※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

巴「大変ね、碇くんも」
シンジ「まったくずぼらなんだよね、ミサトさん」
巴「…よければ手伝ってあげようか?
女物の整理とか…」
シンジ「そ、そんな悪いよ柏葉さん!
こ、これは僕の家の問題だから…」
巴「謙虚なのね、碇くんは。
だからかな…」
シンジ「…?柏葉さん?」


アスカ「…ファースト、一時休戦にしない?」
レイ「そうね。…新しい芽は早いうちに刈り取るべきね」

マナ「あ、シンジ!一緒に帰ろ?!」

アスカ「ったく次から次へと…てなんであいつは呼び捨てしてんのよ!
くおら~!」
レイ「…遅れをとるわけには」


トウジ「くっそ~!またセンセばっかしかい!」ケンスケ(知らぬ本人ばかりなり、だね)

ヒカリ「鈴原~!」


ジュン「……」



翠星石「ふっふっふ、これでライバルが一人減ったです」

巴「あれ、どうかしたの?桜田君」
ジュン「別に……僕はお前が誰と居ようと関係ないというか……」
巴「……(気にもしてくれないんだ)」

アスカ「なんだ。シンジ目当てじゃ無かった訳ね」
レイ「……そう」
翠星石「なっ、何ですかあの雰囲気は…そうか、焼餅を焼かせる作戦ですねっ。
    やいチビひょろ人間、翠星石が片付けの手伝いに行ってやるですよ」
アスカ&レイ「!」
シンジ「えっ、いいよ。逆に散らかりそうだし」
翠星石「平気です、掃除機は使えないですが。
    箒とかなら使えますし、今なら可愛い妹もついて来るです!」
蒼星石「えっ、ちょっと待ってよ。何で僕まで……」
アスカ「翠がお邪魔になるなら私も行かなきゃダメよね、保護者として」
レイ「私も行くわ、その……保護者として」
アスカ「誰のよ!」
ハルヒ「よし、じゃあ早速みんなでミサトの部屋の調s……掃除に行くわよ!」
キョン「オイ待て、そんな缶詰いらないだろ」

シンジ「なんだか嫌な予感が……」

ジュン「……なんだか嫌な予感がする。
    柏葉、ここは避難だ」
巴「えっ……うん」