※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

走る翠。逃げる翠。
追うハルヒ。
待ち伏せるアスカ。

アスカ「ほら、観念しなさい! ハル姉ならいざ知らず、あたしから逃げられるとでも思ってるの?」
ハルヒ「よくやったわ、アスカ。私の作戦通りね。ちょっと気になる発言があったけど許してあげるわ」
翠「何するですぅ! 離しやがれですぅ!」
アスカ「うるさい。さあ、観念しなさい」
ハルヒ「ちゃんと換えも用意してあるんだから」
翠「ううう、ハル姉もアス姉も、妹を脱がせようとはとんだ変態やろうどもですぅ。これも翠星石が可愛すぎるのが悪いのですぅ…」
アスカ「はぁ? 人聞きの悪いこといわないの。あんたのその暑苦しい格好がいけないんでしょ」
ハルヒ「せっかく、替えの夏服まで用意したんだから、とっととそれ脱いで着替えなさいよ」
翠「嫌ですぅ。この服は、お父様からいただいた大切な服なのですぅ」
アスカ「だけど、みてて暑苦しいのよ。その服は。別に捨てろっていうわけじゃないんだし」
翠「アス姉は、あの赤くてでっかいやつに乗るのが好きです。代わりに青いのに乗れっていわれたら乗るですか!」
アスカ「なんでこのあたしが零号機なんかに! …あ」
ハルヒ「言いくるめられてどうするのよ」
アスカ「うーん。でも、そういわれると、翠の気持ちも……」
ハルヒ「……」
翠「これは、翠星石のローゼンメイデンとしての大事な衣装なのですぅ」
ハルヒ「……そっか」
アスカ「ハル姉?」
ハルヒ「あたしたちが悪かったかもね。…いいわ、翠。あなたの気持ち無視しすぎたみたいね」
翠「ようやくわかりやがったのですか」
ハルヒ「この服は処分ね。せっかくジュン君に作ってもらったのに」
翠「!!!!! ちょ、ちょっと待つですよ?」
ハルヒ「ん? いいのいいの。処分するから。あ、真紅ちゃんや雛苺ちゃんだったらきてくれるかな。ジュン君も喜ぶわ」
翠「暑いです!」
アスカ「は?」
翠「夏は暑すぎるです。実は翠星石もそろそろ夏服にしようかなぁと、思っていたところですぅ!」

 

アスカ「ハル姉、翠の扱いうまくなったわね……」
ハルヒ「当然よ、姉として」