++酔いどれリーダー++

むう♪ 「じゃあリーダーンとこに行こうよ。」
まりさ♪ 「うん。」
むう♪ 「確かリーダーは、場末の酒場に地縛してたよね。そこに行ってみよ。」

ここは、さびれた飲屋街。このウィキみたいにほとんど人を見かけません・・・

むう♪ 「ねえー!リーダー!出てきてよー!」
???ゲンガー) (ドロン)「何だよ?・・・ヰック!・・・」(※ヰ→ウィ)
まりさ♪ 「うわ!酒臭さ・・・」
むう♪ 「もう!リーダー!何、真夜中から飲んでるンですか!」
まりさ♪ 「目が真っ赤っかだよ・・・。このおっさん。」
おイヒけ♪ 「ヰック!酒は百薬の長ってんだ。不老長寿の秘薬だぜ。」
むう♪ (・・・もう死ンでるのに・・・)
おイヒけ♪ 「まりさ♪が、お酌してくれるのかい?ヰック!」
まりさ♪ 「お断りします。」
おイヒけ♪ 「ちぇっ!つれないな。ヰック!じゃあ、何か小粋な宴会芸でも頼むぜ。」
まりさ♪ 「歌でも歌ってあげましょうか?w」
むう♪ (・・・えっ?!・・・)
おイヒけ♪ 「お?それいいねえ。1曲頼むぜ。ヰック!」
まりさ♪ 「じゃあ、逝きますよ♪」
むう♪ (・・・えっ?えっ?・・・)
まりさ♪ 「ほ~~~♪・ろ~♪・び~~♪・の♪・う~♪・た~~~~♪♪」
おイヒけ♪ 「うおおおお!!これは!滅びの歌じゃねえか!」
むう♪ (・・・やっぱし・・・)
おイヒけ♪ 「後退だ!いや。交代だ!!誰か後退してぇーー!!」

おイヒけ♪ 「はあ。はあ・・・。」
まりさ♪ 「酔い醒めた?」
おイヒけ♪ 「吹っ飛んじまったよ!!」
むう♪ 「酔いが醒めたら、ボクたちの用件を聞いてよ。」

むう♪ 「・・・かくかくしかじかって、訳なンだよ。」
おイヒけ♪ 「ふーん。そのTrick何とかってのは聞かねえなあ。」
むう♪ 「そうですか・・・。」
おイヒけ♪ 「ひょっとしたら、3人娘なら何か知ってるかもな。」
むう♪ (・・・3人娘?・・・)
おイヒけ♪ 「そういえば、関係ないかもしれないが死後の部屋が誰かに乗っ取られたって聞いたな。」
むう♪ 「え?そうなんだ。それでリーダーは部屋の奪還を考えてるの?」
おイヒけ♪ 「俺たちは、おばけだぞ。誰かが乱入してきても別の部屋に移動すれば済むことだ。」
まりさ♪ 「確かにそうね。別ンとこに死人の部屋って隠し部屋もあるもんね。」
おイヒけ♪ 「壁を抜けて移動なんて容易いことだぜ。」

むう♪ 「ねえ、姉ちゃん。」
まりさ♪ 「何?」
むう♪ 「ここは分岐点だと思うよ。どっちを選ぶ?」
まりさ♪ 「リーダー3人娘かってことね。」
むう♪ 「うん。たぶんリーダーがバトル・冒険路線で、3人娘がラブコメ路線だと思うンだ。」
まりさ♪ 「あたし的には、どっちでもいいけど。でも、あんたちょっと読み甘くない?」
むう♪ 「え?」
まりさ♪ 「作者の性格からして、冒険と見せかけてBL路線もありかもよ。」 
むう♪ 「それは困る。」
まりさ♪ 「どうして?」
むう♪ 「だって、そのシチュエーションだとキャラ的にボクが受け確定じゃン!」
まりさ♪ 「きゃはは。あたしは、百合なら攻め受け両刀OKですけどね。」
むう♪ 「ボクは、まだ腐ってないんだよ・・・。」

おイヒけ♪ 「おーい。お前ら、2人で、何ごちょごちょやってんだよ?で、どうするんだよ?」

【分岐】
リーダーを説得する。 → 過去の栄光の勇者
3人娘に会ってみる。 → おばけの3人娘

(2009.9.6)