炎天下のもとチョキン♪アマガサキが対峙しています

チョキン♪ 「俺もあんたと同じだ。2度同じことは言わねえ。ひけ!」
アマガサキ 「主命は絶対!まいる!」
チョキン♪ 「じゃあ一撃で決めてやるぜ!地震!!!」

ゴゴゴゴゴゴゴッ!!!
効果抜群だ!
ヤマメ♪ 「やった一撃よ!」

ガシュ!ガシュ!アマガサキはきあいのタスキで持ちこたえた
ヤマメ♪ 「えっ?何?」
チョキン♪ 「しまったーーー!!!」

アマガサキのカウンター!!
クルリン!バチコーーーン!

グゥウィーイ……
チョキン♪は倒れた

ヤマメ♪ 「ちっ!次あたいが行くよ!」
アマガサキ 「貴様らすべてを倒す!さっさと来い!」
ヤマメ♪ 「あたいを誰だと思ってんだい!これでジエンドよ!ふいうち!!!」
アマガサキの日本晴れ!!
ピロロピロロキラリン!
ヤマメ♪のふいうちは外れた

ヤマメ♪ 「ちっ!読まれた!」
しとり♪ 「ふえーー。この炎天下に日本晴れなんて勘弁してけろーー!」
チョキン♪ 「うぅ…」(…これでやつの炎技を誰も受けきれなくなったぞ…)

ヤマメ♪ 「じゃあ今度はこれよ!どくどく!」
アマガサキはねむるを使った!
ヤマメ♪のどくどくは外れた

ヤマメ♪ 「やばっ!また読まれた!」(…今のあたいの技構成じゃ勝ち目ないかも…)
イ♪ 「ヤマメ♪!交替だ!!」
ヤマメ♪ 「くやしいけど、お願い。だけどタダでは引かないよ!」

ヤマメ♪の高速移動!ヤマメ♪のすばやさがぐーんと上がった
アマガサキは、ぐうぐう寝ている

ヤマメ♪のバトンタッチ
イ♪が登場した
チョキン♪ (…あのジコ虫だったあいつがサポートに徹するとはな…)
アマガサキは、はやおきで目を覚ました
チョキン♪ (…しかしイ♪よ。お前持ち物忘れてるぜ…)

アマガサキ 「御仁は素手で勝負を挑んでくるというのか。よかろう受けて立つ!」
イ♪ 「おい。俺たちは進まなきゃいけない理由があるんだよ。通してくれよ」
アマガサキ 「くどい!通りたければ我が屍を越えて行け!」
 「これを食らえ!渾身のぉオーバーヒーートーーー!!!!」
イ♪ 「ちくしょーーーーー!!インファイトーーーーー!!!!!」
アマガサキのオーバーヒートとイ♪のインファイトがクロスします

チビ 「父ちゃーーーーーん!!!!」
ヤマメ♪ 「イ♪ーーーーー!!!!」

アマガサキ 「………………」
イ♪ 「………………」

しとり♪ 「えっ?えっ?今のどうなったの?」
ヌケサク♪ (………………………………)
チョキン♪ (…今のはイ♪がわずかに早かった…)
 (…ヤマメ♪のサポートに救われたな…)

チビ 「ちくしょー!今度は僕が相手だ!」
アマガサキ 「やめいチビ!我々の負けだ。これで終わりだ」
 「ふ…済まんがチビ肩を貸してくれ…」
イ♪ 「あ…手当なら俺たちも手伝うぜ」
アマガサキ 「黙れ!!このキズが癒えたらすぐに貴様らに追いつき、その喉笛食いちぎってやる!」
 「だから、早く行け!」
イ♪ 「……わかったよ……」

ハチ♪ 「ちょっと待ちやがれ!」
アマガサキ 「むっ!まだ何かあるのか」
ハチ♪ 「あたりきよ!俺っちまだ礼を言ってないぜ!」
 「感謝しているぜ!ありがとうよ」
アマガサキ 「礼を言われるようなことはしておらん…」
 「ふ………達者でな。今度は方向間違えんようにな」

アマガサキチビの肩を借り去っていきます
イ♪ 「…………………」
 「さあ俺たちも行こう。まだ先は長いぜ」

<<つづく>>