【この外伝は、本編のお話とリンクしていないところが少しあります】
【あしからずご了承くださいませ】

ここはあるオフィスビルです
R株式会社って看板に書いてあります
Rって何のR?

マンムーのヨドヤバシ課長が出勤してきました

あゆみ(ミミロップ) 「課長おはようございま~す。お茶で~す」
ヨドヤバシ 「おはよう。あゆみちゃんありがとう。君はお盆休みはとらないのかい?」
あゆみ 「わたしは9月に業務課のヘカテーちゃんとオーストラリア旅行ですよ」
ヨドヤバシ 「ああそうだったな」
あゆみ 「で、さっきサイダイジ部長が課長を探してましたよ」
ヨドヤバシ 「そうか。部長室に行ってみるよ」

ヨドヤバシ (…部長の用件なんてろくなものがあった試しがない…)

部長室です
ヨドヤバシ 「部長。おはようございます」
部長(ボスゴドラ) 「ああよくきたヨドヤバシ君」
ヨドヤバシ 「ご用件は何でしょうか?」
部長 「今日は、ほとんど誰も出勤していないのかね?」
ヨドヤバシ 「今日はお盆ですから…」
部長 「ふむ。ところでヨドヤバシ君、君の課は実績がよくないよ」
ヨドヤバシ 「申し訳ありません」
部長 「それで社長からの指示書だ」
ヨドヤバシ 「はは」
部長 「詳細は秘書のイガウエノ室長からメールが入るそうだ」
ヨドヤバシ 「わかりました」
部長 「頼むよヨドヤバシ君。ワシも来週は温泉旅行で夏休みをとらしてくれよ」
ヨドヤバシ 「はは。ゆっくりと休んでください」

ヨドヤバシ (…指示書は部屋に帰ってから読むとするか…)

給湯室前です
あゆみ 「それでさあ。そこのディナーがさあ…」
ヘカテー(シャワーズ) 「スパークリングワインがさあ…」
ヨドヤバシ (…女の子たちが給湯室会議の真っ最中だな…)
 「よ!盛り上がってるね。なんの話だい」
ヘカテー 「前に行ったレストランですよ~」
あゆみ 「それでね。課長そのお店のデザートがね……ぺちゃらくちゃら…」
ヨドヤバシ (…まあ今日はほとんど誰も出勤していないし、おしゃべりもいいか…)

ヨドヤバシ 「そういえば、新しく秘書課に入ったふぶき♪ちゃん来てないの?」
あゆみ 「やだー。課長あの子お気に入りなんですか~?」
ヘカテー 「そういえば、ヨドヤバシ課長まだ独身でしたよね~」
あゆみ 「でも課長あの子はやめといた方がいいですよ」
ヘカテー 「なんか得意先の偉いさんのコネで入ったみたいだけど、ちょっと変わってるよね~」
あゆみ 「不思議ちゃんって感じ」
ヨドヤバシ 「ふ~ん。そうなの?まあ君たちも適当におしゃべりは切り上げて仕事に戻ってよ」
あゆみヘカテー 「は~~い」

ヨドヤバシ (…さて、社長の指示書を読むか…)
 (…えっと。何々…害虫駆除…なんだこりゃ?…業務課の仕事じゃないか…)
 (…詳細は、秘書室長のメールが来てるって言ってたな…)
 (…どれどれ。本日1時ころ鶴橋駅前雑居ビルのハチの巣を駆除すること…)
 (…その時刻ころ、虫の一行が近くを通過する予定なのですべて捕獲すること…)
 (…なんなんだこれは?…)

 (…秘書室長は切れるから社長の懐刀だけど…)
 (…ただ、腹に何があるのか分からない人だからな…)

ヨドヤバシ 「おーい。アマガサキ君はいないのか?」
あゆみ 「アマガサキさんなら出張に行ったきり連絡ないんですよー」
ヨドヤバシ 「そうなのか…」

 (…は真面目なんだが融通がきかないんだよな…)
 (…だから出世できないんだよ…まあ俺も似たり寄ったりだけど…)

ヨドヤバシ (…仕方がないか。自分で行って処理するか…)
 (…予定は昼過ぎだったな…ちょっと早めに出て駅前で昼飯食うか…)
 (…あの店のうな重が食いたいな…でもざるそばにしとくか…)
 (…給料下がったばっかりだからな…)
 (…夏休みいつ取ろっかな?しかし予定ないよな…)
 (…そろそろ嫁もほしいよな…)
 (…やっぱ、仕事こなして出世して給料上げないと、嫁の来手もないか…)
 (…つまんねえな…ざるそばやめて、せめて牛丼にしようかな…)
 (…昼からも暑くなりそうだな…)

<<中間管理職の昼下がり・完>>