ついに覚醒した神、トリイマエデザーム♪率いる神滅隊と対峙した。

デザーム♪「お前が神か・・・。まさかエムリットだったとはな」
トリイマエ「私はこのホウザン寺の鳥居を護る者トリイマエである。悪しき者達よ、この場から立ち去れ」
副隊長「そうはいかない。我々はお前を倒すためにここに来たのだからな」
神滅隊「アンタ、神だからって生意気!」
デザーム♪「神とて、所詮はポケモン。神を叩き潰すために結成された神滅隊である我々イプシロンには、敵うはずがない!!行くぞ!!」

デザーム♪を先頭に、神滅隊のメンバーが次々トリイマエに飛び掛る。

トリイマエ「愚か者め・・・。」
デザーム♪「ハハハ、我らイプシロンの波状攻撃に、貴様の貧弱な体が耐え抜けるか!?」

その瞬間、トリイマエは無言でれいとうビームをデザーム♪に放つ。
デザーム♪は避ける事が出来ず、直撃を浴びた。

デザーム♪「な・・・何だと・・・!?」
副隊長「(れいとうビーム!?バカな・・・全く見えなかった!)デザーム♪様!!くそ、こうなれば一斉攻撃をかけろ!」
神滅隊全員「おう!!」
副隊長「ラスターカノン!!!」
神滅隊各メンバー「いわなだれ!!」「パワージェム!!」

次々神滅隊の攻撃がトリイマエに襲い掛かる。しかし、トリイマエはこれに耐え抜いていた。

トリイマエ「・・・・・・」
副隊長「ば、バカな・・・単なるエムリットに、この攻撃が耐えられるはずが・・・!」
トリイマエ「この程度で私を滅しようというのか、愚か者め」

総攻撃をかけた神滅隊も、次々とトリイマエの攻撃を前に戦闘不能になっていく。

デザーム♪「こっ・・・こんなことが・・・こんな馬鹿な事があるはずが無い・・・!我々イプシロンが・・・手も足も出ないなど・・・!」
H.イコマ「(これがトリイマエ様の力か・・・。私と互角だった相手を一瞬で倒すとは・・・)」

?????「あーあ、これどういうことだよ・・・」
H.イコマ「!?」

その時、バーン♪が自らの傘下の部隊を率いてホウザン寺に到着した。

デザーム♪バーン♪様・・・!」
バーン♪「オイデザーム♪、このザマは何だよ。凛々しく出て行ってこれとかありえねーだろ」
デザーム♪「も、申し訳ございませんバーン♪様・・・想定外のことがありまして・・・」
バーン♪「言い訳はいい・・・で、イプシロンの連中をこうしやがったのはどこのどいつだ」
トリイマエ「お前達も、この悪しき者の仲間か・・・」
バーン♪「・・・エムリットだと・・・?誰だよ、てめーは」
トリイマエ「私の名はトリイマエ、このホウザン寺の鳥居を護る者」
バーン♪トリイマエ・・・ということは、こいつが神か」
トリイマエ「この者達の様になりたくなければ、この場から立ち去れ」
バーン♪「へっ、何を言うかと思えば・・・。こいつらイプシロンは少数精鋭の先発隊に過ぎねぇ。俺達プロミネンスは規模も強さも、イプシロンとはケタ違いだ」

バーン♪率いる神滅隊のメンバーは、デザーム♪が率いていたメンバーとは段違いの熱気と士気を持っていた。

トリイマエ「何と悪しき炎だ・・・そこまで言うならば、私に抗うその力を見せてもらおうか」
バーン♪「望むところだ、いくぞ!!!」
プロミネンスメンバー「オオオー!!」

<<作者は極仙龍バイオレンス・サンダーに踏み潰されました。激突、トリイマエVSプロミネンスへ。>>