終わりつつある静寂

R団の居城】
側近 「ロンシャン様ー!」
団長 「どうした?」
側近 「反乱軍が動きだしました!」
団長 「もっと、詳しく説明しろ。」
側近 「反乱軍は、今まで大阪城に拠点を置いたまま、目立った動きがなかったのですが、本体が花園ラグビー場付近に向けて動きだしました。」
団長 「ウジヤマダめ。しびれを切らせて動きだしたか。ホウザン寺の戦闘はどうなっている?」
側近 「戦闘に突入した後は、続報が入りませんので、詳細は不明です。」
団長 「おけいはんの部隊はどうしている?」
側近 「イコマ山スカイライン上に防衛戦を張っています。」
団長 「位置的には有利、数的には不利という状況だな。こうなると天候を操ることができた部隊長のテンマバシの負傷欠場が痛いな・・・。」
 「それから、ウオッカ♪が勝手にヨシノ方面に派遣した元ポリドリ隊はどうなった。」
側近 「キキョウに向けて大急ぎで帰還中です。」
団長 「帰還まであとどれくらいかかる?」
側近 「まる1日は、かかります。」
団長 「くそ!あと半日で帰還させろ!帰還後すぐにおけいはん隊の援護につかせろ!」
側近 「かしこまりました。」
団長 「ちくしょう!すべてが後手後手だ。女王にうまく立ち回られすぎた。」
側近 「それから、もう1点重要なお知らせがあります。」
団長 「なんだ?」
側近 「あゆみ様の意識が戻りました。」
団長 「それを先に言え!」

【反乱軍】
ウジヤマダ 「時は熟せり。さあ、みなさんキキョウに向けて進軍しましょう。」
サイダイジ 「さあ、俺たちの故郷はもう目と鼻の先だ。やっと、クニに帰れるぞ。」
KTナラ 「ピィィィィィィーーーーーー!」
ウジヤマダ 「邪魔をする者は、蹴散らしなさい。みなさまには、神がついています。」
サイダイジ 「みんなー!行くぞ!」
KTナラ 「ピィィィィィィーーーーーー!」
サイダイジ 「ところで、神官様。さっきから気になってたんですが。」
ウジヤマダ 「なんですか?」
サイダイジ 「唇のあたりが赤くはれていますが、どうしたのですか?」
ウジヤマダ 「こ、これは。実は、タコ焼きを急いで食べようとして火傷したのです・・・。」
サイダイジ 「あはは。神官様でも、そんなドジをするんですね。」
ウジヤマダ 「私も普通のポケモンとかわりはありませんよ。」
サイダイジ 「そういえば、HSウメダ様は、どこに行かれたのですか?」
ウジヤマダ 「あの人は、部隊を私に譲り渡した後、どこかに行ってしまいました。」
サイダイジ 「一緒にキキョウを目指すのではなかったのですか?」
ウジヤマダ 「あの人は、腹に何を持っているのか分かりかねます。敬虔な信者だと思っていたのですが。」
サイダイジ 「違ったのですか?」
ウジヤマダ 「あの人は、全くの無神論者でした。宗教も兵の士気高揚のために利用していただけのようです。」
サイダイジ 「ふーん、そうなんですか。人の上に立つ者って、よくわからんですね。」

女王の寝室】
女王 「はあ、はあ・・・。」
 (・・・まだ、出るな。まだだ。あんたじゃ、ここは持ちきれない。慈愛に満ちた女王様ってのも結構だけど、あんたみたいなアマちゃんじゃ守りきれない。あたしの子たちは、あたしが守る・・・)
コンコン!
側近 「女王様。反乱軍に動きがありました。」
女王 「ちょっと待ちな!すぐに作戦会議室の方に行くから・・・。」

女王の居城作戦会議室
女王 「なんだい?」
側近 「反乱軍が拠点の大阪城から進行を始めました。現在、花園ラグビー場方面に向けて転進中のようです。」
女王 「やっと、動いたかい。あたしは、待ちかねたよ・・・。」
側近 「女王様。お顔色が優れないようですが・・・。」
女王 「あたしは、大丈夫だから。Free♪を呼んで。」
側近 「かしこまりました。」

女王 「はあ、はあ・・・。」
 (・・・もうすぐ終わりだ・・・あたしの手で決着をつけてやる。あの若造、侮れない。でも、あたしの子たちには、誰ひとり手をかけさせない。あたしが直接引導を渡してやる・・・)

Free♪フリーザー) 「お呼びでしょうか。女王様。」
女王 「あたしが最も信頼する子のひとり。Free♪。あたしのお願いを聞いて。」
Free♪ 「女王様の命令とあれば、たとえこの命を落とそうと悔いはございません。」
女王 「それはダメ。あたしがそんなことはさせない。あたしの子たちは、あたしが守りきる。」
Free♪ 「情愛深き女王様。敬愛する女王様。私はあなたのためなら、いかなることでもいたします。なんなりとお命じください。」
女王 「イコマ山に行って・・・。」
Free♪ 「敵を殲滅してこいとのご命令でしょうか?私にとって、いとも容易いご用命です。」
女王 「いいえ。そうではありません。あたしの子たちに誰ひとりとして、危険な戦闘などさせません。」
Free♪ 「では、私に何をせよと?」
女王 「ロッコー山人工スキー場の人工降雪機をイコマ山に運んで。そして、イコマ山に豪雪を降らせてちょうだい。」
Free♪ 「容易いご用。さっそく取りかかります。」
女王 「お願いするわ。」

女王 「ほかに誰かいる!」
側近 「はは。控えております。」
女王 「ヒューイを飛べるように整備しておいて。米軍払下機が1機あったでしょ。」
側近 「え?あの退役戦闘ヘリですか?まさか女王様が自らご出陣なさるのですか!?」
女王 「久々に腕が鳴るねえ。それから、ガンポッドは、4点ともロケットランチャーを装備。ハイドラは、弾頭薬が硝酸カリウムの特殊弾を用意して。」
側近 「すぐさま、整備兵に命じて用意させます。」
女王 「ふふふ。氷の女王様の氷の槍を再現してやるよ。ついでにあいつらの子孫繁栄も断念させて、2度とあたしに刃向かうことがないようにしてやる。あははははは。」

R団病院】
団長 「あゆみー!」
あゆみ 「あ。ロンシャンさま・・・。」
団長 「あゆみー!あゆみー!やっと目覚めてくれたんだ・・・。」
あゆみ 「ロンシャンさま。ありがとう。」
団長 「礼を言うのは僕だよ。お前は、僕を命がけで助けてくれた。」
あゆみ 「私、長い間、夢を見ていたの。」
団長 「どんな夢だい。」
あゆみ 「ロンシャンさまが、私のために一生懸命戦ってくれるの。かけっことか、お相撲とか・・・。」
団長 「うん。それは夢じゃないよ。僕は、あゆみのためなら何でもするよ。かけっこだって、相撲だって、何でもする。あゆみのためなら・・・。」
あゆみ 「それでね。R団のポケモンたちがみんなでロンシャンさまを応援するの。がんばれーロンシャンさま~って。みんなが一致団結して、応援するの。」
団長 「うん。うん。」
あゆみ 「ロンシャンさま。すごく素敵だった。かっこよかった。」
団長 「うん。そうだよ。思いだした。全部僕が悪かったよ・・・。僕はバカだった。僕、今になって全部思い出したよ。僕のポケモンたち、みんな僕を慕ってくれてたんだ。」
あゆみ 「ロンシャンさま。」
団長 「ごめんよ。あゆみ。僕は、もうお前たちを何があっても手放さないよ・・・。ごめんよ。ごめんよ。」


??? 「殺してやる!殺してやる!あたしをこんなにしたあいつ!絶対に許さない!殺してやる!」

<<終わりつつある静寂・おわり>>

(2009.10.26)