※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハルヒ「つまり学校の階段でアスカとシンジ君がもつれ合いながら落ちて、
     人格が入れ替わるって話ね!」
翠星石「どんな無茶な解釈したらそうなるですか」
ハルヒ「シンジ君主人公で、『僕がアスカでアスカが僕で』?
     入れ替わった後、お風呂に入るところでお互いの体をチェックするシーンはいるわよね……フムフム」
アスカ「ちょっとハル姉! あんなのと入れ替わるなんて真っ平ごめんなんだけど!!」
翠星石「そうですぅ。アス姉はヒョロ人間と入れ替わるんじゃなくて、ひとつになりた……」
ハルヒ「ちょっ、ちょっと翠! どこでそんなこと覚えてきたの!」
翠星石「ひいっ!? と、隣のアンポンタンファーストのせいですぅ」
アスカ「あンのバカ、人の妹にどんなこと吹き込んだのよ!!」

レイ「私はただ、一つになるのはとてもとても気持ちのいい事だって言っただけ。
   それが碇君だったらもっともっと気持ちいいとも思うけど」
アスカ「毎度毎度どっから沸いて出てくるのよあんたは! この時期のゴキブリか!」
ルリ「生命力だけなら近いかもしれないです」
レイ「ひどいのね、ルリ……」
ルリ「ちょっと反省してます。ごめんなさい」
有希「ルリがこういう流れで反省するのは珍しい」
ルリ「今の発言は有希姉が反省するべきです」
翠星石「あーもーおめーら、勝手にあがりこんで部屋の温度あげるんじゃねーです!
     3DOがどーたらこーたらで大変だという時に!! あ、ルリルリは全然問題ねーです♪」
ルリ「……3DO・……? もしかしてCO2のことですか?」
翠星石「あっ! そ、そ、そーとも言うです、そーとも」
ルリ「あー……そうですね、はい」
レイ「言わないわ」
ルリ「言います。言うんです。翠ちゃんが言うんならそうなんです」
レイ「……わかったわ。だからそんな目で睨まないで」
ハルヒ「……ね、ねえレイちゃん、あなた普段からそんなこと考えてるの?」
レイ「……?」
ハルヒ「つ、つまりひとつになりたいとかどうとか……」
アスカ「あのねえハル姉、こいつの思考回路は普段からどうかしてんの」
有希「思考回路はショート寸前」
レイ「今すぐ会いたいよ」
アスカ「……ね? ていうかハル姉なんでまたそんなこと気にするのよ」
ハルヒ「べ、別に何も無いわよ。ただ、最近の中学生はそんなもんなのかと思って……」
アスカ「あ、もしかしてアレ? 自分は遅れてるんじゃないとか、そんなこと考えてんの?(ニヤ」
ハルヒ「ンなわけないでしょーが! あたしがそんなのに興味ないって知ってるでしょ!」
有希「でも、色々と持て余すことはある」
ハルヒ「!!」

ルリ「私は何も聞いてません。どういう話題かもわかりません」
翠星石「さすがの翠星石もわかんねーです。バカみたいにパワフルなエネルギーですかね??」
ハルヒ「アンタたちは黙ってなさいっ!」
ルリ「だそうです」
翠星石「ルリルリ、なんだか年寄り同士でうるさくなりそうだから翠星石の部屋でお茶にするです♪」
ハルヒ「なんですって翠!!」
アスカ「サラリとケンカ売ってんじゃないわよ!」
翠星石「別に誰とは言ってねーですぅ~♪ 自覚があるならそれでかまわねーですが♪ さ、行くですよルリルリ」
有希「……お菓子は出る?」
翠星石「出るのは出ますが……おめーも来るですか……はぁ、しゃーねーです」
有希「……期待」
アスカ「あのガキゃあ~」
ハルヒ「ハァ……なんだか無駄にエネルギー使っちゃったわね。レイちゃん、もういいわ」
レイ「そう」
アスカ「あっ、くそっ……」
ハルヒ「なによ?」
アスカ「またハル姉をからかえるいいチャンスだと思ったのにと思ってね~」
ハルヒ「なんですって? それは聞き捨てならないわねぇ」
アスカ「だぁーってこれしきのことで年下のファーストに訊いてるようじゃ、恋愛も結婚もあたしの方が
     先になっちゃうもの。お先に失礼、お姉さま♪」
ハルヒ「ハァ!? ふざけたこと言ってんじゃないわよ!」
アスカ「でも恋愛なんて精神病みたいなもんなんでしょ~?」
ハルヒ「そ、それは……」
レイ「そう、私は恋煩いと言う名の病なの……」
アスカ「絶対あんたはそれ以外の病。とっとと頭の中開いて診てもらえばいいのよ」
ハルヒ「だからってアスカ、アンタの方が先になるかはわかんないじゃないの!」
アスカ「だ、だってあたし、もうキスもしちゃったしぃ~」
ハルヒ「どーせ子供の頃にほっぺたにチューしたとかでしょ!」
アスカ「違うわよ! ちゃんと唇でしたんだから!」
レイ「詳しく」
アスカ「はぁ? あんたバカぁ? なんであんたに言わなきゃなんないのよ」
レイ「聞いた所で、私の方が先に『碇』の何なるのは間違いないけど」
アスカ「ちょっと待ったぁ!! 今なんつったぁ!?」
レイ「『私たち結婚しました』って年賀状を送るから、楽しみにしてていいわ」
アスカ「ハァ!?」

ハルヒ「(中学生のガキんちょの妹の方が先だなんて……あたしなんて夢の中だけなのに……
     で、でもまだキスだけだもの、それ以外はまだまだオトナで姉で年長者で団長のあたしの方が
     先になる可能性はあるわ! ていうかそうじゃないとおかしいわよ!!)
     そうよ! いざとなれば団長命令でどうとでもなるわ! ちょっとネクタイ引っ張ってグイッと
     やりゃあこっちのもんよ!!」
アスカ「……ちょっと、ハル姉」
ハルヒ「な、なによ」
レイ「色々漏れ出してるわ」
アスカ「煩悩とか本能とか、色々持て余してるものとかが」

その後、数日の間やたら『彼』を気にする涼宮ハルヒの様子が大多数の人間により目撃されることになる。