※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

翠星石「ただいまですぅ。」
アスカ「おかえり……って誰、その子?」
真紅「私はローゼンメイデン第5ドールの真紅。翠星石がお世話になってる様だから挨拶に伺ったの。」
翠星石「別にこいつらにお世話されてないですぅ。どちらかと言うと翠星石が世話してやってるですぅ。」
ハルヒ「なんですって!……それにしても翠星石が友達連れてくるなんてめずらしいわね。」
真紅「今日は暑いから喉が渇いたわ。この家は客に対して紅茶の一杯でも出ないのかしら?」
ハルヒ「たっく、翠星石と一緒で性格も捻くれてるようね!」
アスカ「まぁまぁ、ハル姉。用意してあげなよ。」


真紅「……不味いわね。ノリといい勝負だわ。」
ハルヒ「ムキー!いちいち感に触るお子様ね!」
真紅「悔しいと思うならもう少し上手になる事ね。それに翠星石と一緒でバカみたいに騒ぎすぎよ。」
翠星石「誰がバカですかぁ!?ハル姉と一緒にしやがるなですぅ!」
ハルヒ「それはコッチのセリフよ!」
アスカ「真紅の言う通り二人共うるさいわよ。」
ハルヒ「……アスカ。あんたが嫌いそうな小生意気なガキがいるのに、あんたは何も言わないのね?」
翠星石「そういえばそうですぅ。いつもなら罵声の一つや二つ言ってるですぅ。」

アスカ「だ っ て 赤 い 人 は 皆 良 い 人 に 決 ま っ て る じ ゃ な い。」

ハルヒ「……その理屈で行くとロリコンの仮面男や、あんたみたいにギャーギャーうるさいツンデレ充血目女もカツラでコウモリ男なコーディネーターも、あんたにとっては皆良い人なの?」
アスカ「そうよ。赤色ってのはそれだけ優雅で繊細で気品あふれる色なのよ!」
真紅「そんな事も知らなかったの?アナタ達の常識を疑うわ。」

翠星石「……なんか怖い事言ってるですぅ。」
ハルヒ「そっとしておきましょ……。」