※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハルヒ「ただいま~」
翠星石「おかえりなさいですぅ」
アスカ「おかえり。……、あぁ~~~っ!忘れてたわ!」
ハルヒ「やっぱり。あたしが帰りに買ってきたわ。余分にあって困るもんじゃないし」
アスカ「さーっすがハル姉!」
翠星石「なんの話ですか?」
ハルヒ「ん?あぁ、シャンプー切れたから、買っとくように頼んだのよ。
    ま、結局あたしが買ってきたけどね」
翠星石「そうですか。アスカはダメな子ですぅ」
アスカ「うるっさいわね!」

アスカ「翠~、くんくん始まるわよー!」
翠星石「はいですぅ!」
アスカ「今週から解決編よー!あ、ポッキーちょうだい」
翠星石「うー、取りすぎですぅ!」
アスカ「いいじゃない。2、3本まとめて食べた時のこの食感が最高なのよ」
翠星石「違いますぅ。1本ずつだからこそ繊細な味わいが…」
アスカ「あ!始まるわ!」

翠星石「はぁ~、くんくんにシビレまくりですぅ」
アスカ「あー、いいところで来週に続く!なのよねー」
ハルヒ「あんたたち、夕飯できたわ。運ぶの手伝いなさい!」
アスカ「はーい」
翠星石「はいですぅ」

ハルヒ「いただきます!」
アスカ「ん~おいしそうね!いただきます!」
翠星石「翠星石の大好きな花丸ハンバーグですぅ!翠星石の大好きな花丸ハンバー…」
アスカ「わかったから」
翠星石「いただきますぅ!」

アスカ「ハル姉って料理上手よねぇ」
ハルヒ「まぁね。毎日あんたたちに食べさせてればイヤでも上達するわ」
アスカ「は~あ、やーっぱ毎日の積み重ねなのね~」
翠星石「翠星石はお菓子なら上手になってきましたですぅ」
ハルヒ「翠はよくスコーン焼いてるものね。あれは確かに美味しいわ」
アスカ「お菓子、ね。なるほどねー、お菓子かぁ」
翠星石「なんですか、さっきから?」
ハルヒ「料理やお菓子に興味持っちゃって、誰に食べさせる気かしら~!?」
アスカ「そっ……そんなんじゃないわよ!!ちょっと女としてのあたしに
    磨きをかけようと思っただけよ!」

アスカ「ごちそうさま!」
翠星石「ごちそうさまですぅ」
ハルヒ「お茶飲む?」
アスカ「あたしコーヒーがいいわ!」
翠星石「翠星石は紅茶ですぅ」
ハルヒ「……わかったわ」
アスカ「ねー、ハル姉。国語の宿題手伝ってくれない?」
ハルヒ「ダメよ。自分でやらなきゃ意味が無いじゃない」
アスカ「えぇ~!もー漢字ばっかで何書いてあるのか分かんないのよ~!」
ハルヒ「そういえば今度の週末、うちの学校文化祭なんだけど。
    あんたたち遊びにくる?」
アスカ「行くー!」
翠星石「行きますぅ!」
ハルヒ「ふふふ、あたしの作った映画を上映するから楽しみにしてなさい!」