++おばけの3人娘3++

ゆきこ♪ 「うちを選んでくれたんやね。おおきに。」
むう♪ 「いえ。どういたしまして。」
 「あれ?ゆきちゃん何食べてるの?」(いつの間に食べたンだろ?)
ゆきこ♪ 「爽やけど。」
むう♪ 「そうやけどって・・・。それってアイス食べてるじゃン。」
ゆきこ♪ 「だからさっきから爽や言うてるやん。あ。ひょっとしてむう♪も欲しいん?」
むう♪ 「え?いいの?ボクにもくれるの?」
ゆきこ♪ 「口に入れたげる。あ~んしぃ。」
むう♪ 「あ~ン♪」
ゆきこ♪ 「はい。どうぞ。」
むう♪ 「(^~^)」
ゆきこ♪ 「あっ。しもた。」
むう♪ 「どうしたの?」
ゆきこ♪ 「間違えて、醤油飲ませてもたわ。」
むう♪ 「ぶぅぅぅーーーー!!!」
ゆきこ♪ 「堪忍な。」
むう♪ 「普通間違えるか!!!」
ゆきこ♪ 「ごめん。ごめん。お詫びにもう一口食べさしたげる。」
むう♪ 「おい。」
ゆきこ♪ 「何なん?」
むう♪ 「その手に持ってるのタバスコだろ!」
ゆきこ♪ 「あっ!また間違えてもた。ごめ~ん。」
むう♪ 「わざとやってるだろ・・・。」
ゆきこ♪ 「ばれた?しゃあないね。」

ゆきこ♪ 「あんな。うちむう♪にだけは、聞いてほしいことあるねん。」
むう♪ 「何?」
ゆきこ♪ 「うち雪女やねん。」
むう♪ 「知ってるけど・・・。」
ゆきこ♪ 「誰にも言うたらあかんで。」
むう♪ 「みんな知ってると思うけど・・・。」
ゆきこ♪ 「話の本番は、今からや。昔々ある村に老人と若者の2人のきこりが住んでてん・・・。」

ある冬の日、2人が森に出かけたところ、吹雪になってしまい村に帰れなくなってしまいました。
2人は、小屋を見つけ、そこで朝まで寝て過ごすことにしました。
真夜中、顔に吹き付ける冷たい雪を感じて若者が目を覚ますと、美しい女が小屋の中にたたずんでいるのです。
女が眠っている老人にふぅっと息を吹きかけると、老人は凍って死んでしまいました。
その後、女は、若者の顔を見つめていましたが、冷たい笑みを浮かべてこう言いました。
「あなたは若くてきれいだから、助けてあげる。だけど、今夜のことを誰にも言ってはいけません。誰かに言ったらあなたを殺します。」
それから数年して、若者はお雪という、色の白い美しい女と出会います。
2人は恋に落ち、結婚してたくさん子供をもうけました。
でも、お雪は、何年たっても一向に年をとらず、ずっと美しいままなのです。
ある夜、お雪に、もうええおっさんになってしまった若者が言いました。
「おまえを見ていると、不思議なことを思い出すんだ。あの日、おまえにそっくりな美しい女に出会った。恐ろしい出来事だったが、あれは夢だったのだろうか・・・。」
おっさんがそういうと、お雪は悲しげな顔をして言いました。
「それは、私です。あのとき、あなたに、もしこのことを人にしゃべったら殺すと言ったはずです。」
「お前は、俺を殺すのか。」
「いいえ。実はうち、近所のおばさんらに、もう全部しゃべってもた。」

むう♪ 「・・・・・・・・・・・・・・・。」
ゆきこ♪ 「おしゃべりな妻を持つと旦那は幸せになれるってお話や。」
むう♪ 「・・・最後まで真面目に聞こうとしたボクの時間を返してくれる?」
ゆきこ♪ ぽろ
むう♪ (・・・え?涙・・・)
ゆきこ♪ 「びえぇっ!」
むう♪ 「え?え?」
ゆきこ♪ 「ふえぇぇぇーーーーん!!」
むう♪ 「え?ボクが泣かせたの?」


(2009.9.15)