マダツボミの塔の片付けを終えたサイダイジ達。

サイダイジ「ふう、ようやく終わったぜ・・・」
KTナラ「ピィィィィィィーーーー!」
サイダイジ「てめーはずっとピーピー言ってただけじゃねーか!焼き鳥にするぞ ボケ」
KTナラ「(ブチっ)ピィィィィィーーーー!」

KTナラのインファイトがサイダイジに炸裂!!

サイダイジ「あーだだだだだ、コイツインファイト使えることすっかり忘れてたぜ!!」
アマガサキ「同胞の技も理解していなかったとは、愚かにも程がある」
イガウエノ「・・・・・ウラヤマシイ・・・・」
サイダイジ「ところでヘカテーの奴はどこへ消えた!!?」
アマガサキ「彼女は神出鬼没。どこかへ行かれたのだろう」
サイダイジ「あー、そうかいそうかい。ったく、よくわからん奴だな」
KTナラ「ピィィーーー・・・ピ?・・・!!!」
アマガサキ「?、KTナラ殿、どうか・・・ん、上空から何か・・・な、あっ、あれはッ!!」
サイダイジ「あれは・・・ウエロク様だ!」
イガウエノ「・・・・ナント・・・・」
アマガサキウエロク・・・ロンシャン様に直接仕えるR団の中でも最高クラスの幹部・・・何故ここに」
ウエロク「・・・・・・・・・」

ウエロクはゆっくりサイダイジ達の元に降りてきます

サイダイジ「これはこれはウエロク様、ご機嫌はいかがでしょうか???」
KTナラ「ピ・・・ピピィー」
アマガサキ「な・・・何か御用でありますか」
ウエロク「・・・・・」ウエロクは押し黙っている。
サイダイジ「(やべぇ・・・めっちゃ気まずい)」
イガウエノ「(・・・・コワイ・・・)」

その瞬間、ウエロクは4匹の方を見た。

イガウエノKTナラサイダイジアマガサキ「!!!!!」
ウエロク「ひどくやられたものだな・・・まさか、あの虫ケラ共に塔が焼き討ちにされるとは」
サイダイジ「あ・・・あー、ハイハイ(アマガサキに小声で)本当はお前が火吹きすぎたからだがな」
アマガサキ「うーむ・・・・」
KTナラ「ピィー、ピーピー」
ウエロク「全く、これでは再建するのに何年かかることか」
サイダイジ「申し訳ございません、我々は必死に応戦したのですが・・・」
ウエロク「言い訳はいい・・・。それよりもだ。今日付けでお前達の部隊の解散が幹部会議によって決まった」
イガウエノKTナラサイダイジアマガサキ「!!!!!」
ウエロク「拠点が焼け落ちてしまったからな・・・。サイダイジKTナラ及びイガウエノは私の傘下に編入。アマガサキHSウメダ傘下の部隊へ異動、ヨドヤバシテンマバシの部隊、ヘカテーは別動隊へ異動だ」
サイダイジ「あの、この場にいない者には・・・」
ウエロク「ああ、私が各自に伝えておく、以上だ。新しい仕事場でも頑張りたまえ」

そういってウエロクは再び飛び立っていった。

サイダイジ「解散かよ・・・。塔を燃やしちまったからか?」
アマガサキ「独立部隊から幹部の直轄部隊なら、左遷ではなく出世では」
サイダイジ「そうだけどよー・・・、てかテンマバシって誰だよ!!」
アマガサキR団は広い。我々の未知の幹部がいても不思議ではあるまい」
KTナラ「ピィィィーーー」