※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

++カイ♪とむう♪++

むう♪ 「何これ?何なンだよ!これは!!!!ゆきちゃん!!ゆきちゃん!!!!」
??? 「これは惨いな。」
むう♪ 「誰?」
カイ♪カイリュー) 「ふむ。俺の名はカイ♪
むう♪ 「氷のドラゴン!敵?!」
カイ♪ 「構えずともよい。敵意はない。」
むう♪ 「氷の女王の仲間じゃないの?」
カイ♪ 「氷の女王に敵対するものではないが、従属するものでもない。」
むう♪ 「・・・そんなことより、早くゆきちゃんを助けて現代に戻ってポケセンに連れていかないと。」
むう♪ 「お前には、その氷の魔物を助けることができないぞ。」
むう♪ 「どうしてだよ!」
カイ♪ 「氷の槍が、その魔物の躰ごと永久凍土を射抜いておる。お前の力だと氷の槍を抜くことはできぬ。」
むう♪ 「魔物じゃないよ・・・。ゆきちゃんだよ。そしてボクは、むう♪だ・・・。」
カイ♪ 「ふむ。」
むう♪ 「ねえ。知ってるンだったら教えてよ。ゆきちゃんを助ける方法を。」
カイ♪ 「助けることは、もうできぬ。魂を救うことしかできぬ。」
むう♪ 「どういうこと?」
カイ♪ 「ふむ。よかろう。教えてやろう。」

カイ♪ 「通常、人間が槍に射抜かれれば、肉体が傷を負う。その傷が大きければ、肉体はやがて機能しなくなる。そして、魂が肉体を離れ、その人間は死を迎える。魂の抜けた肉体は腐り、朽ち果てる。」
 「しかし、その槍は、氷の女王の魔力が秘められた氷の槍。極寒の冷気を放つ魔法の槍だ。その槍に射抜かれても、傷は広がらない。躰が凍り付いてしまうのだ。」
むう♪ 「それって、どういうこと?」
カイ♪ 「つまり、氷の槍に射抜かれても死なないのだ。肉体は、凍り付き、朽ち果てることはない。また、魂も肉体と共に凍り付いてしまい、肉体から離れることもない。死なないというより死ねないと言う方が正しいのかもしれん。」
むう♪ 「ってことは・・・。槍を抜いちゃうと・・・。」
カイ♪ 「そのとおり。仮に強力な魔力を得て、氷の槍を溶かし、または引き抜くことができたとしても、そのときは、傷ついた躰が再び滅びに向かって動き出す。射抜かれた者の肉体は、やがて機能を停止し、その者は、死を迎えることとなる。」
むう♪ 「・・・・・・そんな・・・・・・。」
カイ♪ 「槍に貫かれたまま、永久にこの地に呪縛されるか。殺して魂を救ってやるか。そのいずれかだ。」
むう♪ 「・・・・・・・・・・・・。」
カイ♪ 「むう♪よ。いずれもお前が選ぶことのできる選択ではあるまい。」
むう♪ 「・・・ボクは・・・。ここにいる。ずっとゆきちゃんのそばにいる。」
カイ♪ 「ふむ。」
むう♪ 「ボクがゆきちゃんを殺すなんてできない。だからボクは、ここにいてずっとゆきちゃんのそばにいることしかできない。」
カイ♪ 「ふむ。」
むう♪ 「誰かが・・・。誰かゆきちゃんの魂を救うことができる人間がここに現れるってことはあるの?」
カイ♪ 「それは、わからない。」
むう♪ 「・・・カイ♪。栄光の勇者って知ってる?」
カイ♪ 「栄光の勇者?全く聞いたことがないな。」
むう♪ 「そう・・・。」

カイ♪ 「むう♪よ。その首に掛けているものは何だ。」
むう♪ 「これ。お守りだよ。」
カイ♪ 「ふむ。俺は、氷の槍がお前たちに向かって飛んでゆくのを見ていた。」
むう♪ 「・・・・・・・・・・・。」
カイ♪ 「氷の槍は、お前をめがけて飛んでいた。槍が当る瞬間、その娘はお前と体を入れ替えたのだ。」
むう♪ 「・・・・・ゆきちゃん・・・・・・。」
カイ♪ 「むう♪よ。すぐ近くに俺のねぐらがある。ついてこい。」
むう♪ 「・・・・・・・・・・・・・・・・・」

【分岐】
1 過去の栄光の勇者編を読んだ。 → おばけの3人娘6
2 過去の栄光の勇者編を読んでいない。 → 過去の栄光の勇者

(2009.9.19)