネンスのメンバーを弾き飛ばした。だが、相手はあまりに数が多く捌き切れない。

プロミネンス「神通力か!!」
ダイヤモンドダスト「だけどこちらにはまだまだいる!!」
バーン♪「神の悪あがきか?俺達に敵う奴なんて、そうそういないんだよ」
ガゼル♪「我々神滅隊エイリアは、この時を待っていたのだ。神を滅ぼし、憎きR団の最期を見届ける時をな」
トリイマエ「神を滅ぼすなどという愚かな事は止めろ・・・私を消したところで何にもなりはしない。それどころか、ジョウトはお前達が求める永遠の平和など程遠い、混沌の渦に巻き込まれることになるぞ・・・」
バーン♪「そのセリフ、さっきも聞いた気がするな」
ガゼル♪R団の連中は、お前を使ってこのジョウト征服を目論んでいる。そうだとしたらどうする」
トリイマエ「単なる無力な1人の人間に過ぎないあの男が、そんな大それた野望を抱くはずがあるまい・・・」
ガゼル♪「どうかな・・・無力な人間ほど、身分違いな野望を抱くものだ」
トリイマエ「私はこのホウザン寺の鳥居を護る者・・・、それくらいはあの男も分かっているはず」
バーン♪「ゴチャゴチャうるせぇ神だな・・・」
ガゼル♪R団の連中が嗅ぎ付ける前に、早めに決着を付けるぞ」
バーン♪「そうだな、行くぞガゼル♪!!」

ガゼル♪は無言で頷き、バーン♪と共に飛び上がった。

トリイマエ「何をするつもりだ・・・!?」
プロミネンス「バーン♪様の動きを心配している場合か!?」
ダイヤモンドダスト「ガゼル♪様の動きを心配している場合じゃないだろう!?」
トリイマエ「しまった!!」

バーン♪ガゼル♪の動きに気をとられていたトリイマエは、プロミネンス・ダイヤモンドダストの連続攻撃を受けてしまう。

トリイマエ「ぐ・・・うくく・・・!」

その間にもバーン♪ガゼル♪は上空へと飛び上がり、同時攻撃の態勢を取っていた。

バーン♪「これが、神を倒すためにあみ出された同時攻撃!!鉄をも溶かす紅蓮の猛火と!!」
ガゼル♪「凍て付く闇の、恐怖を!!」
バーン♪ガゼル♪「思い知るがいい!!」

その時、バーン♪ガゼル♪は同時にだいもんじとふぶきをトリイマエに放った。炎と冷気が交わり、見たこともない攻撃となってトリイマエに襲い掛かる。

トリイマエ「な、何・・・!?ぬああああああああ!!!」
プロミネンス「やったぞ!!」
ダイヤモンドダスト「やった!!」

恐るべきパワーを持つ神滅隊エイリアの攻撃によって、神トリイマエはついに敗れ去ってしまった。

トリイマエ「く・・・悪しき者に・・・鳥居をくぐらせてしまうとは・・・無念・・・!!」
バーン♪「あとはホウザン寺に火を放つだけ・・・これで、俺達の任務も終わりか」
ガゼル♪「これで、R団の神によるジョウト征服の野望は潰えたというわけだ。最早R団などはるか♪様の敵ではなくなった」
バーン♪「最後の仕上げだ!!消えてなくなれ、ホウザン寺!!!」
トリイマエ「やっ・・・やめろォォォォ!!」

バーン♪ホウザン寺に火を放ち、瞬時に燃え上がってしまった。
あっという間に焼け落ちていくホウザン寺

バーン♪「へっ、よく燃えてるぜ・・・」
ガゼル♪「ずらかるぞ・・・ホウザン寺を破壊した今、もうこの地に用はない」
神滅隊全員「了解!!」

バーン♪ガゼル♪はその場を立ち去ろうとする。しかし、その後謎の声がホウザン寺境内に響き渡った。

?????「我が山を荒らすものは誰だ・・・このイコマ山で火遊びをする輩は誰だ・・・」
バーン♪ガゼル♪「!?」

<<作者は暗黒皇グレイテスト・シーザーに撃ち抜かれました。恐怖、霊峰の山神IKOMA神へ。>>