さて、再び女王に牙を剥くべく出撃したむしとり少年はどうなったのかといいますと・・・

ロンシャン「さーて、来てみたはいいものの・・・何もねええええええ!!!野生のポケモンの1匹もいねえええええ!」
あゆみ「何でー!?何でもぬけのカラなのー!?」
?????「うーむ、どうやら我々が来ることを見抜いて逃げ出してしまったか、我々を葬るべく罠を仕掛けたのか・・・」
ロンシャン「仮に後者だったら僕ら死亡フラグだよねぇ(苦笑)」
あゆみ「ええええー、イヤだー!私まだ死にたくないーっ!!」
?????「死にたい輩がどこにいるのかが知りたいですな」
ロンシャン「前者であることを祈りたいね、でもここは女王の領地だし、誰か居てもおかしくはないはずじゃ・・・」

ガサガサ!
ロンシャン達の後ろで 何かが動いた!

あゆみ「!!?イヤーーーーーっ!!!」
ロンシャン「ぬおわーい!?」
?????「何だ!?敵襲か!?」
サンノミヤ(キュウコン)「失礼しちゃう、私よ!アマガサキ様の家内、サンノミヤよ!」
ロンシャン「お 前 か い、正直にビビったわ」
あゆみ「なーんだ、ビックリして損しちゃった」
?????「お前の悲鳴の方がよほどびっくりだがな」
ロンシャン「集合の中にいないと思ったら・・・まさかここのポケモン全部焼き尽くしちゃったとか?」
サンノミヤ「まさか、この華麗でか弱い私がそんな大それたことできませんよー!」
?????「「(確かに華麗かもしれんが、か弱いか・・・?)
ロンシャン「じゃあここのポケモンはどこへ行ったんだ?」
サンノミヤ「私が見てる間にみんなどこかへ行っちゃった。ハロウィンのパーティがあるとか何とかで」
ロンシャン「・・・何じゃそら」
?????「そういえば、他にも集合に来てない連中がいましたな。探しに行きますか?」
ロンシャン「そうだなぁ、ここにはもう何もないし」
サンノミヤ「えー、私ハロウィンパーティ行きたーい」
?????「行きたければ行くがいい、逝くかもしれんがな」
サンノミヤ「・・・・・」

<<多分続かない。時間があったらまた会いましょう>>