※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

精神世界。電車の中

有希「あなたは分かろうとしたの?」
キョン「分かろうとしたさ。」
ハルヒ「バーカ。知ってるのよ。あんたがあたしをオカズにしてること。いつもみたくやってみなさいよ。ここで見ててあげるから。
    あんたが全部あたしのものにならないなら、あたし何もいらない。」ハルヒが胸突き出して肢広げながら言う
キョン「だったら俺に優しくしろよ」

場面変わる。部室。

キョン「何か役に立ちたいんだ。ずっと一緒にいたいんだ。」
ハルヒ「じゃあ、何もしないで。もうそばに来ないで。あんた、あたしを傷つけるだけだもの。」
キョン「ハルヒ、助けてくれよ。なあ、ハルヒじゃないとダメなんだ。」
ハルヒ「嘘ね」
キョン「はっ!」
ハルヒ「あんたぁ、誰でもいいんでしょ?
みくるちゃんも有希も恐いから古泉君も鶴屋さんも恐いから!あたしに逃げてるだけじゃないの!」
キョン「助けてくれよ」
ハルヒ「それが一番楽で傷つかないもの」
キョン「なあ、俺を助けろよ!」
ハルヒ「ほんとに他人を好きになったことないのよ!」
キョン「っあ!」
ハルヒ「自分しかここに居ないのよ!その自分も好きだと感じたこと、ないのよ!哀れね」ハルヒに突き飛ばされる
キョン「助けてくれよ、なあ。誰か俺を、お願いだから助けろ。助けてくれよ。助けろよ。俺を助けろよ!」
キョン「一人にするな!!俺を見捨てないでくれ。俺を殺さないでくれ!!」キョン部室のイスを投げ回して大暴れ
ハルヒ「いや」 それを聞いたキョンハルヒの首を絞める
                                :
                                :
キョン「待てこら、次の文化祭の映画脚本なんなんだ。っていうよりなんでこんなシーンがある?なんだこれは?俺とお前が出てる
    意味も全く分からん。」
ハルヒ「修羅場よ。修羅場。時間帯またぎにはこういうのも入れておかないと。人手足りないし、監督自ら出演するわ。」
キョン「アホか。これは昼0-1時までにやってるメロドラマか。古泉も何乗り気な顔してるんだ。こんなものが上映されたら俺は次の
    日から下駄箱に百単位で呪詛の手紙が舞い込んで来るぞ。少しは考えろ。大体高校生がこんなイカれた関係になるかよ。」

傍から見ているシンジ・アスカ「・・・・・・・・・・・・・・・」


傍から見ているシンジ・アスカ「・・・・・・・・・・・・・・・」

シンジ「アスカ・・・・」
アスカ「何よ・・・・・・」
シンジ「やっぱり、逝こうか・・・」
アスカ「・・・・・・・・そうね・・・・・」

お隣

長女「お隣の赤猿、キャラ属性を強奪。対象を敵性と判定。当該対象の有機情報連結を(ry」
次女「レイ姉、その台詞は私専用。レイ姉こそ私のキャラ属性を(ry」
三女「あの~レイ姉~、止めなくていいんですか~。早くしないと、キョンさんとハルヒさんみたく
    精神世界にシンジさんとアスカさんが・・・」
長女「ターゲット、ロック。槍を使う。」
次女「涼宮ハルヒを敵性と判定。当該対象の(ry」

三女「・・・やれやれ・・・」


三女「そういえば、お隣であのロ(ry司令が、なにやらBL本計画を
    企んでいるみたいですよ」
長女「・・?」
次女「!!」
三女「ええ、そんな引きつった顔しなくても・・・、対象はキョンさんとシンジさんの
    ようでs・・・え?レイ姉、有希姉?、ちょ、どこいくんですか!!」
長女「ターゲット変更。槍を回収し、別途投擲準備。」
次女「涼宮ハルヒの敵性判定を解除。当該対象はゲ(ry」
三女「ちょ、ちょっとレイ姉、有希姉!。大丈夫ですか?」
長女「ルリは思兼を通じて、本部のMAGIを一時的にHALTして欲しい。」
次女「場合により、重力振動波の援護を要請する。準備を。」

三女「あ、いっちゃいました・・・・。でも止めるのは止めておきましょう。もし
    キョンさん×ア、ア、アキ・・・、そ、そんなの不潔です!!
    バカばっか!!!思兼!!、外のSPの端末と、本部のMAGIに進入の準備を!!」

こうして、またもや隣のロ(ry司令は・・・・

と思いきあ
都内某所
ピンポーン!
ロ(ry「こんにちわ、宅配ピザお持ちしました!!」
み(ry「はーい、ありがとうございまーす。お財布、お財布っと。あら、あたし、ピザ頼みましたっけ?
     ふふ、でもこれでイタリアン・・・」
ロ(ry(こんな事もあろうかと、セントラルドグマに影武者を設定しておいて正解だった。今の時点で、この私が
    ピザの宅配をしているなどゼーレの連中でも気が付くまい。計画通りだ。さて、最近は危ない橋
    ばっかり渡っていたから、しばらくは一般の萌え要素を堪能・・・)