ロンシャン暗殺(実際は未遂に終わった)、ウジヤマダのクーデター。ORIGINは錯綜する情報から、正確な情報の抽出に追われていた。

ギムレット「くそ、情報が錯綜しすぎている!これでは正確な情報が取れん!」
オペラオーオシリアも戻ってこないし、これでは追いつかん!」
ドトウロンシャン死亡・・・いやロンシャンは軽傷?くそ、どうなっている!?情報操作でもされているのか!」
ギムレット「何でもいい、とにかく重要な情報なら全て取っておけ!」
ベッカム「あ の ー 。 誰か 忘 れ て ま せ ん か」
ギムレットオペラオードトウ「!!! 失礼!!すっかり忘れておりました、リーダー!!
ベッカム「真面目に忘れられてるとか すベッカム」
ギムレット「申し訳ございません、一声も発さないので・・・」
オペラオー「存在自体を忘れておりましてー・・・」
ドトウ「あー・・・調査に夢中だったものでー」
ベッカム「全く、忘れられるキャラはリスの・・・」
ギムレット「あー、それ以上はタブーで!」
オペラオー「・・・・、おいドトウ、今日は用事があるんじゃなかったか。時間だぞ」
ドトウ「ここまで忙しいのだ、それどころではない!」
ギムレット「いや、行け。恐縮ながらリーダーに手伝わせる。いくらアホなリーダーでも調査くらいは出来る」
ベッカム「!?」
ドトウ「・・・、かたじけない!頼むぞ」
オペラオー「あ、ついでにオシリアも探してきてくれ」
ドトウ「OK」

調査をベッカムギムレットオペラオーに任せ、ドトウは出撃する。

ドトウ「それにしても、大丈夫だろうか・・・、リーダーを信用していないわけではないが、到底奴らだけでやりくりできる量ではない。オシリアもあまり体力があるとは言えん、もう戻ってきてもいいはずだが・・・」

反対方向から、あわてた様子でオシリアが走って戻って来る。→平和な少女と襲い来る刺客参照

オシリア「はぁ、はぁ、はぁっ・・・」
リプレ「ちょっと、大丈夫!?息切れてるけど!?」
オシリア「だ、だいじょうぶ・・・・はぁ・・・」
ドトウ「・・・!?オシリアじゃないか!」
リプレドトウ!!どうしてここにいるの!?」
ドトウ「少々任務が出来たのでな、お前達を探しに行くところだった・・・何故そんなに慌てているんだ!?」
オシリア「はぁっ、じ・・・実は・・・私達の命を狙って・・・ポケモンが襲ってきたの・・・!」
ドトウ「何だと!!」
オシリア「あのポケモン・・・ORIGINそのものを狙ってるみたいで・・・私を手始めに消すって・・・」
ドトウはるか♪の刺客か!?」
オシリア「・・・そう、言ってた・・・、それでニシノミヤっていうR団のポケモンが・・・私達を逃がしてくれたんだけど・・・」
ドトウニシノミヤが、はるか♪の刺客と戦っているのか!?」
オシリア「うん・・・でもこのままじゃ・・・私達・・・も・・・・」

そう言い残すと、オシリアは顔が青ざめて卒倒してしまった。

リプレオシリア!!?」
ドトウ「・・・・顔が青ざめている、貧血を起こしたか」
リプレ「・・・今まで無理して走ってたのね・・・」
ドトウ「・・・・、私には任務がある。一旦ボールに戻れ」
リプレ「ちょっと、オシリアはどうするの!?ほっとくつもり!!?」
ドトウ「任務は私の知り合いに会うこと、そして私の知り合いがいる場所はそう遠くない、持って行く!」
リプレ「そんなムチャなーーー!」

【英虞湾(あごわん)の真ん中に浮かぶ島、「賢島(かしこじま)」】
???「ここはいいねぇ、この湾には大小多数の島がある。その中でも私の隠居場所にはぴったりだ。こんな辺鄙なところに滅多に人間は入ってこない。島ゆえに住んでいるポケモンは私1匹。そしてこの私の名は・・・・」
カシコジマレジロック)「この島の名と同じ、カシコジマロンシャン様に仕える、R団の神官である。」

そこには今彼1匹しかいないので、当然静寂の時間が流れる。

カシコジマ「・・・・・風と波の音しかしないではないか。うーむ、本島との距離はほんの十メートルにもかかわらず、何故誰も入ってこないのだ!!やはり辺鄙すぎるのか!?近鉄特急通ってるんだぞ!!?」
ドトウ「邪魔するぞ、カシコジマ・・・」
カシコジマ「ああ、いらっしゃいドトウ君。まぁウーロン茶でも飲もうではないか」
ドトウ「ウーロン茶って・・・お前には情緒というものがないのか」
カシコジマ「・・・、おい、そのかわいい娘さんはどうした。お前の嫁か?お前もロリコンになったもんだ」
ドトウ「違う、彼女は私の仕事仲間だ。はるか♪の刺客に追われて必死に逃げてきた反動で、貧血を起こしてしまってな」
カシコジマはるか♪!?女王がその娘を襲ったっていうのか!?」
ドトウ「真偽は分からんが・・・そうらしい」

その時、リプレが勝手にボールから出てくる。

リプレ「ちょっとー、オシリアが気を失ってるのいいことに、私をどこまでつれて来・・・!!!?」
カシコジマ「初めまして」

リプレは目の前に現れたレジロックに滝汗。

リプレ「ええええーー!?ちょっと、ドトウ!」
ドトウ「何だ何だ、勝手に出てきて」
リプレ「アイツ、もしかして・・・」
ドトウ「ああ、アイツはカシコジマ・・・R団の神官の1匹だ」
リプレ「えええええ!!!?本物!?」
ドトウ「ただ奴はR団でも特別な存在・・・。群れずに1匹で活動している」
リプレ「ってことは、どこの部隊にも所属していないって事?」
ドトウ「そうだ」