※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハルヒ「アキトさんは料理、ジュン君は裁縫とかデザイン、シンジ君は家事全般ってとこかしら?
     ……むぅ」
キョン「なんだその目は。にらんでも何も出てこんぞ」
ハルヒ「出てきてるならそんなショボい顔睨んだりしないわよ! ったく、あたしの眼力で少しは
     何かしらの才能が開花したりしないかと思ったけど、それもないみたいね。
     つまんないわねえ、あんた」
キョン「真正面から睨みつづけた挙句それかよ……やれやれ……。
    どうせお前の中の宇宙規模の感覚じゃ、よほどの才能でもなきゃその琴線に触れることはないだろうが」
ハルヒ「……何? 『この広い宇宙から見れば、個々人の才能なんて微々たるもので、宇宙を動かすに足る
     ものとは到底言えないのさ』とかなんとか言うんじゃないでしょうねえ?」
キョン「その、誰かの口調を意識した言い方が気になるが、そういうわけじゃあない」
ハルヒ「あらそ。どっかの利口な幼馴染から入れ知恵でもされたのかと思ったわ」
キョン「やれやれ……」

翠星石「日曜の夕方からあのキョン人間は人の家でなにしてやがるですか」
アスカ「恋人同士の語らい、って雰囲気じゃないわよねー。不思議探索の後に
     なし崩し的にうちに来てること多いけど、もう少しムード作ろうって気にならないのかしら?」
翠星石「あのキョン人間にそんなムーディなことができるとは思わねーです。だったらチビ人間だって
     それぐらいお茶の子サイの子ですぅ」
アスカ「お茶の子さいさい、ね」
翠星石「むっ。そ、そうとも言うです。しかしさっきから才能がどーのこーの言ってやがるですが、
     キョン人間はそんなに才能がないように見えるですか?」
アスカ「んー……どうかしらね~? あたしの見る限り、少なくとも一つの才能には恵まれてるみたいね」
翠星石「? なんですか? もったいぶるなですぅ」
アスカ「ハル姉のパートナーって才能よ」
翠星石「……ふぅ……アス姉、クサい台詞は似合わないですよ」
アスカ「……うっさいわね、わかってるわよ」
翠星石「まあ実際その通りだという事実が余計にクサいワケですが」

ハルヒ「ちょっとそこ!! あんたたちもこのボンクラヒラ団員になんとかいってやってよ!」
キョン・アスカ・翠星石「やれやれ……」