※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

金糸雀「ふっふっふーー!462回目の、今日の潜入は一味違うかしらー!今日はみっちゃんがくれたクリップという、とっとーきのアイテムで鍵穴にあわせて曲げれば、どーんな家でも侵入できるのかしらー!」
金糸雀「……の前に、策士とは言えども、おやつの時間はかかせないかしら…。今日のおやつは、この焼きたてメロンパンかしらー!…あら、猫ちゃんね。猫ちゃんにも少し分けてあげるのかしら~。」
シャナたん「猫じゃないもん!さっさとメロンパンよこしなちゃい!」
金糸雀「……!!ね、猫がしゃべったのかしらー!!!まさかのミステリーかしらー!!みっちゃーーん………。」
シャナたん「……?行っちゃったわ。まぁいいわ。それより、メロンパンよ!カリカリモフモフ…♪」



ハルヒ「ただいま~~…あら?家の前に何かいるわね。何かしら……?」



ハルヒ「見てよ、キョン!ほ~ら、メロンパンを食べる人面猫よ!家の前で見つけたのよ!」
キョン「ああ、そいつはめでたいこって。で、なんでオレはここ涼宮家に呼び出されにゃならんのだ?」
ハルヒ「もうこれは間違いないわね!宇宙人や未来人に匹敵するわ!」
キョン「まったくもってオレのことは聞いてようだな。まあ、もう慣れたことにしておかないと身がもたんな…。」
アスカ「あら?首飾りしてるじゃない、この子。前に飼い主がいたのね。」
翠星石「この猫、きっと性格が悪かったですぅ。その確固たる証拠に目がつり上がってるですぅ。」
シャナたん「うるちゃいうるちゃいうるちゃい!!」
ハルヒ「!!!………♪」
キョン「ね、猫が………!!」
アスカ「しゃ…しゃべった………!?」
翠星石「………ですぅ!!!」



悠二「シャナー?シャナー?……ってアレ?やけに静かになったと思ったら……、頭の上から落ちたみたいだ!大変だ!探さなきゃ!」


|柱|
|柱|_・) スー…
一美「あら……?今日は頭の上にいないのね……。偶然だったのね…。やっぱりアレは偶然だったのね…♪」