R団の野望

あゆみ(ミミロップ) 「ロンシャンさま~♪」
団長 「なんだい?」
あゆみ 「もう、返事くらいしてくださいよ。」
団長 「したじゃないか。」
あゆみ 「あ、ごめんなさい。私、耳がもふもふで小さい声だと聞こえにくいんです。」
団長 「それは不便だな。」
あゆみ 「できれば、オーバーアクションくらいの振りを付けて話をしてください。」
団長 「こー・か・い・な!!」
あゆみ 「わかる。わかる。そんな感じ!」
団長 「そ・れ・は・よ・ろ・し・お・ま・し・た・な!」
あゆみ 「きゃはははは。今度はコマネチ~ってやってみて!」
団長 「コマネチ~♪」
あゆみ 「きゃははは。ロンシャン様。古すぎですぅ。」
団長 「お前、おちょくっとるやろ?」
あゆみ 「ばれましたか。」
団長 「それで、用件は何だい?」
あゆみ 「そうそう。それです。あのね・・・。」
団長 「なんやねん。」
あゆみ 「いとこいのものまねなんかしても誰も気づきませんよ。」
団長 「お前、最近ツッコミが鋭くなってきたな。」
あゆみ 「ジョウトポケモンだからサービス精神旺盛なんです。」
団長 「って、お前シンオウ出身じゃなかった?」
あゆみ 「いいんですよ。どうせこのウィキは、ご都合主義ですから。」
 「このウィキは、時代考証なし、物理法則無視、後付設定大いにあり、な~んでもあり。」
団長 「それで、用件は何だい?」
あゆみ 「あのですね。私たちって最近ロケット団化してませんか?」
団長 「そりゃラブリーチャーミーな敵役だからな。」
あゆみ 「あ~ん、違うでしょ。私たちにはもっと崇高な目標があったはずです。」
団長 「昆虫採集?」
あゆみ 「違う。違う。」
団長 「奈良県征服?」
あゆみ 「せめて三重県征服にしてください。」
団長 「そうだな。せっかく団になったんだから、何か目的を持とうかな。」
あゆみ 「私が考えてあげますよ。いいアイデアがあるんです。」
団長 「どんな案だい?」
あゆみ 「まず団員は、1日1万歩以上歩きます。」
団長 「ずいぶん健康的な団だな。」
あゆみ 「それでたまったワットでダウンジングをして、拾ったアイテムを売って大金持ち!」
団長 「・・・・・・何かそれって志が低くないか・・・・・・・。」
あゆみ 「それじゃあ、ものひろいパチリス6匹連れて、アイテム拾いまくり!」
団長 「お前、落ちてるもん拾うの好きだな・・・・。」
あゆみ 「タダより安いものはない!空き缶やゴミも拾えば社会奉仕もできて一石二鳥。」
団長 「もっと、まともなアイデアはないのかよ・・・。」
あゆみ 「ところでR団のRって、どんな意味なんですか?」
団長 「い、意味なんて知らなくていいよ。たとえばR指定のRの意味なんて知らないだろ。」
あゆみ 「RatingのR。日本語では等級です。」
団長 「ほら知らない・・・。って!何でそんなこと知ってるんだよ。」
あゆみ 「常識です。」
団長 「じゃあCERO指定のCEROは!」
あゆみ 「コンピュータエンターテインメントレーティング機構。」
団長 「じゃあ、ロリコンは!ロリコンは何の略だよ!」
あゆみ 「ロリータコンプレックス。」
団長 「そんなこと知らなくてもいいんだよ!」
あゆみ 「語るに落ちたか。」
団長 「そんなことより、僕は、もう目標を決めているんだ。」
あゆみ 「どんな目標ですか?」
団長 「氷の女王に喧嘩を売りに行く。」
あゆみ 「冷凍の部屋なんて、もう誰もいませんよ。」
団長 「蟲の女王にはコケにされたからな。今度は、氷の女王を制服してやる。」
あゆみ 「え?」
団長 「引きちぎって!踏みにじって!黄色い帽子かぶらせて!幼稚園鞄をタスキがけさせて!お兄タンって呼ばせてやる!」
あゆみ 「それって、めっちゃ危ないですよ・・・。ところで勝算はあるんですか?」
団長 「ふ。僕にぬかりはないさ。ピッ!」
マグカルゴ 「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
あゆみ 「あ!マグカルゴ!」
団長 「体温が1万度を超えるポケモンだよ。これで、雪山に登っても僕らが凍えることはない。」
あゆみ 「恒星並の体温って、私たちが先に蒸発してしまうのでは・・・。」
団長 「ポケモン図鑑に嘘はないさ。それに効果はそれだけじゃない。」
あゆみ 「あ!それってタマゴですね。」
団長 「そうさ。こいつと一緒にタマゴを連れ歩くだけで孵化が早くなる。R団の団員も増えて一石一万鳥さ。」
あゆみ 「そんなにお得でもないような・・・・。」
団長 「お前も1個持つんだぜ。ほい!」
あゆみ 「あーん。こんなの持ち歩けませんよー。」
団長 「つべこべ言うな。僕も2個持つんだからな。さあ出発するぞ!」
あゆみ 「あーん。勘弁してくださいよー。」

【約1時間後】
あゆみ 「ロンシャンさまー。」
団長 「何だよ。」
あゆみ 「出発してからほとんど前に進んでませんよ。」
団長 「やっぱりカタツムリを仲間に入れたのはまずかったかな・・・。」
あゆみ 「徒歩じゃなくて近鉄特急乗りましょうよー。」
団長 「最初からそのつもりだよ。今、駅に向かってるんだぜ。」
あゆみ 「もう!いつになったら駅につくんですか!」
団長 「まあ。今日中にはつくだろ。」
あゆみ 「もう知りません。ロンシャンさま。」

<<R団の野望・とりあえずおしまい>>

(2009.9.23)