※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ボツキャラ・ゲストキャラ

R団の部屋にある作品内において、個別ページを作るまでもないゲストキャラ・モブキャラや、構想時には存在したものの、諸事情や尺の都合のためにボツになってしまった不憫なキャラのコーナー。


ゲストキャラ

個別ページ作ってたらキリがないゲスト達。

はるか♪関連

警備兵

はるか♪の居城の門番。名前は未定。というよりモブ。

工兵

女王の命令でR団殲滅のためのヒューイを整備していた兵士。
当然複数の工兵がいる。そのうち1匹がグラン♪の部下、クィール♪。

側近(はるか♪

名もない側近。こちらも使用人に近い。

R団関連

ウジヤマダの側近

その名の通り、ウジヤマダの側近。おそらくクーデターに加担しているはずだが、その後出て来る事は無かった。というより役無く放置されてしまったため、名前以前にせめてポケモンの種類くらいは決めておくべきだったと反省。

調理兵

新隊長の就任式で登場した調理担当兵。ポケモンの種類は未定というより、該当話がはるか♪氏作なので自分の管轄外。

側近(ロンシャン

あゆみなどとは違い、名も無い側近。こちらもポケモンの種類は未定。側近というよりは使用人に近いか。

イセシ

イスズガワの側近へ移行。
後に名前は「イセシ(伊勢市)」に決められた。

ハッピー

イスズガワの部下。チルタリス♂。

返答はほとんど「あい。」か「あいさ!」で、一人称は「オイラ」。満身創痍のH.イコマロンシャンに送り届けるために登場。何故か背中に乗せることを嫌う。
理由は元ネタのハッピーが背中に人を乗せられるほど大きくないため。

由来はFAIRY TAILのハッピー。しかし、外見があまりに違っている(元ネタのハッピーはネコ っぽい 生き物)。カラーリング的には似ているのだが。

プーチン

武者スズメバチVS凶暴ウサギで登場した工兵の♂のマリルリ。とくせいはあついしぼう。やたら臆病な性格で、終始怯えっぱなし。声は出すものの喋らない。

由来はウサビッチのプーチン。決してプーチン大統領ではない。しかしウサビッチの物語の舞台はソ連なので、そこまで無関係でもなかったり。

キレネンコ

武者スズメバチVS凶暴ウサギで登場した戦闘員の♂のマリルリ

とくせいはちからもち。普段はのん気に本を読んでいるが、キレると・・・。声は出すものの喋らない。

由来はウサビッチのキレネンコ。

ブンビー

エピローグ・R団別働隊で登場した♂のスピアーむてきまるとは別個体。ギリンマを「君」付けで呼び、スコルプを「スコンブ」と言う陽気な奴。

今回のR団内の事件は「団長の油断と采配ミス」にも原因があると判断している。しかし、彼にもテロの真相は迷宮であるらしい。

由来はYes!プリキュア5のブンビー。愛されるべき悪役。

神滅隊エイリア関連

ゼル♪

神滅隊イプシロンの副隊長。ルカリオ♂。デザーム♪の側近。ラスターカノンと波動弾を同時に放つことができる設定だが、披露する前にトリイマエの逆鱗に触れ、あっさりと退場。

由来は隊長であるデザーム♪と同じく、イナズマイレブン2のゼル。

マキュア♪

神滅隊イプシロンのメンバー。ムウマージ♀。デザーム♪援護射撃の際にパワージェムを使っていたのは彼女。

由来は隊長であるデザーム♪と同じく、イナズマイレブン2のマキュア。

プロミネンスのメンバー達

名も無きプロミネンスのメンバー達。ちなみに、全員炎タイプである。

ダイヤモンドダストのメンバー達

名も無きダイヤモンドダストのメンバー達。ちなみに、全員氷タイプである。

「~っポ」工兵(クィール♪)

クイール♪へ移行。

実は設定ミスにより 誤植されている

その他。

基本的に一般人もしくはモブキャラ。まだ設定がまとまっていないキャラもここに。

八尾空港職員

八尾空港の職員。ピンクのヒューイを見て驚愕していた。

暴走ドンカラス

猛スピードでみえに衝突して負傷させた、文字通り暴れまわる♂のドンカラス。性格は自己中心的であり、反省の色を見せるどころか、「あちらが悪い」と言いがかりを付けるほど。

  • ちなみに、本当はヤマトジルイズのエピソードで出す予定だった。名前も実は既に決定済みだったりして。

ボツキャラ

その名の通り、ボツになってしまったキャラ。

「書く前にボツ」になったキャラ

構想の初期段階でとっくにボツになっていたキャラ。

ノーチラス

同じく12歳の少女。彼女もまたオシリアの友人として構想されていたが、彼女の設定が固まるに連れて絡ませるのが難しくなってしまいボッシュート。かなりのドジだという設定。その性格はオシリアへと継承されている。

脳内再生声優は片岡あづさ(現:榎あづさ)。そう決めた理由は「適当」。

由来はメイプルストーリーのノーチラス号から。

「登場予定だったが諸事情でボツ」になったキャラ

実際に登場予定だったものの、フラグが飛ぶなどして登場できず、単なる設定上の存在になってしまったキャラ。またいつか登場するかも。

ホーザンジ

ユクシーホウザン寺本尊の神。本来ならば、IKOMAとの戦闘前に
トリイマエが倒される→ホウザン寺に火を放つバーン♪→しかし、その炎が弾き飛ばされてしまう→ホーザンジ登場。戦闘開始

となるはずであったが、本編の展開が予想以上に早く、戦っていては本編展開に全く間に合わなくなってしまうため(神、ついに敗れる・・・?がアップされた際、本編は既に両者が激突寸前の重い空気)、わかりやすさの観点と尺の都合によりこのエピソードは丸々カットされ、いきなりIKOMA戦に突入となったためボッシュート。

結果的にユクシーはハブられてしまった。

由来は宝山寺。

セリフサンプル
ホーザンジ「我がホウザン寺を荒らす者は誰だ・・・!!」

サクラガワ

♀のワタッコ

HSウメダの部隊に加入していて、リプレとは仲がいい設定。ちなみに、ネイティブ関西人キャラ。一応ウジヤマダの部隊を引き戻しに行く役として待機していたが、隊長の彼があんなことになってしまったので、彼女の登場はボッシュート。

由来は 大阪府の 桜川駅から。

脳内再生声優は植田佳奈。

セリフサンプル
サクラガワ「ウメダ隊、ファイっ!!」

「構想はあったが出せぬままボツ」になったキャラ

構想はあったのだが、展開の都合で出すタイミングを逸してしまい、設定のみの存在になったキャラ。またいつか出るかも。

シャナたん

♀のブースター

ナギ達のグループに加わらせようかと思っていたものの、本編の展開の早さでさらに新キャラを送る雰囲気ではなくなってしまい、そのままボッシュートになった。結果的にシャナはハブられてしまったため、ヘカテーがいるのにシャナがいない、という不自然な現象が・・・。

由来は灼眼のシャナのシャナたん。何故出さなかったのか?うるちゃいうるちゃいうるちゃい。

セリフサンプル
シャナたん「うるちゃいうるちゃいうるちゃいうるちゃいうるちゃい!!!」

ムコガワ

♀のミロカロス
HSウメダの部隊所属で、名前通り武庫川に住んでいるという設定。が、対峙予定地域は武庫川ではなくヨド川、つまり淀川だったうえ、上記のサクラガワと同じ理由が発生しボッシュート。

由来は武庫川駅。

脳内再生声優は前田愛(声優)。

セリフサンプル
ムコガワ「この先に行くのなら、この私が相手よ!」(キュアアクア風)

タキオン♪

♂のメガヤンマ。特性は加速。
むしの部屋に紛れ込んでいる調査団体ORIGINのエージェントの予定だったが、展開が高速で進んでしまったため、出す暇もなくボッシュートに。

由来は競走馬、故・アグネスタキオン。

他にも「設定段階に入る前にボツになった名前だけのキャラクター」も多数存在する。それらはロンシャンのゴミ箱に捨てられている。