※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あ~・・・・俺だ。
まあちょっと待て、お前らの言いたいことは分る。何でハルヒ本人じゃないのかと。
お前じゃ萌えねーんだと。ま、それなりに事情が有ってだな?
まだ話したくないんだと。ハルヒ自身が。しょうがないんでこの俺が出張している訳だ。
ま、とりあえず詳細はハルヒの姉妹からお願いしよう。
ではアスカさん?お願いしまっす。


惣流=アスカ=ラングレーです。
おとといの朝。熱帯夜のせいで寝不足気味。とりあえず着替えて朝ごはんに。
ハル姉がフレンチトースト作ってました。・・・あたし、今日はごはん党なんだけど。
ハルヒ「毎日ごはんじゃ飽きるでしょーが。それとも何、あたしの飯は食えないって訳?」
はいはいごめんなさい。起き抜けに喧嘩はしたくありません。
翠星石はまだオネム?姿が見えないけど。ま、いいや。いただきま~す。

────・・・・・あれ?何?この違和感?
寝ぼけた頭でリアルタイムの情報を必死で解析。いつもと違う?あれ?コレは、
   ・・・・・────食卓が四辺全部埋まってる??

バブシャ────────!!!!
翠星石「ぎゃああああああああああああ!!!??」
驚くハル姉と私。庭を見ると、翠星石と水を噴出すホースが一緒にツイスト踊ってる!
翠星石「おおおオロチの呪いがこんな所にまでェ────!!?」」
ハルヒ「バカ、蛇口閉めなさい蛇口ギニャ────!?」
放水オロチキッチンに侵入。最高圧の水ブレスで朝ごはんを縦横無尽になぎ倒す!

・・・・・・翠星石はどうも水やりをしようとしていたようで。
結局朝ごはんは私の食べたフレンチトースト1枚半を除き、皆仲良く牛乳ケロッグと化しました。
ハルヒ「・・・・・・・翠星石、罰としてお昼無し」
翠星石「ううう・・・・・」  
 ・・・・・やっぱハル姉、家でも学校でも最強だわ。

え~何かよくわからん話にスライドしてしまいました。ハハハ
では次は、翠星石ちゃんにお願いしましょう。


翠星石です。
おとといの話なのです。その日は朝からいい天気。とてもいい一日の予定だったのです。
さっそく庭の水まきに取り掛かりました。昨日の夕方水まきを忘れてたのです。
まがりなりにも一応庭師、水まきなどお茶の子さいさいですぅ。
蛇口を少しひねって、ホースの先を少しつぶして、たのしいいたのしい水まき時間♪

バブシャ────────!!!!
ぎゃああああああああああああ!!!??何ですかこの水量は!?てゆーかホースが暴れて、
ハルヒ「ちょ、翠星石!?なにやってんのアンタ!!」
おおおオロチの呪いがここまで追ってきたのです!とっとと八塩折酒之酒もってこいです!
あ────オロチ勢い余ってキッチンに侵入!?ハル姉のウマウマトースト吹っ飛んでます!
てゆーか誰ですか思いっきり蛇口捻ったのは!?翠星石はちょっとしか捻ってないです!
本当に誰なんですか!?
誰ですか・・・?

オロチ大暴れの結果、朝ごはんはコーンフレークに化けてしまいました。
あの時、庭には翠星石しか居ませんでした。他の二人はキッチンです。
じゃあ誰が蛇口をいじったのですか?私達以外に?      ・・・・・ぞっとしました。
ハルヒ「・・・・・・・翠星石、罰としてお昼無し」
ううう・・・・・・・・・・・・だれであろうが絶対に許さんですぅ・・・・・・

ふう。
似たもの同士の筈なのに個性豊かな三姉妹だぜ。ハルヒ×3でなく3乗なのがクセモノだ。
ん?なんでこんな事してるかって?ソレはな、

コレが最初の目撃情報だからだ。

以下にコレ以外の情報を列挙しておこう。お前ら、はっきり云っておく。
今回はマジでヤバい。別の意味で。


T(北高2年女子)
ん~、今日のハルにゃん?特に変わったとこは無かったけど?
確かにみくるがらみで放課後一緒に居たけどさ、いつも通りのキャホキャホぶりだよ?
そんな風に聞かなくても自分が一番分ってんじゃないかい?早くおいたしちゃいなさいって!
あ、そうそう部室に見慣れない女子入ってたけどアレ誰?新入部員?
にゃははンな訳ないやねっ!

R・K(某特務機関諜報員)
ああ、確かにその日俺は驚いたさ。マルドゥック機関から急な適格者の選定が行われたんだ。
しかし送られてきた資料を見て更に驚いた。そもそもコイツは14才なのか?
中国ではこいつに合わせたエヴァが急ピッチで建造中だという。
委員会で何か起こったのか?それとも、コレも、シナリオの内・・・・・か?

S(桜田家居候)
くんくん探偵を見ながらお留守番ついでにお茶をしていたわ。すると物置から気配。
それは────そう、薔薇乙女に特有の気配。行ってみると確かにNのフィールドが開いていた。
一瞬また水銀灯が仕掛けてきたのかと思ったわ。でも違う────そう、羽が無い。
替りに、鏡の向うに誰かが立っていた。ソレはニコリと笑うと、こう言った。
『私はローゼンメイデン第8ドール・・・・・・・・・』

あーこらそこ。引かんでくれ。
俺もこれらが全部関係してるなんて思ってなかった。それぞれ世界観だって別だし。
だがな、共通点が有るのさ。

今、ハルヒは部室でマンガを描いている。前の文芸同人誌じゃなくて、何処かに投稿するらしい。
『大作家』→『超作家』ときて今朝『極作家』に腕章が替わってたのには正直眩暈がしたが。
で、そのときハルヒが聞いた。
ハルヒ「ねえ、このマンガの主人公ってどんなのがいい?」

正直すまんかった。悪ノリしすぎた。俺や古泉や朝比奈さんや長門の出したアイデア。
それらをまとめて吟味し練り上げた結果、こんな主人公が出来上がった。
『女性。名前はジャック。禿。ロリ』

あーちょっと待て、だからそこまで引かんでくれ。
悪ノリだと言ったろ?だが恐ろしいのはこれからだ。この主人公の特徴がな、

さっきの証言の謎の人物に、共通しているんだ。

あー待て待て待て。出てくな出てくな。コレは事実だ。純然たる現実だ。
何故こんな事態になったのか?はたして原因は何か?どのように始末を付けるのか?
そういった所も含めて、一旦休憩を挟んだ後、再び皆さんにお伝えしよう。
・・・・・・・よろしいかな皆さん?OK?では。




・・・・・あ?何?待て、なんで俺がそんな事を!?俺はキートン山田じゃねry)

                  ~中略~

ハルヒ「ほらキョン!とっとと皆さんに言いなさい!こういうのはお約束なんだから!」
・・・・・・・後半へ続く