バーン♪率いる神滅隊・プロミネンスと神・トリイマエが、ついに激突する。

H.イコマ「何ということだ、これはロンシャン様に報告しなくては」

H.イコマは満身創痍の状態でテレポートし、ロンシャンの元へ向かった。

バーン♪「お前さえ消えれば、R団の神によるジョウト征服の野望は潰え、はるか♪様が治める理想郷が完成する!」
神滅隊「我々の目的と世界の平和のために!!」
神滅隊「悪の神と憎きR団は、この世から消えるべき存在なのだ!」
トリイマエ「私さえ消えれば平和が訪れる、だと?何を愚かなことを考えている、私が消えれば、このジョウトは平和は愚か戦乱と混沌の渦に巻き込まれていくことになるぞ」
バーン♪「何を根拠に言ってるんだよ、R団に崇拝されて心が腐ったのか!?」
神滅隊「全く、神も落ちぶれたものだ!」「せめて楽に消し炭にしてやろう!」
「ふんえん!!」「かえんほうしゃ!!」

プロミネンスの炎攻撃が次々トリイマエへと襲い掛かる。しかし、悉く攻撃は神通力によって防がれてしまう。

トリイマエ「この程度の悪しき炎で、私は消えぬ・・・。」
バーン♪「ちっ、この遠距離からじゃ無理か、奴にもっと近づけ!近距離から攻撃するぞ!」
神滅隊全員「了解!!」

プロミネンスはトリイマエへ接近し、近距離戦を開始する。

神滅隊「かえんぐるま!!」「火炎放射!!」「フレアドライブ!!」
トリイマエ「無駄だといって・・・」
バーン♪「スキあり、だいもんじ!!!」
トリイマエ「む・・・防ぎきれん!」

トリイマエバーン♪のだいもんじが命中した。

神滅隊「バーン♪様の攻撃が命中したぞ!!」「よし!!」
バーン♪「こっちは数で有利だ、全員でこんな神、焼き尽くしちまえ!!」
トリイマエ「・・・私は負けぬ・・・このような悪しき者達に敗れることなどあってはならぬ!私を崇拝する者がこの場にいない今、ホウザン寺は私が護らねばならぬのだッ!!」
神滅隊「何!?」「何だと!!」「まだ、こんな力を使えるのか!!」
バーン♪「ちっ!!」

トリイマエの超能力によって、接近していたプロミネンスは弾き飛ばされる。

バーン♪「くそ、ダメージは与えられたようだが・・・このままじゃラチがあかねぇ!」
神滅隊「もう一押し欲しいところだが・・・」「だが、我らプロミネンスはこれで全員!これ以上の戦力増強は・・・」

?????「ならば我々が手を貸そう」

神滅隊「!!?」
トリイマエ「何者だ!!」
ガゼル♪「待たせたな、バーン♪・・・」
バーン♪「遅いじゃねーか、ガゼル♪
ガゼル♪「まさか、トリイマエが既に目覚めていようとはな。ここからは我々ダイヤモンドダストの出番だ」
バーン♪「何が『ここからは我々ダイヤモンドダストの出番だ』だよ、俺達プロミネンスの出番を尻切れで終わらせる気か?」
ガゼル♪「ふっ、そうだとしたらどうする?もっとも、戦うべき敵は同じだがな・・・」
バーン♪「違いねぇ、これより、神滅隊プロミネンス及びダイヤモンドダストは、共同で作戦を遂行する!!」
ガゼル♪「目標は神、トリイマエ!!神に凍て付く闇の恐怖を思い知らせるのだ!!」
トリイマエ「この悪しき者達に、まだ仲間がいたのか・・・ッ!」

<<作者は龍神ヘヴィにむしゃむしゃ逝かれました。神、ついに敗れる・・・?へ。>>