イ♪チョキン♪は出発の準備をしています
そこにヤマメ♪がヌケニンを連れてやってきました

ヤマメ♪ 「よっ!イ♪チョキン♪
イ♪ 「お?そいつは…確かイガウエノとかいうやつ?!」
ヤマメ♪ 「イガウエノ改めヌケサク♪だよ。仲間になったんだ」
チョキン♪ (……………………)
ヤマメ♪ 「でね。一緒に連れてってほしいって。道案内をするんだって」
イ♪ 「まあ道案内は欲しいけど…大丈夫なのか?」
ヌケサク♪(ヌケニン) 「………ゴニョニョ…………」
イ♪ 「えっ?何言ってるか聞こえないぞ」
ヤマメ♪ 「お役に立ちますだって。この子はSKCなんだよ」
イ♪ 「何だそれ?」
ヤマメ♪ 「スーパー声がちっちゃい」
イ♪ 「ヤマメ♪はよく聞き取れるな…」

さらに、そこに1匹のバルビートが現れます

しとり♪(バルビート) 「おーいイ♪。みんなー」
イ♪ 「おおしとり♪じゃないか。何だい?」
しとり♪ 「実はおいらも一緒に…ダメかな?」
イ♪ 「そりゃ仲間が多い方がいい。大歓迎だぜ」
しとり♪ 「おいらどうせ足手まといにしかならないし…やめた方がいいって最初は思ったんだけど…」
 「でもやっぱり一緒に…荷物持ちでもいいから…」
ヤマメ♪ 「ちょっと!あんた何言ってるのよ!」
 「この救助隊はね、あんたがリーダーなってもいい位なんだよ!」
チョキン♪ 「ヤマメ♪もうやめとけ」
ヤマメ♪ 「それを何が荷物持ちよ!そんなんだからあんたはネ…」
チョキン♪ 「おい!いい加減やめないか!このバカ野郎っ!!」
ヤマメ♪ 「な、なによ!もう知らない!」

ヤマメ♪はどこかに行ってしまいます

イ♪ 「チョキン♪今のは確かにヤマメ♪が悪いが、バカはないだろ…お前わかってないな」
 「多分ヤマメ♪チョキン♪のこと…」
チョキン♪ 「スーパーバカはお前だ。イ♪が一番何もわかっちゃいない」
イ♪ 「なんだと!」
 「ちっ。まあいいや。出発の前に仲間割れしても仕方ない。」
しとり♪ 「あのぅ。おいら何か悪いことしちゃったかな?」
イ♪ 「あんたは悪くない。俺ヤマメ♪を連れ戻してくるよ」
チョキン♪ 「ああそうしろ。で、しとり♪すまなかった」
しとり♪ 「えっ?おいら何が何だか…」
ヌケサク♪ 「…………………………」

<<つづく>>