クロフネ

ロンシャンのポケモン。
何の変哲もないガブリアス

  • タイプ一致の大地震は驚異と主に味方から恐れられている。(というはるか♪氏の設定)


  • 彼もORIGINへの協力者。サムソンの同僚である。

  • しかし彼は何と 作者に存在を忘れられてしまう というあんまりなオチにより、とんでもない方向性にキャラクターが変わってしまった。

  • ロンシャン(作者)が「彼の到着シーンがない」ということに気付いた時には時既に遅く、この緊急事態を「原因不明の報告遅延」として誤魔化す他なかった。
    • その後はるか♪氏の話で再登場させられた際には、「この戦いが終わったら自分が主役だ」と思い込んだ挙句に「ヘリ相手に地震を撃って他を全滅させる」という、自己顕示欲だけが強い、ただの自惚れたマヌケキャラになっていた。

  • その後、女王R団の壊滅を「ヘリで悪戯したら誰かが勝手に地震撃って全滅した」と記録し、「R団の崩壊は偶然起きた事故である」と結論付けている。


R団壊滅の瞬間を目撃したあゆみさんの証言】
最初は優勢だったんです。
数だって私たちの方が上だったし。
女王の急襲でした。
あの人、見境なしでした。
イコマ山山頂が戦場になりました。
強敵でしたが、私たちだって負けていません。
R団のポケモン全員が出て・・・
すごい戦いをしたんです。
でもそのとき……………。

私、見たんです。
龍の格好をしたポケモンでした。
そいつは混戦の中、影みたいに佇み一つの技を繰り出した。
実在するんですね・・・
あんな技が。
たったひとつの技であんなことができるんですね。ポケモンは・・・。
最高クラスの破壊技『じしん』
それを味方複数同時に攻撃する幻の一致大技『大地震』
あの1発で何百匹のR団のポケモンが倒れたのか・・・。
生き残っている仲間がどこで戦っているのかもわからない。
……………。うぅ・・・・。壊滅したんです・・・。
Culdcept エンダネス島攻防戦より

  • そもそもそうさせられた理由は作者が彼の出番を入れ忘れたからであり、彼自身には全く罪はない。

  • 彼の悲劇はHSウメダに続き、ロンシャン(作者)にとって非常に苦い教訓となった。どうも、作者の都合とネタ重視で無理矢理登場させられ、責任転嫁された感がある。
    • キャラクターやポケモンの個人的な好き嫌いだけでこんなぞんざいな扱い方をしたのではないか?そもそも深く考えずに成り行きだけでという可能性も以下省略(ロンシャン(作者)談)

添付ファイル