R団大混乱

【隊長の寝室】
まさこ♪ 「ねえ、あんた。」
??? 「なんだい。」
まさこ♪ 「ベッドでたばこを吸わないで。」
??? 「お、すまん。すまん。」
まさこ♪ 「で、旦那の命との引き替えに兵の命は助けてよ。」
??? 「わかったよ。」
まさこ♪ 「で、この作戦がうまくいったら、あたしは、あんたの嫁だよ。」
??? 「ああ。」
まさこ♪ 「R団の幹部は、こっちで始末しとくからね。」
??? 「ああ。それは任せた。」
まさこ♪ 「あんたが次期団長だよ。」
??? 「ああ。そうだな。」
まさこ♪ 「ねえ。あんた。」
??? 「ん?」
まさこ♪ 「もう1回。いいでしょ。」
??? 「ああ。」

R団居城大会議室】
下っ端の将校1 「おい、続々と上級幹部が入ってくるぞ。」
下っ端の将校2 「ああ。テンマバシ様、ポリドリ様、その他上級の武官に神官・・・・。」
下っ端の将校1 「HSウメダ様は欠席のようだな。」
下っ端の将校2 「ああ。今、反乱軍鎮圧の最前線で指揮をとられているからな。仕方ないだろ。」
下っ端の将校1 「あれがHSウメダ様の代理の童貞ポケモンのコーシエンだな。」
下っ端の将校2 「ずいぶん格が落ちるな。」
下っ端の将校1 「あれ?あの幹部は見たことがないぞ。」
下っ端の将校2 「そうだな。ベロベルトの幹部なんて知らなかったな。」
下っ端の将校1 「R団も大きな組織だから、我々が知らない幹部もたくさんいるんだろう。」
下っ端の将校2 「しかし、幹部はそろったみたいだが、団長もウオッカ♪様もまだ見えないな。」
下っ端の将校1 「そろそろ定刻なのに・・・・。おかしいな。」
下っ端の将校2 「あれ?あのベロベルト、何を・・・・・・・・・・。」

ドカーーーーーーーン!!!!!!!

兵士A 「何だ?何なんだ!今の爆発は!!!」
兵士B 「居城の方だ!!!かなりの大爆発だったぞ!!」」
兵士A 「ひょっとして、テロか!」

ドカーーーーーン!!!!!!

兵士A 「また、爆発だ!!!!」
兵士B 「今のは風呂場の方だぞ!!!!」
兵士A 「早く消火班を呼べ!!!」
兵士C 「おーい!!!負傷者がいる!衛生兵を呼んでくれーーー!!!」

【調査団体ORIGIN本部】
ギムレット 「おい!今度は爆弾テロだ!R団で大爆発騒ぎが起こっている!」
ドトウ 「いや。こっちは、風呂場でガス爆発って情報が入っているぞ!」
オペラオー 「どっちが正しいんだ!」
ギムレット 「あいかわらずの情報錯綜だ!一体何が正しいんだ!」
ピロリロリーン!
オペラオー 「この着信音は!サムソンだ。サムソンからのメールだ!」
ギムレット 「早く読んでくれ!」
オペラオー 「なになに・・・。何だって!!!!」
ドトウ 「何なんだよ!」
オペラオー 「R団の幹部が全滅した・・・・。」
ギムレット 「何だって!!」
オペラオー 「R団幹部会議中に会議室でガス爆発が起こった。出席者の生死は現在のところ不明。R団本部は現在大混乱だそうだ。」
ドトウ 「これは、事故を装ったテロ・・・。」
ギムレット 「おそらくそのとおりだろう。R団は、これでブレーンを喪失してしまったぞ・・・。」
オペラオー 「ところで、さっきから気になっているんだが。」
ギムレット 「なんだ?」
オペラオー 「お前、なんでドトウのものまねしてんだよ?」
ギムレット 「俺の趣味だ!決して作者が、ドトウオシリアが出かけてるのを忘れてたことをフォローしているわけじゃないぞ。」
オペラオー 「そんなことするくらいなら、忘れ去られてる奴に台詞わけてやれよ。」
ギムレット 「えっと?誰だっけ。そいつ。」
オペラオー 「パチリスのなんとか。」
ギムレット 「違う。違う。」
オペラオー 「ギャロップのヒヒン!」
ギムレット 「違う。違う。」
オペラオー 「誰だっけ?」
ギムレット 「まあ、そのうち思い出すだろう。」
オペラオー 「そうだな。」

R団居城】
救助班A 「おーーい!!!負傷者の救助はどうだ!」
救助班B 「ほとんど、病院に搬送が終わりました。」
救助班A 「死亡者はいるのか?」
救助班B 「危険な状態な者は多数ですが、現在死者はおりません。しかし・・・。」
救助班A 「しかし、何だ?」
救助班B 「会議に出席予定者のうち、3名が見あたらないのです。」
救助班A 「誰だ?それは。」
救助班B 「団長のロンシャン様、大幹部ウオッカ♪様、そしてダイパー♪様」
救助班A 「他の救助班の者がすでに救助したのではないのか?」
救助班B 「わかりません。現場はもう大混乱ですから。」
救助班A 「わかった。お前は救助を続けろ!」
救助班B 「ラジャー!!」

<<R団大混乱・おしまい>>

(2009.10.4)