相撲大会

R団最強の男を決めるための大会。
ウェイト(サイズ)別のクラスがシニアカップ、リトルカップに分かれている。
リトルカップ横綱がロンシャン山。
決勝戦のマクノシタ海との見るも無惨な死闘は、R団内で伝説となっている。
この勝利でロンシャンは、R団 強、最速の男の称号を勝ち得た。
詳細は、お相撲大会を参照。
なお、本大会の副賞は、ペアで海外旅行と豪勢であるが、行き先がオーストリアとオーストラリアの二つの記述があり、本当にどちらかに行けるのかは大いに疑問である。
横綱の単独優勝をたたえ、のちに単勝杯と呼ばれるようになる。
読み方はそのまんま「たんしょうはい」。決して「短小」杯などと書き間違えてはいけない。