※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここは山間の小川です
川に沿ってハチ♪が飛んできました
小川のほとりで1匹のアメタマがハチ♪を見上げています

ハチ♪ 「ニンニキニキニン♪ニンニキニキニン♪」

アメタマ 「あのスピアーのおっちゃんに頼もう」
〃 「ねえ~!スピアーのおっちゃん!!」
〃 「聞こえないのかな?仕方がないなあ。えい!ハイドロポンプーーー!」

ハチ♪ 「うおっ!!なんだあ?!」
アメタマ 「ねえ~スピアーのおっちゃん!」
ハチ♪ 「なんだアメタマの小僧かよ。俺はおっちゃんじゃねえ!ハチ♪ってんだ」
アメタマ 「じゃあハチ♪さんのおっちゃん!」
ハチ♪ 「だからおっちゃんじゃねえ!ハチ♪だって。呼び捨てでいいぜ」
アメタマ 「わかった。で、お願いがあるんだ。ボクをこの上流の沢に連れてってくれない?」
ハチ♪ 「ガッテンだ!それ位ならお易いご用だぜ」

ハチ♪はアメタマを抱きかかえて川の上流に向って飛んでいます
ハチ♪ 「ところで上流に何があるんだい?」
アメタマ 「今晩ボクたちの種族の宴があるんだよ」
ハチ♪ 「お前もそれに参加するんだな」
アメタマ 「うん!だけどボクだけ下流に流されちゃったんだ…」
ハチ♪ 「そうか。ところでお前名前なんてんだい?」
アメタマ 「名前なんてないよ」
ハチ♪ 「それじゃ呼ぶのに困るな。俺が名前つけてやるよ」
アメタマ 「うん」
ハチ♪ 「そうだなあ。じゃあタマってのはどうよ」
タマ 「わあーかわいい名前!ありがとう」

ハチ♪ 「しかしセミがうるせえなあ」
タマ 「そう?ボクには素敵な恋のアンサンブルに聞こえるよ」
ハチ♪ 「おお?急に鳴きやみやがった!!あっ!あれはピジョンだ!俺たちが狙われてるぜ」

ハチ♪ 「タマは隠れてな!さあ来やがるぜ!それじゃこっちはこらえるだい!」
ピジョンはハチ♪をツバサで打ってきます。ハチ♪は必死に攻撃をこらえます

ハチ♪ 「ふー。耐えたぜ。実は次が狙いよ!がむしゃらだぜ!!」
ハチ♪は、がむしゃらでピジョンのHPを自分と同じ1に削ります

ハチ♪ 「ざまあみやがれ!あと一撃だぜ!」
ピジョンはハチ♪をクチバシでつつきます

ハチ♪ 「あり?ありり??」
ハチ♪は倒れました
タマ 「ああー!ハチ♪っ!!ピジョンめ!よくもやったなー!でんこうせっか!!」
ピジョン 「ピヨッピーッ!」
ピジョンは逃げていきました

タマ 「ハチ♪!大丈夫?もう宴の沢の近くだから、そこで手当をしよ」
ハチ♪ 「ざまあねえな…しかしタマは強いんだな」

<<つづく>>