【マダツボミの塔・入口の部屋】

ヤマメ♪アマガサキが対峙しています
火の手が強くなってきました

ヤマメ♪ (…完全に不利…)
アマガサキ 「お嬢さん、さっきから攻撃をよけてばかりだな」
ヤマメ♪ (…今のサポート型の技構成だと勝ち目がないんですけど…)
 「イーーだ!」(`皿´)「今から逆転するのがあたいだよ!」
アマガサキ 「ふ。威勢だけは相変わらずか」
ヤマメ♪ (…どくどく使っても、あいつねむる持ってるし…)
 (…それよりも、あたいの方がもう体力限界かも…)
アマガサキ 「では、とどめをさして進ぜよう」
ヤマメ♪ (…お願い誰か。誰か助けて!…)

??? 「待たせたな!!マイハニー!」
??? 「ハニーは俺っちだぜ!」
??? 「ピーピキ!」
ヤマメ♪ 「チョキン♪!!ハチ♪!!タマ♪ちゃん!!」

チョキン♪ 「状況は飲み込めたぜ!ハチ♪タマ♪ちゃんは子どもたちを探してくれ!」
ハチ♪ 「ガッテンだ!」
タマ♪ 「ピーピキ!」

チョキン♪ 「じゃあヤマメ♪は俺と交替だ」
ヤマメ♪ (…ぐすん…)「バトンタッチ!」
チョキン♪ (…勝ち気のヤマメ♪が涙目か…)

ヤマメ♪ 「あたい…イ♪たちを追いかけるよ…」
チョキン♪ 「ゆっくり休めと言ってやりたいが仕方ないな」
ヤマメ♪ 「それであんたに言っておきたいことがあるの…」
チョキン♪ 「ん?」
ヤマメ♪ 「あたい、あんたが好き!」
チョキン♪ 「知ってたよ」
ヤマメ♪ 「ふん!キザね。でね…イ♪も好き…」
チョキン♪ 「知ってたよ」
ヤマメ♪ 「ふん……あんた優しすぎて意地悪だね」
チョキン♪ 「じゃあ、俺も言うぜ!お前が好きだ」
ヤマメ♪ (……………)「ふふ。あんたやっぱり優しすぎて意地悪だよ」
 「それじゃあ。あたい行くよ」
チョキン♪ 「頼んだぞ!」(…イ♪を頼むぞ…)

チョキン♪ (…俺の想いは告げることができた…)
 「さあアマガサキさんよ!あんたには借りがある!ヤマメ♪の分と併せて返すぜ!」
アマガサキ 「また返り討ちにするまで!!まいる!!!」
チョキン♪ 「うおおぉぉぉぉぉーーーーー!!!!!」

<<つづく>>