※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キョン「しかしあれだな
…ハルヒも不思議探しなぞせんで、妹さんたちに絡んだりすればもっと面白いと思うんだが…」
古泉「では聞きますが…
あなたは携帯やテレビを初めてみた時はどう思いました?」
キョン「そりゃ、普通にすげーなと思ったさ」
古泉「では今は?」
キョン「…なんとも思わないな」
古泉「そういうことです。
彼女にとって、もはや自動人形や巨大ロボット、宇宙戦艦などはもはや日常。
姉妹のみなさんもいることが自然になっているのです」
キョン「てことはあれか?
俺たちはそれを越えるような不思議を捜してるってことか?!
ただの市街地で?」
古泉「恐らくそれはそれ、これはこれ。なのでしょう。
実際、僕にとっては有り難くもあります」
キョン「…そういやおまえ、最近バイトしてないな」
古泉「僕としてはアスカ様、翠星石さまとお呼びするのも検討したいですね」
キョン「やめろ、気持ち悪い」