悪夢再び

お姉ポケモン 「ロンシャンさま~♪」
団長 「でへへへ♪」
お姉ポケモン 「ロンシャンさま~♪」
団長 「でへへへへへへ♪」
お姉ポケモン 「ねえロンシャンさま~♪新入りの子、紹介してもいい?」
団長 「ああ。いいよ。どんな子かな?」
お姉ポケモン 「あんた。ロンシャンさまのお許しが出たよ。こっちにおいで。」
サムソンカイリキー) 「うほっ。」
団長 「え?」
サムソン 「うほっ。いい男。やらないか?」
団長 「え?なんなんだ?あいつ。あれ?もう1匹。」
????? 「ロンシャンさま。好きです。」
団長 「って、お前は?????!お前もいたのか?」
????? 「ロンシャンさま、好きです。変身!」
団長 「おい!お前までカイリキーに変身してどうするつもりだ。」
????? 「やらないか?」
団長 「え?おい!何をする!お前ら、僕を押さえつけてどうするつもりだ!」
サムソン 「ホらないか?」
団長 「え?」
????? 「ロンシャンさま。好きです。うほっ。」
団長 「うそだろ?やめてくれーーー!!!やめてーーーー!!!」
サムソン 「ホらないか?」
団長 「うわぁ。うぎゃあぁぁぁぁぁぁ!!!」

??? 「ロンシャンさま!ロンシャンさま!しっかりしてください!」
団長 「はあ。はあ。はあ。はあ。」
お姉ポケモン 「どうしたんです。ロンシャンさま。すごくうなされてましたよ。」
団長 「えげつない夢を見た・・・・。」
お姉ポケモン 「まあ、すごい汗をかいて。最後は叫んでましたからね。」
団長 「最近僕はおかしいんだ。毎晩悪夢を見るんだ。とてもリアルで暗示的な夢を・・・。これもダークライの仕業か・・・。」
お姉ポケモン 「そうなんですか。あ、ちょうどいいお薬がありますよ。すごくハイになれるやつです。飲んでみますか?」
団長 「なんだそれは?」
お姉ポケモン 「ウオッカ♪様からいただいたお薬なんです。すごくハイになれるんです。ロンシャンさま最近お疲れのようでしたから、ウオッカ♪様に言われて、お食事にも少し混ぜてたんですよ。」
団長 「・・・・・・・・・・」
お姉ポケモン 「これです。」
団長 「お前これは!!!ハシッシじゃないか!!!」

【調査団体ORIGIN本部】
ピロリロリン!ピロリロリン!
ギムレット 「サムソンからメールだ。」
オペラオー 「どれどれ・・・。」
サムソンメール 「重大な情報を入手しました。R団は、はるか♪製薬という製薬会社から大量のハシッシを買い付けていることが判明しました。」
ギムレット 「ハシッシだって!」
オペラオー 「大麻樹脂。ハシッシはアサシンの語源になったとも言われている。」 
サムソンメール 「そして買い付けられた大量のハシッシは、最前線の部隊に送られたようです。」
ギムレット 「HSウメダ隊のことだな。」
サムソンメール 「それで、僕は気になってHSウメダのことを調べてみました。過去の資料で彼の部隊の兵隊たちはたとえ未熟な者であっても戦闘では鬼神のごとく戦うという記述を見つけました。」
オペラオー 「薬物服用により精神作用を活性化させ戦闘意欲を鼓舞し、力以上の戦闘能力を引き出したってことだな。」
サムソンメール 「また、別の資料では、サブリナル効果を用いた士気高揚が図られたことがあるとの記載がありました。」
ギムレット 「サブリミナル効果とは、映像等により、潜在意識にメッセージを送り込む事で一定の方向性のある外形行為を引き出すことができるとされている効果。」
サムソンメール 「僕の予想では、HSウメダは近いうちに動きます。彼の部隊の動きに目を離さないようにしてください。サムソン
オペラオー 「これは、HSウメダがマインドコントロールをして兵隊を動かすってことだぞ。」
ギムレット 「ああ。相当やばいことになりそうだな。」

【最前線】
兵士A 「帰命無量寿如来」
兵士B 「南無不可思議光」
兵士C 「法蔵菩薩因位時」
兵士たち 「覩見諸仏浄土因」
兵士たち 「在世自在王仏所」

兵士 「ウジヤマダ様、対岸の兵たちは集団で題目を唱えだしましたよ。」
ウジヤマダ 「みなさん!いざゆかん。神の御許に!さあヨド川を渡りましょう。」
兵士 「ウジヤマダ様、大丈夫なのですか。」
ウジヤマダ 「ご安心なさい。HSウメダ様からは、我が十字軍にご賛同いただける旨約束していただきました。さあともに手をとり進みましょう。」
兵士 「あ!ほんとうだ。HSウメダ隊は反転しだしたぞ!」
ウジヤマダ 「さあ、みなさん!ヨド川をみなで渡るのです。みなさんの故郷、聖なる地キキョウはもう少しです。進みましょう。」
兵士 「よし!進軍だ!えい、えい、おーーーー!!!」
兵士たち 「えい、えい、おーーーー!!!」
ウジヤマダ 「みなさまに神のご加護あらんことを!」

<<悪夢再び・おわり>>

(2009.10.7)