※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アスカ「うぎぎぎぎ・・・」

ハルヒ「ちょっと翠星石、アスカは何やってんの?
     お隣の家の窓にへばり付いてるんだけど」
翠星石「・・・すぐにわかりますですよ」

シンジ「・・・じゃ、失礼しまーす!」

ハルヒ「なるほど、シンジ君の行動に目を光らせてるわけね」
翠星石「そこまで気になるならお隣へ行って直接言えばいいのです。
     全く、素直じゃないので・・・」

ルリ「シンジさん、夕飯は!?って、きゃー!」

ハルヒ「ああ、ルリちゃんがアスカの存在に気づいたみたいね。
     シンジ君やレイちゃん以外の人間を驚かせてどうすんのよ、ったく」
翠星石「本当に近所迷惑なのです。ハル姉、早くアス姉を連れ戻すですよ」
ハルヒ「キョンじゃないけど、やれやれね・・・翠、行くわよ」
翠星石「合点承知です! こらーーーアス姉ーーーっ、何してるですかーー!」


シンジ「ア、アスカも食べに来ない!?どうせなら三人でおいでよ。
いっそキョンとアキトも呼ぼうか?」
ユイ「シンちゃん、私達は?ウルウル」
シンジ「…父さんと母さんも来れば」


突如始まる料理の鉄人対決でアキトvsシンジになり隣の長女と三女が激突。


ルリ「アキトさん、私が手伝います」
アキト「助かるよ、ルリちゃん」

アスカ「シンジ、頑張りなさいよ。あたしが手伝うから!」
レイ「いいえ、手伝うのは私。弐号機パイロットは用済みよ」
シンジ「わー、止めてー!君達は手伝わないでー!」
余計なお世話で惨敗する初号機パイロット


ハルヒ「あたしたちもやるわよ。あたしの料理の腕を再認識させて上げるわ」
有希「試食は…?」
ハルヒ「あんたは全部食べるからだめよ」
有希「残念…」
みくる「ええっと、これはなにをする道具なんですかぁ」
キョン「それはワインの栓を抜く道具ですよ」
みくる「へー」
ハルヒ「ちょっと、キョン、このジャガイモの皮むいといて!」
キョン「こんなにたくさん本当につかうのか?」
ハルヒ「いいからさっさとやる!」
キョン「やれやれ」
古泉「ご愁傷様です」
キョン「お前はなんでえらそうに座ってやがるんだ。ほら、手伝え」
古泉「いえ、僕は試食をおおせつかりまして」
キョン「そんなの理由になるか!」
ハルヒ「そこ、集中してやりなさい! キョン、それはフライドポテトにするから、むき終わったらスライスしておくのよ。解った?」
キョン「へいへい」