ORIGIN本部には落ち着かない空気が流れる。

ギムレットR団は完全に分裂・・・、ウジヤマダ率いるクーデター部隊はついにヨド川を越えた。HSウメダの動きが気になるところですなぁ、リーダー」
ベッカム「ん、何か?」
ギムレット「(セリフが少なすぎてすっかりふてくされてしまった様だ・・・)」
オペラオー「それにしても、ドトウの奴遅くないか」
ギムレットオシリアを探すのにてこずってるのかも知れんな」
ベッカム「あー、ボク何にもすることないなー、寝よっかなー」
ギムレットオペラオー「リーダー!!きちんと調査してください!!!」
ベッカム「ぐうたらでセリフ少なくて、ごペンなさい」
ギムレット「ふー・・・。今までにまとまった情報によると、例のテロでR団幹部は全滅・・・。会議に参加した神官全員も戦闘不能。しかもその内のウジヤマダがクーデター。R団の戦闘機能はほぼ損なわれたと言っていい」
オペラオー「このままクーデター部隊がキキョウに到達すれば」
ギムレットR団の存続する確率は、0といっていいな」
オペラオー「そして残るのは・・・理想郷を完成したはるか♪の高笑いだけだ」
ギムレット「ここまで来ても、それだけは何としても阻止せねばならん。」

ドアが開いた。

ドトウ「今帰ったぞ」
ギムレット「ようやく帰ったか、遅いぞお前」
オペラオー「・・・オシリアはどうした」
ドトウ「ああ・・・、実ははるか♪の刺客に命を狙われたらしくてな、賢島に預けてきた」
オペラオーはるか♪の刺客に!?オシリアが狙われる理由はないぞ!!」
ドトウ「私にもよく分からぬ、慌てて走ってきて貧血で倒れてしまったからな」

ORIGIN上空に、デザーム♪の魔の手が迫る。

デザーム♪「あれがORIGINの本部か・・・。あそこさえ潰せば、我ら神滅隊の作戦は最終段階に入る・・・」

ギムレットはるか♪ラスカル♪を潜入させているのがバレたか!?」
オペラオー「いいや、そうだとしたらまず始末するのはラスカル♪と我々のはずだ」
ドトウ「それに我々ORIGINが攻撃を受ける理由はないぞ」

デザーム♪「消えろ、ORIGIN!!りゅうせいぐんを、食らうがいい!!!」

デザーム♪から大量の隕石が、ORIGIN本部に向けて放たれた。

ベッカム「!!本部上空に高エネルギーの反応が!!!こっちに向かって落ちてくるぞーーー!!!」
ギムレットオペラオードトウ な、何ですとー!?

天空から降り注ぐ大量の流星を受け、ORIGINの本部は音を立てて崩れ落ちてしまった。

デザーム♪「ははは、これであのスパイ集団も終わりだ!はっはっはっはっは!!!」

デザーム♪は高笑いをしながら飛び去って行った。

ギムレット「・・・、くそ、一体何だっていうんだ!皆無事か!?」
オペラオー「私は無事だ」
ドトウヒヒンも、何とか無事のようだ」
ギムレット「このORIGIN本部を一撃で破壊するなど、並大抵のことではないぞ!」
オペラオー「エネルギー反応ということは、ポケモンの仕業だろうが」
ドトウ「だが並のポケモンの仕業ではあるまい・・・オシリアも心配だ、一度賢島へ向かおう」
ギムレット「そうするか・・・」

ギムレット達が歩き出した途端、瓦礫の下から声がした。

ベッカム(瓦礫の下)「あ の ー 何 か 忘 れ て ま せ ん か」
ギムレットオペラオードトウ「!!!!!」

デザーム♪バーン♪様、ガゼル♪様。スパイ集団・ORIGIN本部の破壊に成功致しました」
ガゼル♪「ほう、やるではないか。」
バーン♪「あいつらさえいなくなれば、俺達の最終作戦も、誰にも感づかれず気兼ねなくやれる」
ガゼル♪「その通り・・・だが慢心するな。我ら神滅隊の本当の任務は、今これからだ。」
バーン♪「そうだな、そしてあの憎きR団を壊滅させ、我らがはるか♪様の理想郷を築いてやる!」

<<作者は邪眼皇ロマノフⅠ世に襲われました。神滅隊、最終作戦開始へ。>>