※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

住人さん「今日はシンジの誕生日なわけだが」
住人さん「ハル姉さんがシンジの周辺の人たちだけでなくSOS団やらドールズなどを巻き込んで誕生パーティーを開きそう」

ハルヒ「そういうわけだから、キョン!SOS団として、シンジにふさわしい誕生日プレゼントを買いに行ってきなさい!」
キョン「わかったよ。それでお前はどうするんだ?」
ハルヒ「私は有希と一緒に料理を準備するに決まってるじゃない」
有希「任せて」
ハルヒ「そうそう。姉の良いところをたっぷりと見せてあげるんだから!」

アスカ「くぅ……。プレゼントをあげるのもアレだから、私も料理を……」
翠星石「やめといたほうがいいのですぅ」
アスカ「な、なによ。いきなり?料理ぐらい、私だって出来るわよ」
翠星石「恥をかきたくなかったら、だまってみてるのがいいのですぅ」

ハルヒ「いい、有希。こういうパーティは全力で楽しむのよ。中途半端なんて、最悪だからね」
有希「わかった」
ハルヒ「まず、一品目はローストチキンでいきましょう。本格的に詰め物からいくわよ!」
有希「二品目は、サラダ」
ハルヒ「出来合いのドレッシングなんて、くだらないわ!全部素材からよ!」
有希「お赤飯?」
ハルヒ「和の心を忘れるなんて、もってのほか!多めに作って、持ち帰れるようにしましょうね」
有希「……麻婆豆腐?」
ハルヒ「辛いのも必要……」

アスカ「まったく二人だけで、何人前作るつもり?私もてつだ……」
翠星石「無謀ですぅ。思いつきで作っていくハル姉に混乱してしまうだけですぅ」
アスカ「思い付きって、あれだけの材料を何にも考えずに買ってきたの?」
翠星石「そうですぅ。レイが買い物を目撃したところによると、3つ目に気になったものを全部買ってきたということですぅ」
アスカ「余ったら、どうするつもりなのかしら?というか、絶対余るわよね?」
翠星石「人間にはわからないかもしれないですけど、うまくいくような気がするですぅ。くんくん探偵、見てるですぅ」